<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BLCD「KYOUHAN」(一条×高橋)

こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

個人的に今、「ちー祭り」絶賛開催中なもんでこちらを。
ええ、どう聴いたってコリャちーちゃん(鈴木千尋さん)の作品でしょ。
この演技力、エドワード・ノートンのデビュー作を思い出すと言ったら褒めすぎか。
だって、あの一瞬でか弱い若者から、極悪人に代わる表情が
まんま声で表現されてるんだもん。<ホラーより、こういうのコワい


c0197761_12215896.jpg


2巻目「真夜中の純情 KYUHAN2」の感想はこちらです。

それでは1巻目のレビュー雑談こちらから
     

More
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-28 12:29 | BLCD感想(カ行)

BLCD「梨園の貴公子」

こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
いつもどおりのファン目線、ただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_14154087.jpg


このまえ「ワキスプレーのCM(笑)で安元みっけ」のあとなんで、CDでもワキ安元を語ろうかなと。<笑
こっちは同じワキでも、とってもセリフがあったのね。御大に挟まれて、一生懸命頑張ってて良し。可愛いっ!<書くのはそれだけかいっ!ゲロゲロバカファン!

ってことでこちらから
     

More
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-27 14:12 | BLCD感想(ラ行)

BLCD「SASRA2」


c0197761_22592349.jpg


生きてて良かった。どんなデカ盛りですかコレ。<厳選スキ声てんこもり
冥土のみやげの心の鞄に入れたよ、間違いなく今入れた。
しかもすでにジッパー全然閉まってない。

嬉しいな。
こういうの聞けるからやめらんないんだな。

原作はUnit Vanillaさん、って岩本さんを含む4人の作家さんのコラボ。
詮索は野暮です。が、あのですね、これは……スキです。<笑

古代ローマ編は戦いでしか生きられない剣闘士の二人。
コロッセオです、殺し合いです、なのに美しいよ!本の数倍おもろくなっとる!
シリーズ通してまず感じるのは、この手の転生ものはCDにした方が世界観掴みやすいしい断然イイなってこと。

音楽のマキノさんって方、凄いわ。凄い。ブックレット一番最初にソコ見たよ。

モリモリは受けの時のいつもの細さじゃなくて、意識した戦う男の「太さ」がちゃんとある。
(低すぎずってとこがまた絶妙な)この音域、新鮮。
で、それを攻める安元、ガヤから這い上がってついにモリモリを…するまでになったなんて
この二年間、ホントよく頑張った…じわっ、ぐすっ、<ママもう泣いてる
充て書きみたいな本だもん、良くないわけない。
ファンと作家と声優の幸せな3ぴ…と言いましょう。いいと思う、幸せなんだから。

たった一つ、難を言うとしたら、敵役のお声の方に、もっと若いけど(ドス声じゃない)悪い声でやって欲しかったかな。声だけ聞くとすごくいい人みたいじゃないか。<笑


中世ヨーロッパ編はお待たせ土田さんと中村ゆうきゃん。<恥ずかしいなら書くなきゃんって

あぱっしゅ脳内で、吠え喘ぎ祭り年柄年中開催中~のつっちー(いいのかこう呼んで)が、楽しそうにやってみせる
「粗野で陽気な盗賊さん」
そやそやそやっ、陽気なってだけでも嬉しいのに、粗野までカスタマイズされちゃもうたまんないでしょ、ダメでしょうコレ。好きすぎて。

話しはあんまーい、どこの「ロード・オブ・ザ・リング」?<いやソレ最高です
つっちーにも萌えましたが、何気ない中村クンの「盗賊どもを御指導しちゃうの…」なシーンにハートは八つ裂き!
こういうツンなの上手いなぁ。挑発したり、ふっと引いたり、これが攻めだとしても、ロッセリーニのエドゥアールみたいなのがイイ、ハイヤー&ハイヤーなお威張り最高だよ!<ハァハァ…ちゃんと息して話せ自分

このCPで言い忘れちゃイケナイのがHシーンの演出の面白さ。
もちろんそんなに長くはないんだけど、始まり・途中・終わりと時系列?で
フッと飛んで聞かせる演出だった。<初めて聞いたさこういうの

それを土田中村が、うんまい具合に、体温まで違えて聞かせる素晴らしさ。
<泣けたさ、ああ泣けた

ありがとう。
誰に言ったらいいかわからんけど。<笑
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-27 12:09 | BLCD感想(サ行)

BLCD「アーサーズ・ガーディアン赤版」

こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。


c0197761_21391191.jpg


Unit Vanillaの第三弾となるこのシリーズ。
ぶっ飛び設定の軽くて楽しいコメディーで、フェイクを入れたりして作風に捻りを入れてたSASRAとは趣をガラリと変え、各先生方が自由にのびのびと書いていらっしゃるのがよーく判ってすごく嬉しい。

好き作家のやりたい放題こそ、この世の幸せじゃないか

ってことで、続きはこちらから
     ↓

More
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-24 21:55 | BLCD感想(ア行)

カラーバトン受け取ってみたりして

お友達のmokaさんとこから。<その前はつくよさんから
カラーバトンなるものが回ってまいりました。

ブロガーとなって早3ヶ月、ついに人生初のバトンを受け取ることに。
なんかmokaちゃんには、すでにいろんな初めてを捧げてる気がするわ。

CDレビュだけではなくて、、ちょっと妙なもんも置いてる関係で
いろいろ出せないもんもありますけれど
有難くも、こんな僻地にわざわざお越し下さる方もいらっしゃるようですので
御礼の意味でも、ここらで「あぱっしゅってどんなヤツ」を書く良いチャンスかなと…
<mokaちゃんありがと

では、やってみよー
    ↓

More
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-22 19:11 | ちょっとおあそび

BLCD「SASRA1」

運命に導かれた恋人達が何度も転生して巡り合うこの物語。
シリーズ通して一番に感じるのは、4人の作家さんの描くそれぞれのエンディングの妙なんだな。どれもド悲恋なわけだから、悲しい辛いってことになるんだけど、そこはそれ一筋縄ではいかない4人のユニットだもん、それぞれのシーンがすごく味わいがあって、しかもCDにするとそれがさらに際立つってのが嬉しい発見だった。

要するにいい小説が「初めの一行」だとしたら。
いいドラマCDは「最後の一分」だってこと。

それを踏まえて聞くと、また楽しいってことで。<前置き長いな


現代編 プロローグ 小西×福山

物語の狂言回し的にもなってる(つか芯よね)この2人が共演回数多な息も合いまくりのコニタン×じゅんじゅんってのが泣ける。
もちろんまだHシーンなんかなくて謎は始まったばかりなんだけど。

シリーズ1・2と聞いた中で一番やーらしーってどうよ。<さすがだ
何気ないやりとりが、もうね、艶っぽ…ぽ…っ、ぽーっ、ぽー!<違う歌になりそうだからやめろ

口の利けない(死ぬことも許されない罰を背負ってた)男の子ティティに宮田くん。
可愛いヘリゥムヴォイスは抑え気味の、どシリアスで低めなモノローグがまた悲しみを倍増させて良いぞ良いぞ!
はっきり言って、原作の段階じゃプロローグがこんなにイイと思ってなかったんで不意打ち食らった分も得点高い。さすがはコニタンじゅんじゅんだ、はやく4でまたゆっくり堪能したいわ。

エジプト編 羽多野×ノジケン

罪の原点、転生の起源の物語。
この話を読んでる時は個人的に帝王×平川で妄想していたんだけど、この若い2人で聞いて耳から鱗が落ちた気が。<そう書くとなんか汚な…
いや、これはあぱっしゅの持論ですが

ナニゲに羽多野の包容力は金

です。

どうしてだか説明のつかない、この不思議な包容力。<あのフリトへタレのどっから出てんのソレ?
若き王子アケト様の人物の大きさがちゃんと伝わる声だった。良し。

たおやかな年上の神官セシェン(街で噂のさしゃしゃまじゃないよ!)にノジケンさんですね。どこでも見かけるキャッチフレーズ「ノジケンは泣かせてナンボ」がこれまた存分に発揮されてて。ホントに柔らかい。声も身体も。<と思わせる上手さってこと


中国編 子安×吉野

これまたあぱっしゅノーマークの吉野が奇跡を起こしたよ!(ってなんて失礼な)
いやもう、ありがたく万歳しましょう。屈折しまくりの難度の高い役を良く頑張ったと思う。Hシーン3回が、すべて全然違う目的?というか気持ちでやってるんだけど、揺れる心の変化が凄いよ。

あと、(このCDの2カップルともだが)あぱっしゅ大好物「幼馴染の子供時代」ってオマケもあるのも嬉しいじゃまいか。<笑

初めにCDのラストの話をしたけれど。
実はあぱっしゅはね、この中国編のラストが一番泣けたわけです。
(だから最初に書いた)
それをバッチリ演じてくれたのは鷹揚を絵に描いたような「良すぎるコヤピーさん」でした。

具体的にはネタバレるわけにはいかないけどね。

これ何てパトラッシュ…<ええっ

いや、イタリア映画?ああ、フェデリコ・フェリーニ監督作品のラストのようだ。

幸せの中にある悲しみこそが一番深い。

ああ、たかがでされど、BLCD…恐るべし。
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-21 14:10 | BLCD感想(サ行)

BLCD「花ムコさん」(遊佐×下野)

こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

ちょうど今、桜が満開ですね。
この季節になると思い出す、ゆっちー高校生花嫁(攻め)と下野クンの「ガクガク喘ぎ」(はっきりガクガクしている!コレで喘ぎのジャンルを広げたよ)が堪能できる、まさに叙情BL愛の劇場「花ムコさん」。
<キャッチコピーは今私が作った


それではこちらから
     ↓

More
[PR]
by apacheoffice | 2009-04-09 23:00 | BLCD感想(ハ行)

是-ze-第五弾のペーパー来ましたね

昨日、我が家のポストに春が来た!<いや是ぺーパーが来た
まさに桜の満開に合わせて発送になったのでしょうか。
もちろんお話の中にも降り注ぐ桜の花吹雪。
(それが今回の鍵になってるがネタバレはしない)

とっても綺麗で切なくて。
それはそれはもう……あぁ、いつもの玄間氷見。<いやん
とくに、アソコのところのあのシーン。<ああっ、激しっ…

攻めって(男って)こういうアングルで見えてんだ…と、長年に渡り散々いろいろ見てきたはずの私の目から、瓦が落ちそうになりました。
<ドンだけ長年、鱗が瓦

次、その体位書くときの気合が違ってくるよ絶対に!
<ってどこで書くんだアタシ

いくら8pのショートと言っても、決して侮れないこのペーパー、絶対に外せないその訳は…

だってこの内容が、いつもディアプラのオマケCDの原作になるからなんです!

しかも、これまでの是のミニCD全部、どれももの凄くイイ出来具合なんだもん。
オチがあってちゃんと笑えるところも是の面白さなんだけど、この第五弾ペーパーはギャグなしガチ耽美!
<うううう、うれしー!

これも、オマケCDにならんかな。
泣かしてよ、アタシも氷見も。<おっと、それぞれ別意ですよ

さらに言えば、あの○玉縮み上るほどコワイ「三宅の猛獣吠え」が聞ける、本当に数少ない貴重なシリーズなんですから。
<新作にもっと猛獣よこせって!

確かに2枚組でじっくり聴く本編は、良いに決まっている。(お金払ってるから当たり前)なのに今時、雑誌買うだけで付いてくるくせに、このクオリティーってどうよ。
たった10分の間に、すれ違って思いあって、きっちりがっつりあっついH!
<短いからこそ燃えるんだ

あの玄間不動産の一人がけソファー(有名デザイナーの黒い四角いヤツ)が、この2人の単発もんでどんだけ○まみれになったかわかりませんから。

獰猛を通り越して、マジ殺されそうな三宅玄間の恐ろしさと、まさに薄氷の上に佇む天女ような氷見の儚さ。そんな二人の濃いH!<誰より甘いのね

オマケCDの方が出てるような気すらします。<毎度、誤解を恐れない女

それにちゃんと漫画で読んでおかないと、平川さん氷見やるときは
「体位を変えた瞬間」を息だけで表現しちゃう荒業に出てますんで。<うわ~
ソレを知らなきゃもったいない。

今回も「人は繋がって生きるもの」だと教えてくれる。そんなお話。

c0197761_23375774.jpg

[PR]
by apacheoffice | 2009-04-06 23:10 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧