<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
◆HAPPY BIRTHDAY~!◆

c0197761_1125569.jpg


無事にこちらでお祝いできることが、何より一番嬉しい日。

岩本薫先生
お誕生日おめでとうございます!

透き通るように晴れた今日の青空。
それを見上げて、遠くから、近くから、きっと日本中のファンが叫んでる。

先生が今年も元気でご活躍下さいますように。
そしてまた素敵な作品を(イイ男達を)私達に!<ああっ

それから、なんと嬉しいことに年内に(ドラマCD「征服者の恋」が出るだけじゃなくて)もう一冊、ご本が出るみたい~~~!
<11月末頃とのこと

角川ルビー文庫「誘惑者の恋」

<あらすじ>
野性的な王子と片思い青年で贈る誘惑のエキゾチックラブ 片思いの相手で兄の桂一を連れ戻すため、アラブへ旅立った和輝。桂一の恋人の兄・アシュラフは、2人の邪魔をしないように警告しつつも、紳士的で優しく接してくることに戸惑いを隠せない和輝は…?


あぁあぁ待ちに待ってたアシュラフ様~!
もう蓮川先生の前作挿絵(支配者の恋)見ただけで平伏しひざまずく、その圧倒的な存在感!

岩本先生お初のロン毛黒髪トーン肌、W黒美形って。
これ以上何を望めばいいのか分かりませんよ!

この発表あった日からずっともう、頭ン中はあらぶあらぶあらぶ…
<最高です

お相手は…あの人、と先生が仰っていらしたのに油断してた。<ヤバっ不意にキタ
思えば出なくちゃ可笑しいような真打登場だ。

そうあのロッセリのルカちゃんご学友。
東堂和輝クンって…誰よ誰だったっけ声は!

あぁ鳥さんだ~~~!<嬉2倍

もう楽しみで、ゾワゾワするよ!
<そわそわどころの騒ぎじゃない

バイクを駆ってルカちゃんをマクシミリアンに届けてくれた、あの男気溢れるナイスガイ。
ってことは、攻めモード、ってことは…ひょっとして攻め攻め風味?
<あくまでも個人的大妄想

ああこの一年もきっとドキドキと満足が胸に溢れるに決まってる。
出逢った幸せを、神様と先生に感謝して。

恋をして生きよう、たくさんの物語とともに!
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-27 11:30 | ちょっとおしゃべり
連続安元みっけ!洋服の青山編
おお、今季CM多いッスね兄貴!
本日はこちら「洋服の青山」の新ライン「TAKE BLUE」の秋冬ver.のCM。

<聴いてみてみてこちらから>
※Web限定ver.にはナレが入っていませんTVCMの方をご覧ください

おおっ、カッチョイイぞっ、曲も良いし、映像も躍動感が溢れてて良し。
<や単にスーツ・リーマン・マンセー

なんか、よ~ふく~のあおやまっ♪な感じが欠片もないぞ、しかも西海岸の風が吹いてる!

素晴らしい。

「スーツ、似合いますね」って

ああっもう、胸ドキドキさせてして言っちゃうんですねっ!
<や、単にコッチ妄想開始なだけですね

で、相手は誰にしときましょうか?

だめだ、こんな人間になっちゃ…

※コメ欄にSS入ってます爆(要注意ここはBLですよ)
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-24 21:47 | ちょっとおあそび
安元みっけ!第一生命編
おおっ、久々のメジャーCMキタ~!

恒例の安元みっけのコーナーですよ皆さん
<それあまりに不定期なんですよ

待ってる人いんのか、まったく不明ですが、いつでも絶賛お探し中なことは間違いない。
(スッキリ中井祭の次の日にはもうコレだ!)

なんか嬉しいわ。
だって話題の彼と一緒だなんて。<恥

安元のナレって、言葉尻っていうか、言い切るところに甘さが滲むのがたまんない。

第一生命さん、ありがとう。
    ↓  
 ここから聞いてみて

こんな短い中にも、ちゃんと甘い言い切り。
朝から美味しいです。<ヨーグルトに掛けて頂きます
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-22 08:35 | ちょっとおしゃべり
LINK先様のご案内
突然ではございますが、ちょっとご案内を。

最近、新しくお越し下さるお客様も多くいらっしゃるようで、とんでもなく舞い上がり(勘違いして)喜んでるあぱっしゅです。

いくつかご質問も頂きましたので、これを良い機会とし、日頃大変お世話になっておりますLINK先様のご紹介を少々させて頂ければと思います。

まずは「uduki様」のページ
私の尊敬する二次作家、そして声優一条和矢のファンならこの方を知らなくちゃモグリですよ!
ジャンルはエビリティーはもちろん、ゲーム派生の作品の二次も多数。
そうです、一条さんの出演作のほとんどを書いていらっしゃる!

そして、何よりクオリティーの高い作品を短い期間に本当に沢山お書きになる、多作の人、素晴らしい方です。
<一体、いつ寝てるの~~

そして何と私のリクエストに応えて当事務所とのコラボ作品をいくつも書いてくださっています!
(ホワイト・デー創作や七夕コラボ等、たくさんありますのでエビリティーの作品ページをご覧下さい)

こちらは某mixi内にて、公開で創作を置いていらっしゃいます。
ご入会の上、キーワード検索にて「Iの伝道師」と入れてみてください。
※お名前だけでもプロフィールから検索できるようです

もの凄い多ジャンルに渡る作品群を見るだけでも圧巻ですよ~。


ぼたん様「あなたの声が聴きたくて」
私がBLCDを聴くようになってほどなく巡り会い、日参拝見するようになったレビューサイト様、というか、いわば初めての人…
その男前な、愛溢れる語り口、粋でイナセな文体に触れているだけでも心が楽しくなるお部屋です。

すべてのことを「耳」だけで感じ取る、それだけでいい、いやむしろそれしかいらない。
(ブックレットも最初は見ないなんて)そんなスゴイ人見たことないでしょ!愛してます。

moka様「四月の森」
迷い込んだらもう出られない(爆)言わずと知れたマニア主腐の樹海「四月の森」は、意外にも爽やかな北欧の風が吹く素敵なお城だった!
そのとんでもないアクセス数のすべては、mokaちゃんの溢れる萌え叫びの賜物です。<凄っ

BLゲーからアニメからCDから、すべては「ホモ以外は帰ってくれないか?」の精神で鮮やかに語り切る、さぁ迷い込んだら貴女も虜です。もちろん私も!

さわ様「だって好きなんだもんっ!」
キュートなさわちゃんの語るべ様への溢れる愛が、くすぐったい程伝わって来て切ないくらい。
いつでも「好き」の基本に戻れる、そんなピュア、私にもまだ残ってるのか?!<爆
柔らかで、そしてグッサリ作品を語る、その姿に奥様感動!ずっとそのままでいて。

namazz様「namazzの今日の相棒」
江戸の粋からアメリカン・ロック魂まで、その知識の広さ、洞察の深さ。
なによりBLに向ける溢れんばかりの探究心。
そして秘めたる三木氏への思い…ああっ、女が惚れる女がここに。

hana様「hanaの一日30分のしあわせ」
日々の生活と楽しみと、自然体のhanaさんの語り口は可愛く優しい。
特に岩本先生、木原先生、日高先生への愛は一途でこちらが癒される~!
創作「sakura」では、なんと私とコラボ、久家と谷地の会話で素敵なお話も書いていらっしゃいます。

jewel様「Love Labyrinth」
もう何も語らずとも良いでしょう。
書き手としても、人間としても、その強さも弱さも全部を愛してる。

迷宮開設四周年、誠におめでとうございます!

ある男への激しい愛だけで生きている。
その血で描く物語を見て、震えぬ人がいるでしょうか。

恐れ多くて(や、それ以前に大ジャンル違い爆)コラボ作品こそありませんが、私の書く「アル×ユキ」に出てくる宝石デザイナー、ジュエル・マリ(笑)としてそのキャラをお借りし、ご登場願っております。
<そっちの方が恐れ多いわ

(勝手に)迷宮四周年のお祝いで、我が家の次作に再登場頂く予定、こちらもお楽しみに。


- - - - -



ということで、こんな私とお付き合い下さる素晴らしいお友達をご紹介したくて書きました。

LINK先ファンの皆様、これからも先様にお越しの際は、どうぞうちの事務所にもちらりとお顔を見せにいらしてくださいませ。

末筆になりましたが、LINK先様方、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-21 00:01 | ちょっとおしゃべり
BLCD「愛なら売るほど」杉田×立花
こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_13153944.jpg


先日のAGF(アニメイト・ガールズ・フェスティバル)での先行発売されたドラマCD。
榎田先生の大人気漫画家シリーズ、全国でお待ちの多くの皆様の為に死んでもネタバレできませんが…
<ええそう、ダメ、絶対

がっ…、全国の立花(綺麗声)慎之介ファンの皆さんに向けて、一言だけ言わせて頂きたい。


いっ、今すぐ私を…
入~れ~てぇ~~~~っ!
<撃沈

メインでの立花さんお初な私だったんで、本当に楽しみにしていたのですが、聞いてすぐにリンク先さまの諸先輩方の(メインを熱望される)声の真意がよ~~く解りました!

なんじゃこの綺麗さ…しかも綺麗なだけじゃない。<ソコだ!

何より、今回の特筆事項はですね。<ソレだ!

まだ、発売前で語れないんですがね。<ウズウズしすぎだ!

要するに。

綺麗声が叫ぶと、こうなるんだ…

ってことなんです。<これがホントに素晴らし過ぎる~

今まで、こういう綺麗な大人受の場合。
コトの最中は絶え絶え、切れ切れ、切なく堪らなく…ってな感じが多く、それがまた良かったわけですけど。

この受ちゃんの藤野(@立花)は「ああしてこーしてどーして」ってトコロを(もっとフェイク何とかならんか自分)
ほぼはっきりと綺麗に叫んでるんですよ!

決して訳わかんなくなってるみたいなワーワー受け子の絶叫じゃない。

美しい声で聞く、大人の男の受け叫び!

これは、新な喘ぎのジャンルの扉が開いたんじゃないでしょうか。
<大々的にあくまで当社比

そして、対する杉田君ですが。

さすが男は30から!
てか、ちょっと最近、違うよね?ねっ?

<ソレ私だけじゃないよね?

「恋愛操作3」の笹谷からこっち、どうにもBL方面での杉田の包容力UPに戸惑いすら感じてる。

ねぇ、どうしてくれるの?

さ、あとはその(延びた洗濯機のベルトみたいな)SEだけ…<愛爆

いいえソレも、もはやブランド力へと昇華した!

あぱっしゅ的に急上昇な二人に、グワッと最後、心を持ってかれちゃった一枚で。

で、内容は発売後にまた。
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-16 13:32 | BLCD感想(ア行)
AGF及びオフ会疲れ様でした~!
こちらはボーイズラブ関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_131314100.jpg
c0197761_13134386.jpg


あぁ奥様、目論見通り。
<人生長い経験からわかってる

午前中から参加のお嬢様方は、物販だけでも一時間待ち?ディズニーランド状態で大変な思いをなさったとか。
<ツィッターを眺めて心配してました

大きな初めての企画が、スムーズに行く方が変。てか多少の混乱当たり前。
(ま、会場入ったら案内のお兄さん方がずらっといたにはいたんだけど)

今後は是非とも、こういうフェアの際は、会場整理にアバクロから男性モデルを引き抜いて来て、(もちろん上半身裸かもしくはビシッとアルマーニのスーツで)会場案内係をさせることを強くここにご提案します!
※そんな人に案内されたり、待つのイヤ~っとか苦情言ったりしたいよ

と妄想はこれくらいにして。
大雨の中、奥様方は楽しく午後3時にツアーの集合場所へ。

「Apache Officeお得意様ご優待AGF参戦日帰りツアー」は人気も引いた夕方にの~んびり決行されたのでした。

や、そのかわり限定グッズは見事にほぼ全部売り切れですよ。
<これも想像の範囲内ですよ
図書カードも、サイン本もな~んにもなかったけど、楽しいおしゃべりしながら、のんびり会場を冷やかして回るの楽しかった~!
<そだ、あとから咎狗の限定ハンカチだけ見つけて買えた!

ブースはそれぞれ白くて清潔感ある作りの屋台くらいの大きさ。
入って眺める感じの所はゲームとかコスプレコーナーで、そちらでは黒幕(ってか簡易壁)で仕切られた内部ステージでイベントやってる声が聞こえてて、外からそれを漏れ聞きつつグッズ売り場を眺めたりして。

最初は書籍ゾーンで、まずは一番の目的、リブレ&メイトそれぞれの限定本と先行販売CD「愛なら売るほど」をみんなでゲット。ダリアで先行販売本を買ったところで一安心。
<入って10分、早くもミッション・コンプリート

ねこ田先生のサイン会を遠巻きに眺め「乾海本大好きでした~!」と届かないけど心で叫んで(爆)そこだけまだ長蛇の列だった原画コーナーの列へと並ぶ。

これがスゴかったんです!
これほど凄いとは思わなかった!さすがの(同人じゃない)企業企画だ嬉し泣き!
こいうのが見たかったんですよ。

初っ端、しうこ先生の生原画の迫力と可愛さ。
蓮川先生、美し過ぎる~~っ!はとこ先生の線が柔らかい~!
ほかにもた~くさん、トーンを貼りを指定する裏画面なども公開されていて、素人でもタッチの感じまでわかるよ~!<嬉


絵にバリバリ近づいて、顔面打ちつけるほど近くで舐めるように見ることが出来て。
<もう全員が変な人

上野のルーブル美術館展よりもジリジリとゆっくり進む列に感動しました。
<それだけみんな真剣だってこと

これだけで入場料の元とったわマジ

試し読みコーナーでも充実した本がずらりと並んでて、もちろん椅子は満席状態。
ここで2・3冊読んだらもう入場料の元取れ…
<奥様また元発言

いつもは買わない雑誌(縛ってある奴)も沢山読めて、凄く楽しかったし、大きなモニターではなんと「YEBISUセレブリティーズ1st」のDVDの一話分が公開されてて、み~んな見てる!ボスのSD顔が大写しに!

これがたったの二日間、関東だけのイベントなんて勿体ない。
参加出来なかった方、大勢いらしたでしょう。
どうかこれを読んで、気分だけでも感じてくださると嬉しいです。

そして、一時間半ほどで十分堪能し(いや全部見ましたけどね)楽しく見た後は、もちろんご優待オフ、という名のエンドレス飲み会へと突入!
まずはサンシャイン内のピッツェリアでハイネケンの極冷0度なクリア生が呑める店で乾杯~!

その場で戦利品を開けまくる(我慢できない私たち)歓びの涙流す(ああっ、こんなところでダメ…)止めて仕舞う。
<そこは大人の我慢だな

メイトもリブレも限定本の中身は本当に充実してて満足。
特にリブレは今までこんな表紙見たことない、指紋もつけられないほどの豪華本、お祭りに相応しい。

しうこ先生の「PUNCH↑3」は可愛いもんに乗っちゃってるわ、蓮川先生の「恋愛操作」に至ってはなんと幼稚園児編ですよ!萌え転がりますよ!最後の最後で待ちに待ったエビ!最上がフランソワにキスしてる!久家と益永さんは同居一周年のお祝いで…はぁ、もう大満足!

短いからこそ、執筆なさる先生方のお人柄まで垣間見られる気がして、どれもこれも楽しめる。
お祭りならではのこんな本、記念になるし、買って良かった~。

と、そんな話ですでに出来上がる奥様方。
<一軒目だよまだ

雨の中、場所を移動して次は飲み放題の店でカクテル。
<これが効いて大二日酔いですよ

あぁ、女を酔わすのはいつでもイイ男と甘いカクテル…ってことで。

ご一緒下さった皆様、本当にありがとうございました。

商業ベースで安心して大人も楽しめる、こんな素晴らしいフェア企画。
(開催側でも、今回やってみて、いろいろ反省改善点も出たことと思いますし)
これからも年に一度くらい楽しめたら嬉しいな~と、業界の今後のさらなる発展を祈ります。
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-11 13:36 | ちょっとおしゃべり
「星屑シトロン」読みました!
こちらはボーイズラブ本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_10542142.jpg


まったく個人的なことなんですけれどね。

あの私、二段組みがダメなんです。<爆
(あの有名な○○寺家もCDしか聞いてないのはそのせいなんだよね)

油断してた…

二段ってだけで、まったく内容が頭に入ってこないんだよっ!
<限りなく個人的な恨み節

こんなに大好きなのに。

ああ、もう正統大硬派な眼鏡、弾正の初恋をどんなに楽しみにしてたかわかんないのに。

トロンでフワリ、掴めないフェロモン男、堂本クンの大きな胸に包まれたかったのに。

いや、こんだけ書ければちゃんと全部読めてるな。<心配なし

しかもその小さな胸のつかえを一気に払拭する「守衛×峰」の激ラブHに、まんまと思惑通りに陥落しましたけどっ!
<やっぱりな

特に巻末の「純情バニラ」生徒会インタビューに答える峰の黒加減半端ない。

守衛を、まさに「そうなるようにこうしてる」んですよ!
なんて恐ろしい子!<最高です


なにげに峰は最強の煽り実況おねだり上手。

やっぱ参りました。
かわい先生、素晴らしいわ。
<いろいろ大変そうなのに、すべてを軽々と超えてゆく今のそのパワー凄

そして、いつかは「柏木×葵」を読まなきゃ死ねないと今回更に強く感じました。

だって、清泉きってのお祭り男ですよ!あの博愛野郎が、たった一人をどんな風に愛するのか見たいよ見たいっ!
(今回ちょっと出てきただけでもこの存在感、なんて男っ)

でも次は堂本兄のお当番だそうですので、お楽しみはまだまだず~っと先まで続いてゆく模様。

長いシリーズになると嬉しいな。

で、脳内配役、これ考えたら…一か月ぐらいは軽く眠れなくなりそうなんでまたにします。<爆
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-06 10:59 | ちょっとおしゃべり
是-ze-9巻全サ「幸せの果て」来ましたね!
こちらはボーイズラブ関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

や~ん、もう待ってた。今回は早かったような。<嬉しい

まだ開封ホヤホヤなんで隠します。

ではこちらから
     ↓

More
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-05 15:14 | ちょっとおしゃべり
「絶対×絶命」読みました!
こちらはボーイズラブ本の感想・雑談となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線&バレありご注意下さい

c0197761_2128318.jpg


<あらすじ>
「女は食い飽きたって言ってもさ、じゃあ男はどうよ?」
幼稚舎から高校までの一貫教育を誇る青北学園は、裕福な家庭の子弟御用達の男子校だ。幼い頃からずっと一緒、お金に困ることもなければ、進路に迷うこともない。それゆえに刺激に飢え、ときに倫理観のずれさえもわからなくなることもあった。藤王雅也もそんな生徒のひとりだった。十七歳にして退屈し切っていた雅也は、幼馴染みたちとの賭にのり、クラスメイトの朝岡忍を抱くことになるのだが!?




待ちに待った月末。
久しぶりの岩本先生の新刊、一気に読んだら勿体ない。<笑
やでも、何度も読み返せばいいんじゃないか!<とハタと気づき

と、思いのままに貪り読んで、フハァ~な気持ち。<しみじみ嬉しいな

あぁ、あふれるドキドキと満ちる幸せ

この大事な二つをいつも胸にくれる、岩本先生は「BLを読む幸せ」が何たるかを分かってる!
<あの、ここ、ファンブロですよ笑

今回、ユニットじゃなく先生個人ではお初の太洋さんのHPのインタビューも楽しかった。
また出版社が違うと企画もアプローチも変わって、新鮮で、ファンもまた一緒に空気を楽しむ気持ち。

そうそう、あとがきの下段太字を見るだけで、ああSHYだ~~!と泣けてくる。
<アホファンだ

インタビューでも、岩本先生は「高校生、学園ものは珍しいかも」と答えているけれど…

何を仰ってるのでしょうか。

「好きの鼓動」から「発情シリーズ」から、男子高校生書かせりゃ岩本薫じゃないんですか?!<爆

今回も、俺様な高校生、雅也(いいぞ、雅也、俺様名前!)柔らかい宮城先生の絵で、ノーブルな感じも出ていたし、大きいのに、線は細い。←ココが魅力

柔らかいタッチのセピアな世界がすごく素敵だった!

ヒョロリとしてて、しなやかで、鷹揚なお坊ちゃま攻と、ダサい眼鏡のチビちゃん受。
どっちも初めての感じだわ。

そして、何より岩本先生の描く「学園のリアルな閉塞感」がとくに素晴らしかった!
学校とは、逃げ場の無いある意味牢獄、子供にとって天国と地獄が隣り合わせのスリル溢れる世界ですから。

そんな、中での幼いながらも必死の戦い。
純粋だからこその、胸の潰れるような絶望感とか、まだまだ子供、男子高校生の心理が凄く出ていて、泣けたんです。

あ、でも高校から入った特進組で学費免除の子でも成績下がると翌年からふつうに取られますんで、要注意ですよ!
<忍ママ、バイト許してる場合じゃあ~りませんよ

そして今回、一番の泣き所は何と言っても受けの「ダサダサ眼鏡クン」忍ちゃんの堪らない小動物加減でしょう。
今までの先生の作品の中のどの「眼鏡」よりダサくて可愛くて、なによりも「素直」、「素直」だよ!
<大事なことは2回言う

すべてにフルフル怖がりつつも、ちゃんと好奇心もあって。
こんな子犬見たことない。<カワイイっ、カワイイぞ~

いつもは大きなワンコをお書きになる先生が、今回はちっちゃなワンコを書いたのね!
もうちっさくて、きっと薄茶色で、濡れた段ボールに入ってますよコレ、(ユージか、ユージなのか)
<や、ユージは俺様子犬だから性格違いますが

もう脳内で忍とユージが重なる擬人化まで起こす、困った私。<幸せです

後半、さなぎが羽化するように美しく変身を遂げるマイフェア・レディーも素敵だったけれど
何より最初の雅也とのシンデレラなデートがギュルギュル胸が痛くて素敵。

ドキドキしつつ、王子様と舞踏会に行って、最後、キスしてもらって、カボチャの馬車で帰って夢が覚める。
<や、まんまじゃなくて、あくまでそういう印象って意味です

ここで、なんだかもウルウル来ちゃって、読み進められず困った~。
失礼を承知で言わせていただければ、青春ホラー映画の名作「キャリー」のパーティー・シーンのような。

この先に待っているであろう救いようのない失望と、ハラハラドキドキの展開、サスペンスな疾走感もあって 一気に読んでしまったのには、やはりワケがあるのだなと思った私です。

「不遜で野蛮」以来、久しぶりの相互視点も嬉しかった。
同じ時間軸をしっかりと両サイドから丁寧に読ませて貰えるのはいいわ。

この見せ方だからこそ、×、の文字が装丁ビジュアル的にも効いてたと思う。
<まさしく出版社それぞれで楽しいな


で、言いたいことはですね。

おまけに付いて来た、素敵なポストカードが凄く良かったんですよ!

載ってるSSはもちろん書き下ろし!

てか、こっちが本当のエンディングじゃないですか。<勿体ない
夢を叶えた二人の幸せなシーン、これがと~っても嬉しかったんです。

絵も良いし、カードサイズも大きいし、これは、後から買って、付かない人がいたらそれこそ本当に勿体ない!
限定がなくなる前に、みなさんが早くゲットされることをお祈りしています。

で、来週はいよいよAGFの小冊子で先生の書く久家益に会える~(ユージにもっ)
<軽く泣き入る~

月末にはひょっとしてもう一冊、告知されているご本、「花嫁執事」が出るかもですね。

んでんで、クリスマスにはCD「征服者の恋」が来て、幸せな日々は巡り、人生は流れて…

あぁ楽しみ。

てか、もう来年じゃん。<爆
[PR]
by apacheoffice | 2010-10-04 21:54 | ちょっとおしゃべり