BLCD「きみと手をつないで」(羽多野×武内)

こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

BLCD「きみと手をつないで」(羽多野×武内)

c0197761_14133498.jpg


これは日頃、あぱっしゅが提唱する「羽多野・包容力・報告会」(略してH×3)の活動に必携な資料として、外すわけにはいかない作品。<笑
今回はまた、私、激しく話が脱線する気がする…


それでもよろしかったらどうぞ(軽く脅迫)
     ↓



内容は、もうねっとりうっとり丁寧な(H)描写のハルヒンCDですから、予想通りの特濃絞りたて。
いっぱい飲むのは濃すぎてたいへん。<原作既読、期待以上

で、これで何を報告したいかって言うとね。
香澄くん(羽多野)の我を忘れた辺りのちょっと強引なシーンでの大発見!
お、おま…これ、もしかして…初めての…
<あくまで比べるもん少ない当社比
あうあう羽多野クン本人の持つビジュアルとか、トークの雰囲気とかで惑わされがちだった自分、バカバカ。

この声、ワンコじゃねぇ、狙って奪ってくる、野郎の声だ!!
ひょっとして、あと少ししたらコイツ、血だらけのマフィアの役とかガンガンやり出すんじゃあるまいな!

や、もうガタイがでかくて優しくて大らかで。
ブレない男を、上手にやってるんですよ。
それはほんのちょっとの、感情をぶつける短いシーンで一瞬だけ…もの凄く、野郎だ!<ああっ

あと、なんとも表現が難しいんだけど、口の中で舌が空回りしてるみたいな喋り方もイイ。
妙にスカスカするのにクセになる、アレが理由のない包容力の一つの正体なのか?!<笑

ってことで、そんな台詞やモノローグがイヤって程聞ける、これは素晴らしいH×3の研究材料でございます。
今後も更なる聞き返しで、あの訳のワカラナイ包容力の解明に邁進する所存でございます。<いや、別に誰にも頼まれてないな

幼馴染の仲井さん@モリモリ
あんまり表裏のある男をやらないからかな、真澄に対して言葉が砕けて急にワルが出る?そんな所にグッとくる~。ちょっと一癖、っての。やっぱりいい声で聞くといいわ。どっちの俺も本当なんだよねきっと、うん。

武内くんも、これがマイベストでいいかな。
一点の曇りもない可愛さっての、男性で初めて聞いた気がする。<爆
「チョコレートのように」が、ちょい卑屈受?だったんで、この可愛さは本当に嬉しい。
ある意味、感情のあるようなないような役(笑)を、嫌味にしないのは難しいんじゃないかと思うよ。

ハルヒン作品といえば「しなやか臣さん」でもそうだけど。<笑
ネグレクトされたアダルトチルドレンの受けが多いのね。
(受けは菓子パンを与えられて育った設定)

この作品の面白いところは、攻が孤児設定。
2人とも自分で自分を育てる人生だったってことですよ。
<ま、先生には仲井さんがいたけど

軽やかにヒュルリと全てを超えてきた、香澄の「春の海」のような優しさに
羽多野H(あくまで包容力)な声がぴたりと嵌ってて、すっごく気持ち良かった。
とっても長かったのに、しかもほとんど事件もない密室劇(笑)なのに
全然厭きないでスルスル聞けちゃったよ。

BL作品、おそるべし。

ここ、ちょい余談
   ↓

親は選べないし、親で実害を蒙ってる人は昔からたーくさんいるけど
自分で自分を育てるのは案外効率的だと私は思う。<好きな自分になればいい

親元でいろいろ困っているそこのアナタ、自分で自分を育てて、好きな人を見つけて(見つからなければそれでも良し)ゆっくり大人になればいいんだよ。

親を妬んだり、恨んだりしても全然効果はない。
「幸せになること」だけが唯一の親への仕返し。
(そして、気がつけば全てを超えている)
自立して自由になってからでも、子供時代はやり直せるんだから。

ってことで。<何だよお悩み相談か!だいたいここ18禁


このCDのお話の二人は、ラストから、ゆっくり本当の大人になるんだな。


キスをするよりも初めて手をつなぐことに、人はめちゃくちゃ緊張して安心する


それを思い出させてくれる、良い声と良いお話だった。
おっとコレも、特典CDのラストがラストだよ!ほかの人はどうでもいい!それが愛のある世界!

また内容全然語ってないな…<笑
[PR]
by apacheoffice | 2009-03-27 23:02 | BLCD感想(カ行) | Comments(10)
Commented by moka at 2009-03-28 11:46 x
HHHの活動には絶対必須資料ですよねっ!
私はこの作品で羽多野攻めに目覚めましたよっ。
本人あんなに可愛いのに、そのギャップに萌えまくりっ!

辛抱たまらんってカンジで息多めでガンガン攻めてきて、
それでいて包み込みオーラ全開で
アンアン言わされてるちょっとアホの子健ちゃんが
マジで羨ましかったっすw 

血だらけのマフィアな羽多野くん・・・じゅるり。
ヤレる!絶対ヤレるよ、姐さん!羽多野はきっとヤルっ!
ワンコよりも絶対いいと思うなー。

それまでHHHの活動を盛り上げていきますしょーぜっ!
会員数2人だけど。(笑)

でね、HHHのバナーとか作れないかと思っていろいろ見てたんだけど
私にはサッパリ理解できませんでした。(^_^;)
自分のPCオンチを再自覚してむなしくなりますた。・・・orz
Commented by apacheoffice at 2009-03-28 15:58
mokaさん、日頃の弛まぬ諜報活動、まことにご苦労様ですっ!
そう、あの隠れた野獣を引き摺り出す為だけに、2時間半も聴く。
その苦行こそがHHHの諜報員の使命なのだ…ううっ。
<死して屍拾うものなし

いや、決して苦しくない!好きなんだから!
バナー製作にまで取り組む、その情熱に泣けてきます。ありがとう。

今年あたり、もうそろそろ聴きたいもんですね。
ドアは血だらけ、開けたら惨状、マシンガンぶっ放す羽多野…(の声を)

Commented by リリコ at 2009-03-28 19:52 x
素晴らしいですよね!!
この作品は全ての意味でマイベストなんですが、もう猿の様に毎日繰り返し聴いています。
羽多野くんのお声が本当に耳に心地良くて、物凄く癒される優しい作品ですよね。

羽多野くんは攻、受、両方されますが、私は優しくて男らしい包容力満点のあの攻が好きです。
セクシー過ぎて腰が抜けます。。。
”口の中で舌が空回り”。さすがはあぱっしゅさま。なんと的確な表現!!あの若さであの包容力って一体何なんだろうこの人は!!と思っていたのですが、深いお声で舌が空回りするとそうなるのかもしれませんね〜。
健ちゃんも口の中で舌が空回りした感じなのに、インナーマッスルが弱そうな発声のせいか、真逆の感じで儚げなのが面白いですね。
イノセントな愛らしさに目眩がします。三十路過ぎで180近い長身であの愛らしさって一体何なんでしょう。。。

羽多野くんといえば”羽多野セッション”と言われる程、巧みな方ですが、健ちゃんとの相性も物凄く良いですね。
特に2回目のはあまりの巧みさに、これは二人のアリアだなぁと本気で感動してしまいました。

あ、でもあぱっしゅさんは怖い羽多野くんがご希望なんですね。
私は甘党なので。。。
Commented by apacheoffice at 2009-03-28 23:02
リリコさん
さすが大甘耐性レベルMAXのリリコさん!
<いつも嬉しいお言葉ありがとうございます

そうです、まさにオペラならアリアですよ。
リリコさんらしい例えだなぁ~と、とっても嬉しくなりました。
私の方で言わせて頂きますと、キーシン&レヴァイン!
いや、小曽根&塩谷のJAZZソロ回し合戦か。

一人でスルより全然イイ。<伴奏も連弾も
目を見て、息を合わせて「さぁ、イクよ…」って。<ああっ

セッション羽多野って言われてるんですか?!
なんか怪しいバンマスみたいで良いわ良いわ。
セッションが上手いって、それ最高じゃないですか。

「怖い羽多野」確かに好き、ってか聴いてみたい。
でもでも、それは、あの底なしの包容力でトロトロに蕩けた後にガッと来る怖さだから良いんですよね。
奴の中の野獣が目覚める、その瞬間が見たいんだわ~。

Commented by lovelove-voice at 2009-03-28 23:19
小曽根!!←反応がここって(笑)
そう言えば昔のアルバムが残っていたと思う・・・実家に
しかもLP盤で(爆/もう再生不可能)

>口の中で舌が空回りしてる
素晴らしい!!そうそうそんな感じ
んで最近ちょっと思ったんだけど
羽多野クンが歌うたったらこんな感じの発音になるんじゃないかって
EXILEのATUSHIの声の中に似たものを聴きました
Commented by apacheoffice at 2009-03-29 01:07
ぼたんさん

うんうんうん!私もそれ思います。<ATUSHI
羽多野くん、キャラソンとか歌ってるのかなぁ?
<にわかファンわからんコトだらけ
あの息の混ぜ具合が似てるんですよきっと。

小曽根さんに反応してくださるとはこれまた嬉しいことを。
先日ある番組で英語でインタビューを受けている彼等を見て思わず泣けたんです。<爆
だって、決して堪能とは言えない塩谷さんが、いかに自分が彼をリスペクトしているかを、一生懸命に英語で語るのを見て、(何回か途中、詰まってしまったりした時に)小曽根さんがカッコ良く助け舟を出して「こういうことだよね?」って感じで答えてて…感動しました。<そんな意味でもあんな意味でも
Commented by リリコ at 2009-03-29 20:39 x
ん〜〜。。。ちょっと惜しいなの〜〜。
”セッション羽多野”じゃなくて、”羽多野セッション”です。。。
(”セッション羽多野”だとホントに怪しいバンドマスみたいですね!!)
セッション喘ぎとも言われてますよね〜。
お相手の息に合わせながら攻めていって、包み込んで、最後には自分の息のペースに釣り込んでしまう。。。と言う感じがします。
何かのCDのインタでお相手が
『もう、羽多野くんががっついて来るから痛くてぇ〜〜』って言われてましたけど、謝りつつも、入り込むとつい激しくなっちゃって。。。止まらなくなる。。。みたいな事を仰ってました。
良いですね〜〜。入り込むと止まらないんですって!!

アリア、ご賛同頂きありがとうございます♪
”一人でスルより全然イイ”まったくですね!化学変化が起きますからね!!

番外編のアリアがバッサリ短くなっていたのが唯一の不満でした。
あれは頁数からすると、20分超の大アリアになった筈ですのに。それにせんせ〜の成長の姿がピロウトークの中に見られますし、”して頂く”兵藤くんも羽多野名人の息づかいが期待できましたのに。。。
でも、20分も啼かされたら健ちゃん死んじゃうかもしれませんけど。
Commented by apacheoffice at 2009-03-30 14:04
リリコさんの羽多野氏への深い愛!まさしくHHHの最高顧問として相応しいわ。<いつ就任要請したのかわからない
これからも是非、ご助言(ツッコミ)を宜しくお願い申し上げます。
リリコさんの仰る「息のペース」というところにジンと来ましたよ。その微妙な加減で相手を乗せられるかどうかが決まる。大事なことなのね。

<入り込むとつい激しくなっちゃって。。。止まらなくなる。。。みたいな事を仰ってました。

ワンコが豹変する、その熱さが良いのよね~!最長どのくらいなんでしょうか。受で言えば間違いなく、「絶対シリーズ」ラスト。<HHH活動資料№2
「ひらりん、忘れてたんかいっ!」な(いや素晴らしいよGJ!)の、延々と息吐き続けてた最後のHが現在最長かと思われます。<笑

<番外編のアリアがバッサリ短くなっていたのが唯一の不満でした。
確かに、あのシーンを全部入れてたら4枚に…<聴きたいけど
大甘大好物、餡に生クリーム掛けてチョコソースにアイス載せも一気食い出来る私達ですので、全然どんと来いだったのに。惜しい。崎谷作品のじっくりねっとりロングH(他に言い方ないか自分)がまた羽多野くんに回ってくることを祈りましょう。
Commented by green-island33 at 2010-03-13 17:16
ほぼ1年前にコメントしてますね、アタシ。(笑)
自分のコメを読み返すととっても恥ずかしいという
羞恥プレイに今気付いた!(笑)

TB頂いてまいりまーすwww
Commented by apacheoffice at 2010-03-13 18:12
mokaちゃん
TBありがと~!一年前の記事に赤面できるのもブログの楽しみの一つだね~。
私も春休み中は大人しく、4月になったらまた溜まってるレビュをポチポチと挙げて行こうと思ってます。いろいろ聞いてはいるけど書くヒマがない~!<笑
<< 是-ze-第五弾のペーパー来ましたね 小説Dear+ハル号出ましたね >>