雑誌 「ihr Hertz(イア・ハーツ)」 2014 7月号読みました!

こちらはボーイズラブ関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_17391971.jpg


あ~、もう更新するヒマないから行進しちゃうぞ!
<おいっちにーさんしーっ…サブっ(^_^;)

まさか本家にスポ広告出すわけいかんわな。

ってことで、もうこうなったらじっくり書くのは諦めて、走って一言感想!
何言ってんのかわかんなくてもするっとスルーで。

いや、ここ読んでる人、確実に私より全然読んでる、大丈夫。


ではこちらから
     ↓





まずは小鉄子先生の表紙。

や~ん、もう青い小花を浮かべたバスタブ!涼しげ!←ホントは熱いんだろうけどw
白いフランジバニは有名だけど、青い花も雑誌で見たことある、何て言うお花なのかな~?

この二人の空気がベタベタしててもサラッとしてるから良いんだよね!←それどう言う…(^_^;)
画風ってこういうこと。素晴らしい。


とにかく皆さん知りたいのはアレよね。

「囀る鳥は羽ばたかない」 その12 

あぁ扉絵の(花札絵みたいな)藤に鳥、背な向けた水に立つ手負いのイイ男!<百目鬼~男の落とし前♪
で、もう熱くてどうにかなっちゃう感じの矢代がたまんねぇっす!<久々、触れ合うのか触れるのか!

う~、個人的には先生と百目鬼が話すシーンにグワッと来た~!
先生っ、(CV.は安元)矢代の為に怒るんだね…ひっさびさに怒る安元聴けんのか!<嬉

そしてネクタイグイっ…ネクタイグイっ…<大事なことは2回言う

そして矢代の白い腹、握った○頭。<大事なことは別に言う

「晴れときどき、わかば荘」202号室 鮎川要 あすなろ~後編 

晴れとき、は、弱気な高校教師、鮎川先生の恋の後編。
英語を教える(教わる)ごっこの二人が、いかにも先生らしい恋のシーン。
<先生って職業の人ならぜってーするだろこういうの、がイイ

期せずしてコチラも、男の背中。
堂々たる紋々背負った青い背中と、闇に浮かぶ先生の汗に塗れた白い背中。

あぁ、いいなぁ、こういうしっとりした、弱いものを大事に胸に抱いているような二人。

激しい性愛がへび子絵で見ると、こうも美しく流れてゆくこと。

個人的には、胸の刺青に浮かぶ薄赤い(であろう)乳首に触れる濡れた先生の舌が…うあああああっ!<今年一番のとんでもない萌えが萌え死が!

幸せです。

切ない二人の熱い夜が溜まらない「先生の恋」でした。

で、ついに、ほらママの彼氏がチラッと!<ああっ

「アーモンドを7粒」

夏水せんせい、じわじわっとこの話、私好きなんだよね~♪
ポリポリ、ぽりぽり、の音がアクセントになって、優しい恋がゆっくり回る。
波乱の次回、期待してます!

「キスもしらないくせに」

木下先生+初心な高校生=無敵w
体育祭のダンス…ちっさいな…手ぇ…って、<うわあああああっ!何度でも!

「いじわるなハニートラップ」

上田先生、この前読んだ「職員室の~」も良かったし、これもイイ、やっぱ絵が綺麗でシンプルな画風に分かり易いストーリー。ご自分の売りポイントを解っていらっしゃる。

「マッドシンデレラ」

良太のキスはいっつも、むっちゅぅうううう、って、ぽってりしてるのが凄く好きだ!むっちゅうう~~~!←ヤメナサイ


もっと書きたいけどこんなとこで。じゃっ。

 
[PR]
by apacheoffice | 2014-06-27 18:38 | ちょっとおしゃべり | Comments(0)
<< 花丸コミックス「SEX TRU... ビーボーイノベルズフェア201... >>