「花丸漫画Vol.10」読みました。

c0197761_17554935.jpg
※エキブロの記事入力画面が新しくなり、反映がまだ全然安定していないので、スキンなどの関係で上手く見えなかったりするかもしれません、私も慣れるまでちょっと見にくいかもしれませんがご勘弁ください

こちらも楽しみな「花丸漫画」もう10冊目なのね~。

そして、なんと花丸漫画は1月からWEB配信に切り替わるってうわうわ~~!
(12月20日頃に、花丸HPで詳しく、とのこと)

そういう時代になったんだね。
PCやスマホの小さい画面で動かして絵を見るのがあまり得意じゃないんだけど。
(絵の大きさは作品の世界観に大事な要素だしね)

ただ雑誌買う重さや処理からは、間違いなく開放される。<それは嬉
リアル書店さんにお金を落とせないのが気になるけど、これも仕方ないのかな。

さて、巻頭は山本小鉄子さんの新連載「ラブ&ベースボール」から。

簡単な一部羅列ですがどうぞ。

             ↓










「ラブ&ベースボール」山本小鉄子

やっぱ野球を描く漫画家さんは、スキで描くから絶対面白いよね!
この前まで、甘デロな御曹司もの?だったから、このスポ魂ものは新鮮。
怪我でやさぐれる(と言っても小鉄子センセだからw)坂郷のお相手はちょい年上?な可愛いスポーツ用品メーカーの営業さん。先生にしては展開早っ、な居酒屋デートが展開してます。
<こっから先がまた焦れるのか、もはやそれが快感!期待してる

「坊主かわいや袈裟までいとし」本間アキラ

おお~~~っ、これは、こっ、これは!
ちょっともしかしたら、とは思っていたけれど、やっぱりそう来るか~~!
<嬉しいような何とも言えない、大円のことを思うと爆

これはバレらんないから、弥六とツルツル坊主の恋の方を…
いや、恋が動いてるよこっちも確実に!<笑
寝ている間に…って、やってることはあの10日間と同じ!
<でも大人になってる二人がイイ

扉絵は、後付けの先生方の一言のところで本間先生が言及してる。
「スーツが描きたい!」の欲望から弥六スーツです!貴重品!

そして、関係ないけど…あの、その…最後のページの大コマ。

弥六の眼鏡、書き忘れてますよ先生!
<流れ的に前のページから外す感じじゃないよココ

印象的に、わざとかもですが珍しい。
男の本当に綺麗な瞳でした、ごちそうさまでした。<幸せ~

「ヴァンパイア課長」夏水りつ

リーマンモノですが、猫漫画ですよねこれも!
楽しいちびっちゃいダンボール猫が今回も楽しめま…爆
そして、社長の罠が仕掛けられる~。
安定の課長美麗を楽しめま…す。<す、か!

「不思議の国のチーフ」大和名瀬

うわうわ、これこそ進展しまくり、つかつか先生と日野君ついにチューしてる~~!
もうそれだけで大ばんざいなのは、この作品だからです。<ある意味凄いことです
今までの日野くんの苦労が一気に、いやむしろあっけなく救われてる!
<チーフを使って毎回、漫画家の生活、意識、気持ち、いろんな苦労を教えてくれる先生ありがとう

「啼かない鴉は嗤わない」新井サチ

今言うことではないけれど、タイトル、コレじゃなくても良かったよね。
だって、同時期に語感の似てる別作品あるの解ってたろうに。
似せて興味を持たせなくちゃならないような駆け出しの作家さんじゃない。
<ちゃんとファン付いてる大作家
作品そのものにとってはすごく面妖な良いタイトルだけに、たまたまが惜しい。

でも、そんなこたどうでも良いくらい、毎度面白いよね!
今回は鴉が見事な花魁姿を披露してくれる。
できれば「花魁道中」も見せてくれたら良かったけど…いや、それじゃ事件が描けないか!爆
廓話もすごく良かった!

※でもやっぱり一番のキメの所で(惚れてる、じゃなくて)「愛してる」を使っちゃうんだね。編集さんからの指示もあるのかな?若い子に分かり易くするのは当たり前だとは思うし、逆に「惚れてる」だとストレートな強さが足りなく感じちゃうのも解るけど、でも時代劇で「愛してる」はないんだよねぇ…もう、気にしないで読まなくちゃ勿体ない!イイ話だもの。<爆

「SEX TRUCK RCK'N'ROLL」羽生山へび子

最初に、コレ、まだOWARIじゃねーっすから!<兄貴ぃ~~
珍しい事じゃないけど、入稿時にミスがありました。<先生のミスじゃないよ
驚きましたが、きっとこの最後のコマのあまりの美しい二人の抱擁がそう見えたとしても不思議じゃない。<いや、あっちゃイケナイ間違いだよ!

楽しい三人旅はついにトミーがトラックを降りて、終わりを告げ。
いよいよサクラとヒデ兄が現実に向き合う時が来たのね~!
へび子先生の漫画の中で、一番フラフラと掴めない(でもすぐわかる嘘をつく)「正体不明な」サクラを、ヒデがどう掴まえるのか。
ヒデの叫び「まだおめーのことな~んも知らねぇんだよ!」は、私達の気持ちのようで。

本当のOWARIまで、まだまだ旅を見守っていたい。


ってことで、愛しい「紙」雑誌はこれで最後なんだと思うと切ない10号。
大事に取っておこうかと思います。


[PR]
by apacheoffice | 2013-11-16 18:50 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧