出張カプ主総会in広島 その4 ~世界遺産で全世界の萌を勝手に大祈願編~
ひゃ~~、翌日はもう天晴れな五月晴れですよ!
<ここまでお付き合い下さる貴女のお心も天晴れ極まりないですよ

ってことで、狂乱と極上安眠の夜が明けて、素晴らしい祈願日和。

ついに神様に会う時がやってきた!

まずは神様の降りて来る宮島の弥山(みざん)へ、天空に向かってBLの神様に感謝を叫びにロープウェイ乗るよ~。<叫ばれても迷惑だろうけどなソレ

宿の下からロープウェイ乗り場のアーチを潜り、上り坂を登ること数分、前日からの雨が空気も緑も美しく輝かせてくれて、深呼吸もホント気持ちい~~!

アレ、なんかみんな、けっこう周り登山ハイキングな格好の人多いんだけど…
←宮島ド素人不安の図

アレレ、結構坂キツイんですけど…
←奥様、日頃の萌不足には厳しいのに運動不足にゃ甘いからね

あ~~っ、あった!看板!どれどれ?!

c0197761_21344995.jpg

※追記5/8 お写真お借りして追加しました(^o^)

「ロープウェイ乗り場まであと一息!!」って、こんな看板珍しい。
素晴らしい景色が望めますって、誘い受けも甚だしいな!

ここに来てさらにあと一息とか、もう散々息吐いてますけど!

ロープウェイって爽やかお兄ちゃん。
励まし系(平川さんが良くやるような)攻めさんだったね。

ん、もっとハァハァ言うとこ見せてよ…
そう、いっぱい我慢すると気持ちイイの知ってるでしょ?

と、私がハァハァ息切れしつつ言った所であけみ嬢がすかさず合いの手のように入れる。

「だいじょうぶ・きみなら・できるっ!」

アハハ、そうそう、
一語づつ丁寧に、心から励ますお兄ちゃん平川声だ!
<さすがファンだそっくり言える

そこからはしばらくお兄ちゃん攻撃が続く。
さすがにこの爽やかな緑の中で、べ様とか黒田さんとかなかなか出せないよね。

ま、そう言う私は昨日の喋り過ぎで早くも声は紛れもない超低音。
893な三宅声にソックリになってるけどね!

「テェメらなんか文句あんのかゴロラァ~~っ!!」が死ぬ程上手く言えるよネェネェ聞いてよ!

って、さんざん妄想出してんのになかなか乗り場着かないんですけど。

…、ハァハァ…ハァハァ……


一同に、不安が過ぎり、もしかしてこんな低い山で遭難か…とまで思った途端。

遙か山の上のほうに見える乗り場。<あと200mの登り


ちょっとっ!
コレ、新種のオレオレより酷い。

「あと一息詐欺」じゃないの!!
←聞いた事無いけど絶対ソレだ!騙された

気をつけろ。<あと一息は終わりじゃない

ってことで、ようやく辿り着いて見ると乗り場には早くも(どっからキタのか解らない)人の列が。
しかも後から後から来る客の外人率99.6%!
<イイゾ今日は海外ドラマ妄想し放題

ちょ、そ、その前に何か飲もう…死ぬから…
いつの間にか、ハァハァがゼイゼイであと少しで無呼吸寸前だ!

ようやくここでペットボトル買わせるための「あと一息詐欺」だったと知る暢気な奥様方。
気前よく2本づつ買うお人好し。
<だって帰りもゼイゼイやっちゃうからさ

そして、早朝どうやって登ってきたのか知らないけど勤務しているロープウェイのお兄ちゃんがムダに金髪イケメンだよ!
←絶対、夜はホ○トクラブ勤務で土日朝からココでバイトだろ!

でなきゃあんなに鮮やかな手付き「いらっしゃいませ~」な扉開けで箱に招き入れてくれないよ。

前のオジサン達と一緒にされたらどーしようと心配したけど、大丈夫だった。
<そんな混合プレイ無理

「さぁこれでもう完璧な密室、俺達のこと誰も見てねぇから…」
←締まった途端にすぐ始めんのヤメロ


広がる山の新緑に心洗われつつ、妄想は続く。←続くのかいっ

c0197761_1435966.jpg


「ああっ、ダメ…そんなに(箱)揺らしちゃ…おかしくな…ううああっ!」

「オラオラ、もっと激しくしてやる…(マジでグラグラ)イイんだろ、大丈夫、空と海しか見てねぇって」

「そんなっ…下の茂みに…鹿いた!」
←そこは見るんだ観光客!

朝から楽しい。<今日も濃い

中腹で乗換えて、今度はゴンドラへ。
ここは大人数乗るのでオヤジ達と混合プレイに突入。

「ほら、見ろよアソコ…漁船と海自が追突したトコ」
←知らんオヤジいらん情報

楽しいからいいか。

そこで、弥山、展望見晴台に到着。

c0197761_1442837.jpg


ハァ…天国広がってる。
<間違いなくあの世に逝く寸前思い出す心象風景ってコレですね

さぁ、全員で叫ぶよ!萌えと幸せを!
<ありがとう神様、迷惑でもまた来ます!

そして、そこから登山してさらなる頂上はまた来る時のお楽しみに残してロープウェイ引き返す。
<お時間がございませんことよ!

で奥様またとっとと山道降りる。
c0197761_21431096.jpg

※追記 5/8 ↑もお借りして追加

もちろん龍神様とともに下った下界にも天国はあった。

c0197761_14115722.jpg


そう、世界遺産、宮島の「厳島神社」でございますよ皆様!

昨日の雨の日に参宮しなくて良かった。
最高の眺めの日に来たアタシタチってスゴイ。

c0197761_14293648.jpg


入ってすぐの所に、大きなお祓い用具が。
(小さいのは勝手に取ってセルフお祓いできるよ爆)

ここでワチャワチャして遊ぶ若い金髪クンたちにヤリ方教える奥様。
<大して知らないけどかしこみかしこみまおうす~~♪

c0197761_14152029.jpg


ココ、フォトスポットになっていて、並んで写真撮って撮られて。
ここに来るとほぼ99.9%の外国人率パネーパネー。

せっかくならイケメンパツキンの渋いナイスガイを探してお願いしちゃおうと…
サングラス掛けたマッチョなイイ男がキタ~~!と思ってカメラを片手に「あの~~シャッタープリーズ…」と言いかけて良く見たら…

背後に黒いスーツ着た男(恋人兼SPだな)女(スパイ兼秘書だな)がこっちくんな!とジロっと見てる。

マズイっ、イイ男過ぎた…
どう考えてもどっかのCEOだろ!
名前はアルベルトとかエドゥアールとか言うんだろ!
SPとCEOでSS今すぐ書いちゃうぞ!
<ゴメンナサイ

とにかく、ここは後に並んでる普通のカップルにシャッターお願いします。
こちらもダーリン優しそうでいい夫婦になりそうな感じ。
ま背は低いけどねっ←いいじゃないか

本殿に帰り、さっきのセレブさん達と、日本人のセレブご夫婦が、本殿にてお祓いして貰ってるところを後からそっと一緒に拝む拝む~!

まさかの後背位からの便乗参拝だよヲイ。
便乗でもお願いするのは世界の平和と萌えと幸せ。
<きっと大してお願い違ってないと思う

しっかり全世界の女子の幸せを勝手に大祈願した後は、おみくじよね。

c0197761_14354332.jpg


そこで、見事に凶を引く女。
←やっぱアタシ持ってるよ!タダじゃ転ばないよ!

爆笑の中、続いてお札やお守り買い漁り(バーゲンでもフェスでもないけど漁る、奥様の本能)
楽しく参拝終了。

ここで、おみくじはしっかり結んで、厄落とし。
<また来る理由はもう出来た

宿に帰って荷物取って、賑やかな参道をゴロゴロ大荷物持ってそぞろ歩いてお土産買う。
そして、何より目的は「揚げもみじ」

c0197761_2145848.jpg

※5/8追記 お写真お借りして差し替えました(^_^;)

興奮してピント合ってないが、これが美味しいのなんのって。
(あとで誰かちゃんとした写真くださ…w)
<揚げると衣がサックサクで中はすごくフワフワになるんだね

と、この時点で予定の船の出航まであと5分ですけど。

ええええっ!そこに見えてるけど、あと5分なのっ!

また走るんかいっ!←やっぱりな

激走したわよ、今度はもう後振り返る余裕もない。
<晴れてるから滑る心配ないけど、心肺はかなり心配

ハァハァ、間に合った……、ってもう次の電車まであと7分ですけど!

ちょ、ホームにもう電車入って来てるの見えてますよ!

えっ、早くエレベーター乗って乗ってぇ!

そこで全然他人の会ったこともない男女のカップルが
「マズイ、箱が下に下がってたらもう間に合わない」と弱気なコト言ってんので喝入れ。

「大丈夫、私達ならイケる!スミマセン、ここ押さえてますから、先行って留めといて貰えますっ?!」
「ハイっ、わかりました!」と、ワケ解らず素直にダッシュで駆け出す他人の男。

必要なら赤の他人に指示出しも厭わない、奥様旅最強伝説がココに。
←こんな大人になっちゃダメ

1分のムダもない全力疾走の旅は続く。

広島市内に入り、もちろん乗りたかったもんに乗るの。

c0197761_14503950.jpg


カープ勝ってるけど、電車はのんびり!<イイゾイイゾ
揺られてお昼は大繁華街、渋谷よりオシャレなオープンカフェでケーキやお茶。
こんな素敵なカフェで飲み放題ってこれまたのんびり!

c0197761_14522629.jpg


や、のんびり食べてるヒマないよ!
もうアポイントメントの3時にあと10分しかない。

いよいよここから、本当の聖地巡礼。

広島、紙屋町の繁華街にそびえ立つサンモール商店街ビル。

ついに念願の「中央書店コミコミスタジオ」さん突撃訪問へ。

次回 「カプ主総会in広島その5 そこにパラダイスはあった…聖地巡礼コミコミ社長は博愛の受の大天使編」を…


震えて待て。
[PR]
by apacheoffice | 2014-05-06 15:08 | ちょっとおしゃべり
<< 出張カプ主総会in広島その5 ... 出張カプ主総会in広島 その3... >>