「青の誘惑 Prince of Silva」読みました!

こちらはボーイズラブ小説のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_13255436.jpg


全国津津浦々の同志の皆様!
早くも年末へと続く「岩本大祭り」が始まりましたね!

<あああっ

なんて幸せ。

世間ではついこの前までサッカーW杯で南米祭りが開催されてましてたが。


岩本南米祭りは今月始まりましたから!

<こっちも待ってた!しかも去年からずっと祭ってる!

ほら、TVでブラジルの紹介のスポットが試合前とかにガ~ッと流れるでしょ。
あのキリスト像からの丘からカメラがパーンして…

あれ、そのまま脳内で再生しつつ、これ読んでおっけーです。
<BL脳って便利よね~♪

Prince of Silvaシリーズ待望の2冊目、テーマは「青」

青と書いてエメラルドと読む!
<ああもうこれだけで萌えるファンだ揺るぎない

ではご一緒に愛を叫んで頂ける方、こちらから
     ↓






小説って、最初の一行が一番大事。
<これいつも言うけど本当だよ

毎回、毎回、楽しみで堪らないんですけど!
こう来たか!<ありがとうございます

ジャングルですから。

この真っ直ぐさ、直球を撃ち込まれる心地よさで岩本薫が大好きだ!
<嬉

蓮はもう18歳。<そろそろ恋を知るお年頃

そこで、この帯ですよ。<写真参照

もう、編集さんのあまりの良い仕事に目眩がする。

「抗いようもなく恋に落ちる日が、自分にもいつか来る。そう信じてきた…」


ここを、よくぞ拾って下さった!と心から驚嘆する。
だって、本当に長い小説の、一番素晴らしい一行を抜き出すことがどれほど凄いか。
<100回文字に書いて読みたい日本語

言ってみれば、この一行で一冊のすべてが集約されてるような。

それくらい凄い一行。
これを見て、ああファンで良かったとまた脳天に萌え王道の稲妻走りました。
←なんだかわかんないけど幸せらしいよ

で、最後二人はついに?!ですが。

そこは、長編大河小説なら岩本薫。<そこが好き~

まだまだ、まだまだ、まだまだ、そう簡単には行きませんよね。
<世間には何十巻も幸せにならない小説いくらでもありますからね

ええもう、これくらいで、焦れのうちには入りません。

心が擦れ違い、ジャングルの滝のように怒涛の運命は流れてゆく!

登場人物は少しづつ、人となりが解ってきて、面白くなってきたぞ。

今回、謎の孔雀攻めさん(いや、攻めとは決まってな…爆)美人な天使ちゃん(違)ガブリエルが登場して物語りの軸に絡んでキタ~~~~~!

ですが。

私は個人的にスラムの王子様ジンのことが気になって仕方ないんですけど!
<蓮川絵ではよみたいみたい~~!

蓮だけじゃなくて、誰より鏑木が一番、悩んで苦悩してのたうち回っているのが堪らない、「青の誘惑」ゆうわく~~~!

まんまと誘惑されちゃって、ああもうこっちが大変ですよもう。<次までどんだけ待ち長いのもう

口絵の素晴らしさは、またもや逆立ちしてファン御礼申し上げなくてはならいレベルの美しさ。

岩本薫 蓮川愛 この文字が並んでいるだけで。
大抵の辛いコトは乗り越えられ、苦労が報われる気がするのは何故でしょう。 

SHYノベルズさん、岩本先生に、大河を書かせてくれてありがとう!<号泣

そして、コミコミさん!
私、このまえ、ファイルは使い道が…とか言いましたが、逆立ちしてお詫びします。<大爆

ここには載せられないけど、この口絵がファイルになったらなんと美しいこと!
後面がダークな黒だから透けてとってもエキゾチックな色合いに!<うっとり

特典ペーパーは、焦れ焦れの二人に、岩本先生がちょこっと甘い二人のうわうわ~な瞬間を書いてくれています。<じぇらる鏑木は正義

さぁ、張り切ってアンケ葉書書くまでが読書ですよ!皆さんっ(^^)/

これでこの夏もバテ知らず。

ジャングルに比べたら、全然まだイケルぞ!がんばろ~っ、オーーッ。


くれぐれも熱中症にはご注意くださ…爆
[PR]
by apacheoffice | 2014-07-16 14:02 | ちょっとおしゃべり | Comments(0)
<< 「BL KITCHEN 」エビ... バックヤードへお越しの皆様へ >>