BBN「ぼくのせんせい。」読みました!
こちらはボーイズラブ本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_1901894.jpg


岩本薫先生の新刊は、新進気鋭の腰乃先生とのコラボが楽しい。
(挿絵じゃなくて、あれは挿コミカライズ!)
封入ペーパーの方は、会社を越えた新書館さんとのコラボ。
本編の嬉しいラブラブの続きの裏にはプリベビのちら読みついてお得だ~!


では、こちらから
     ↓





「先生………俺の奴隷になってよ…」

と、カラーの扉絵、腰乃先生の絵の中の台詞が、ガーンとなった先生の顔の前に書かれてありますが。


これ、まったくもって、スーパーに良い意味で。

看板に偽りありまくる!

セレブなスーパー攻め様もアラブの王子も出て来ないし、ましてや人狼など出るスキもないし。<爆

これ、フツーの、いつもの岩本先生からしたら、フツーよりちょいオバカな可愛いオトコノコが、本気の恋に堕ちるお話だもん。

で、そのオバカなワンコがものすごくひたむき。<俺様じゃないワンコわんこ

ただただ受先生に一生懸命な純情で泣かせるよもう~~!<嬉号泣

そして最高に頑張って、目の前の目標に向かって勉強もクリアしていくのがまた泣ける。

と言っても、これ、ああ、いつもの岩本先生の、と思って読むとハッキリはぐらかされます。

初出が合同同人誌?!だったし、普通の書き方じゃなくて限りなく同人誌のノリで実験的に楽しんで書いているのがよく分かる。

高校生の言葉もリアル、リアル過ぎるくらい「じゃ、ちょっぱやで!」とか、軽いわ可愛いわ、普通にいそうで楽しい楽しい。

先生が同じシーンを本当に丁寧に、習作のように受け攻め両側から、なぞるように書いているのも特徴的。

細かいところまで、じっくり読んで楽しめる、二人の恋が2度美味しいワケです!

それから、何より新しい試み、腰乃先生の可愛い高校生コミカライズ挿絵。
今の日本で、ひょろっとした高校生書かせたら世界一だよね!
<日本とか世界とかもうどっちでもいいくらい凄いよね

どの絵にも台詞があって、漫画読んでるみたいなワクワク気分。

特に目の玉ヒン剥いて、後からその…されてるトコなんか、ブルブル震える里見先生がマジ天使。
戸惑いつつも加減出来ない松崎ワンワンが堪らず振り切れてんのがよ~く解って、ツボッたよ~!

ワンシーン、一瞬じゃなくて、コマ割になると、絵の中に二人の時間が流れるんだね。

ここもイイし、最後の方の○○しながらとか、もうたまらん!
<コレは腰乃ファンもマジ美味しい


新書館さんとのコラボ、ピンクの封入ペーパー。

里見先生(もう天使でいいんじゃないかな)が、お風邪のところへ来ちゃってもうっ。

15周年特別小冊子「W」の中でも、松崎×里見センセはらっぶらぶで、夏やすみで離ればなれで電話で…<バレだめああっ!

とにかくこの二人のピュアラブは、岩本界では珍しいほのぼの満足をくれたってことで。

裏面はディアプラ、プリベビ、岩本界きってのツンデレ梗一様のイイトコロが。
<ほらもう受け入れてくれてる爆


今後も月末からまた怒涛の岩本フェスタが始まって、一週間おきに雑誌や本や出まくるわけですが。
<幸せで息するヒマがありゃしない

とりあえずは30日、小説ディアプラ雑誌と角川ルビー文庫「熱愛者の恋」ですからね~!

ファンもエンジン掛けて、しっかり付いて行きましょうっ。(*^_^*)
[PR]
by apacheoffice | 2013-11-06 21:50 | ちょっとおしゃべり
<< サイン本とかペーパーとか! お知らせ >>