「発情+熱情短編集 「情」~Emotion~」読みました!
こちらはボーイズラブ小説本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
大ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。
ではこちらから

先の記事で、私とんでもないことをしでかしました。(>_<)
「絆」て…いくら震災を忘れないと言ってもそれとこれとは…ですよねぇ。
もちろん「情」の間違いでございます!申し訳ございません。<もう訂正しました

大事な大事なご著書名を大変失礼。<(_ _)>
発情、と熱情の「情」なのに!

と、すぐに気を取り直して。←私がっ!

こちらも大ボリューム、どんだけ幸せを詰め込んでくださったのか目眩しそうなご本ですよ!
ってことでこちらから



     ↓






こちらは白いスタイリッシュなご本。
今回、どちらのご本の装丁も相当に凝りに凝ってる~。
岩本先生ももちろんご意見を出されたと後書きで拝見して納得。
箔押しのゴージャス、なのにメタリックなブルーはスッキリとしたセンスの良さを感じさせて。
お店に並んでいても一際目を惹く、凄く素敵!

こんなご本がボーイズラブの棚にあるのが不思議、と言っては失礼か。

いや、BLだからこそ素晴らしいよ!

しかも、当代人気の円陣絵と北上絵が並ぶ、ありえない豪華さも「岩本先生」の格を感じるというか、ファン冥利に尽きる眺めだわ~~~♪

エビスペだって、ゴージャスな押しの入った表の紙に、絵が入った凄い帯!
ここに検索掛けて来た方で、「エビリティ 新刊 帯ついてる?」で来た人がいることをここにご報告しま…
<気持ちわかるよ、書影見た時驚いた


あの絵そのものが帯だったなんて!
あっと驚く手法で毎回ファンを驚かせる。
リブレさんも先生方も凄いなぁとしみじみ思いました。


発情シリーズと熱情シリーズ、2つのお話の根底には家族の愛がある。
織田兄弟にも神宮寺兄弟(一族)にも、本当に熱くて強い「絆」があるのよね~!
<そうそう、ここで絆なのよ

一つの本になっても全く違和感なく、ワクワクした歓びが!

織田兄~~!←好きなだけ叫び隊
悠介はもちろんワンコの王様ですが(ワガママ王子は久家ですが)
織田兄は、大人代表、もう包容力の権化のような人だよね!
<密かな人気があるのも解る、徹底したその人物像

だからこそ、今回の書き下ろしに兄カプが登場したことは本当に歓びだった!

しかもラスト一行が、先の悠介大和の物語りとちゃんと「対」になっているとこもグッと来る~。
<そうよ、二つの恋は永遠で、まだまだ始まったばかり

そして「不埒で野蛮」の織田弟カプ。

これ、もう言っていいかどうか悩みますが…

これ、私のモロ好み!

ツンと野獣の組み合わせってもう、谷地加賀美系と申しましょうか、いやそうだと言い切ってしまえ!大好き!<世界の端っこで堂々と叫

CDのブックレットのお話って、幸せな甘んまい、甘んまい、読者が一番読みたいものだったりするのに、なかなか、広く人の目に触れることがなかったりしますが…

これはもう、こうして世に出て本当によかった!CDファンとしても最高に幸せ~!

この二人、出会いからもう岩本作品の中でも1、2を争うエロシチュ万歳。
なんたって永遠の「張り込みエッチ」からスタートしてますからね~!<忘れられないこの贅沢品

この「エプ○ンエッチ」も最高でした、もう何より美味しい大馳走!
<奥様ここらへんから涎がとまらな…w

書き下ろし「騎士は野獣」ですが。
この3人、特に弟クンのその後がとても気になっていたので嬉しかった!

新しい書き下ろしの円陣絵が圧巻!
扉も美しい、だんごじゃない「美男三兄弟」が!<溜息~

会社まで一緒なのに、それぞれがしっかり、全然違うアプローチで社に貢献してるのがツボ過ぎる。
<お仕事の凄さも岩本先生を読む楽しみだとまた再確認

そしてまたもや最後の一行で泣かされる。
今でもちゃんと真海が(二人にとっての)「大事なお兄ちゃん」なのね~!<家族バンザイ

続いて「獣情」

たっぷりの書き下ろしの中でも、一番、ファンを驚かせ、そして満足させたのはこの物語りだったんじゃ?
とも思える、「まさかコレが読めるとは!」な一遍。

モフモフなどと軽く一言で言うことなど到底出来ない。
これには、姿形でなはない、もっと気高くて強い「精神の深い結びつき」が描かれているんだなぁと思いますよ。

そのことが「○姿で結ばれる」ことで、さらにハッキリと描かれたんだと…ううっ…

打って変わって、キズタカのチ○○ッピー!ランドランド~~!
誰もが知っているあの夢の国でのお泊まり○○ズニーのお話をよくぞ書いてくれた!

自前○○ピョコとか、どんだけファンを舞い踊りさせるつもりなのっ!
<萌え死キュンってこのことよ~

今回、夫婦(夫夫)としての成長、いや充実、迅人と賀門にはちゃんと、双子の子育て出来る度量があるんだよねぇ。

それをものすごく感じて、また先生にヤラレタ~~と、嬉しい(苦)笑い。<凄いわ

甘いし○ぽえっちも可愛くて、迅人は口を手で思わず塞いだだけでキュンとさせる、天然ちゃんなことを、ここで延々と思い出しました。
<和菓子屋の暖簾の向こうにいる姿の初登場から全部思い出しました

最後の「月に吠える」に至っては…

中学生ちゅうがくせいちゅうがくせい……ゲシュタルト崩壊する前に精神崩…大嬉び!

これはもう挿絵の北上先生に御礼を叫ばなければイケマセンね。

みちるクンのビジュアルは最新刊までお預けだろうけど、充分に岩本先生の描く細かい描写に大満足。
(ちょっと抜けてる、というか未熟でおっとり、な男の子の感じも先生はとっても上手い~)

双子ちゃんの高校生編がいつになるか、もう楽しみで夜も眠れません。


何よりこれからも続くシリーズがある歓び。
リブレさんと、岩本先生の「良いお仕事」を、これからもずっと読ませて頂けることを祈って。
ひとまず先生に「お疲れ様、ありがとうございました」と申し上げたい私です。



- - - -


そだそだ、エビスペシャルのところで、もうちょっと語りたかったんだった!

本当に今回、先生がエロに頑張ってくださったなぁとしみじみ思いますよね~~。

久家益は特に、連載時にはあり得ないほどの大人なエ○いシチュというか体位というか。
<不破先生のお挿絵もスゴっ、ああっ!

谷地加賀美に至っては、こっちも不破先生のスペシャルな絵に死ぬかと思いましたが(マジで小さく死にましたが)岩本先生の描く加賀美さんの心と快感がこっちにビンビン響いて切なさ溜まらん!

アルユキのカップルは、これまでもエビシリーズでのエッチご担当!安定の素晴らしさだけど、今までで一番アルユキらしさが溢れ出ていたように思えて…

天下一品の焦らしプレイ&恥じらうお誘いが読めちゃうから、もうどうしようかと本を抱えて部屋中ウロウロしちゃうよ!
<奥さん読み過ぎ注意ですよ

あぁこれ一条さんと平川さんで聞きたい聞きたい~~!

お人柄にもアルベルトのような包容力があって泣ける一条氏だし、ユキの平川さんは新事務所おめでとうございますってことで、あぁ、またあの二人で奇跡のエビのシリーズ、続きが聞きたいな~と思う私です。

CDで聞いても、本で読んでも、岩本先生の書くS○Xシーンは、時間を置くとまた違ったエロさというか、まさに「艶」が湧き出すのが素晴らしい。

だから、何度も読みたくなる!聞きたくなる!大好き!

ファンの疲れた身体も心も、こうして先生に癒して頂いて(私の場合は)10年が経ちました。
これからも、いろんな形で私達ファンに寄り添って下さると信じています。
どうぞどうぞ、宜しくお願いいたします。
<あ、ココ、ただのラブレターなブログですよw

もう感想が後から後から湧き出して書ききれない!
<また思い出して書き加えたくなる~~!

さぁさぁ皆さん、こんなとこ読んでないで。<ええっ

この感動を大挙して、リブレさんに早く送りつけ致しましょう。
(それは作家さんへの一番素晴らしいプレゼント)


これからも、ずっと付いて行きたい作家さんがいる幸せ。
本当に、ありがたい幸せなこと。
[PR]
by apacheoffice | 2014-04-07 14:28 | ちょっとおしゃべり
<< ブログ「BL KITCHIEN... ※4.07追記アリ「YEBIS... >>