バンブーコミックス「光木八尋の甘美な憂鬱」読みました

こちらはボーイズラブコミックスのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_5492323.jpg


たまたま同月に他社から二冊の深井先生ってことで。
次記事で書いてる「六月の丘のひなげし」と、嬉しい連動企画が発動!
それぞれに、キャラが出張するミニペーパーが付くお遊びがイイよ~。
<こういう太っ腹というか、粋なファンサービスの心意気が好感触

で、この本は「南美隆輔の傲慢な正餐」(あのヤクザ幹部と若手弁護士ちゃんの子鹿ちゃんラブ)のスピンオフ。

先に当て馬で出演していた(笑)組御曹司、豪太郎と幼馴染みで今や若手カリスマ美容師、八尋君の恋ですよ~。


ではこちらから
     ↓










まずは表紙、雰囲気があるキレイ肌色率ほぼ100%で麗人麗人~!
<早くも深井ぃ

「スワール-Swirl-」&「光木八尋の甘美な憂鬱」

ヤクザらしいと言えばこのカプの方がヤクザなのが面白いよね。
グレ犯チンピラもんを、小指一本で捻り潰す、みたいな。

やっぱ未来の組長、トップの器だ豪ちゃんかっけー!
<でもぐるぐるです

で、お相手が負けてないよなカリスマ美容師、久々の強気受けだ。

そしてファン垂涎の夢にまで見た深井絵で見る

超豪華数坪風呂(の洗い場)エッチ!

これ、ありそうでなかなか拝めない貴重品だよね~。

しかも、受けが堂々、攻めさんの上に乗り…
と言っても伏せてなくてしっかりマウント取ってモノに腰を落としつつ、攻めさんの胸にドカンと足の裏を載せ…

つまり八尋がなんと足の親指で、豪太郎のチ○ビぎゅ~摘んでますけど!!!

決してありきたりのもんなど見せない、流石過ぎて涙が溢れるよ!

深い、あまりに深スギル、深井先生のチ○ビへ愛。
<あぁ優しい攻と美味しいチ○ビがあればこの世は天国

そして、ここでも他人が家族になるための、簡単で大いなる秘策を思い知らされる。<ソコもスキ

高校生の豪太郎が見せるカタの付け方。
恐しい大ヤクザの片鱗にビビリつつ、読者は心から安心する。

どんなお話でも1箇所グッと考えさせられて、読む人すべてに「救い」と「安堵」をくれる、深井作品がスキなんだ!

と、あとは教職実習生同士とか、コンビニ商品開発部署話といろいろ楽しいんですが…
このご本の一番のヒットはこちら。


「糸も半ばの物語り」&「糸、各(おのおの)の物語り」

りっ、りっ、りば~~~~!り、り、りば~!<嬉しいので2回歌う

深井さん、父子に近い年の差、しかも家族のように育って来た男の子が大人になって…、な話が凄く上手。で、コレは豪快な娘が連れて来た近所の(ネグレクト?に近いかな)男の子とのお話で。

この本当の家族(父娘)と疑似家族(ご飯食べに来る子)の分け隔てない暖かさ。
高校生になってバイトして、律儀に食費を入れる遠慮がまたイイんだな。

そして娘に対する父親の心理を上手く絡めて42才の男の揺れる心を上手く書いている。<笑

リバもずっとじゃない感がまたイイ。

「見てみたくねぇか?俺がお前のことどんな風に○くか…」
そうそう、ソコですよ!男と男じゃなきゃ出ない殺し文句!


連動企画、オマケペーパーは八尋と豪太郎の可愛いレストランデート(じゃねーな!)楽しかった。
[PR]
by apacheoffice | 2013-07-04 09:33 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧