MAGAZINE BE×BOY 2013年7月号「YEBISUセレブリティーズコミカライズ」最終回

こちらはボーイズラブ雑誌のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼お許し下さい。

c0197761_1846341.jpg


私達ファンにとっての永遠のエビの一番。
久家有志と益永和美の「初めての恋」は、またも究極の切なさで私達の胸を締め付け、そして心から温かな気持ちにさせて…

あぁ、ついに感動の最終回が来ちゃったよ!

書店の開店と同時に買ったのに「見たら終わる、読んだら終わる」と思うと、用もないのに買い物行って美容院まで行って…
<ファンの気持ち、みな一緒

ってことで、お読みになった方だけどうぞ
     ↓







抱き合う二人、優しく益永さんを引き寄せる久家の腕。

この扉、見ただけで幸せが溢れ出るよね~♪
凄いなぁ。

不破先生が教えてくれる、久家益の新しい世界。
岩本先生の文字の世界に、まだまだ新しい瞬間を息づかせてくれています。

だって、スマホが、スマホが床に…落っこっちゃってる!<あ~っ

絶対に、いつまでも、この二人は幸せでいてくれる。
そう思わせるマジックが、最終回にはたくさんあって。

もう、全コマ解説入れたいよ!←迷惑どんだけ

もちろん結ばれるまでのやりとりも何とも(判ってても)ヤキモキしちゃうけど。
事務所のロビーで帰って来た久家の胸に飛び込む益永さんが…

もう、涙で見えないじゃないか!←ファンどんだけ

そしてようやく自分の部屋に招き入れた(久家が自分の中に踏み込むことを許した)後のHが堪りません!

不破先生、本当に熱く描いて下さったんだと感じるよ。

脳内はもちろん神奈&進歩ですべての台詞がグルグル回る~♪
(全部捨ててもいい…←この久家台詞が恋の全てと今も信じてる!)

イク時、唇をどちらからともなく求め合ってるのに泣ける。
そして、一つになった二人がほぼ真横から描かれてて、その、結合部がぴったりくっついてて…ああっ!

「俺の…入ってるのわかる?」

って、ソレ絶対中で動かしてるよね!←奥様どんだけ

それくらい、幸せが溢れてる、お互いが狂おしく求め合ってる素晴らしい情愛のシーンだったってこと。

「もっと…奥まで…」の最高の泣ける受台詞の後で
凄い力で久家がガツンとキテるのが本当によく分かる。


絵って素晴らしくてわかりやすい!


激情の最初の波がまだ引かないうちに、王子のワガママ無理強いな第二ラウンドが始まるんだけど。

ここでグワッと久家が(和実を抱いたまま)身体を起こして対面座位に変えてたってことが判って泣けた~!
<なんて素晴らしいコロンブスに教えてやりたい大発見

激しいエッチも優しいピロートークも。
絵で見てもホントにイイ。<当たり前だがずっと二人とも裸

後半ずっともう裸!←幸せなHが延々のエビどんだけ

そして最後の最後。

CDでも小説でも、和実が心の中で語るモノローグ。

「ワガママで俺様で…」の久家のことをあれこれ言うところ…

それを不破先生は「絵」だけで見せてくれた!

なんの文字もなく、益永さんの表情だけで。

久家を心から、たまらなく愛おしく可愛いと思う、ほんの少しだけお兄ちゃんな和実の微笑み。

「愛してる…」の一言が、どれだけそれで輝いたことか。


まさに究極の「初恋」の物語り。
最高のおとぎ話としての夢を見せてくれた久家益に、涙とともに感謝の言葉を。

岩本先生、不破先生、ありがとうございました。


別れが辛い、でも温かい…
[PR]
by apacheoffice | 2013-06-07 22:31 | ちょっとおしゃべり | Comments(8)
Commented by まるまる at 2013-06-08 18:20 x
こんにちは~
じっくりゆっくりねっとり読了であります。
最終回も最高でございました。
色々とワーキャー言いたい所が満載なんですけど、最後の益永さんが
「有志」と名前呼びする甘く優しい横顔に全部持ってかれた感が!
フッと一緒に笑みをもらしてしまいました。
そして堪らなく切なかった。
あぁ、もう終わりなのねって...
漫画で見られるなんてありがたや~ありがたや~((orzと思ってたのが、
終わるとなったらもっと!もっとこいよぉぉぉ!!になっているというね(苦笑

初見時から数年たっているけど、何度読み返しても飽きることなく
心を掴んで放さない素敵な作品を世に送り出して下さった岩本先生、不破先生に乾杯
Commented by apacheoffice at 2013-06-08 19:31
まるまるさん、こんばんわ。

恋の切なさ、別れの痛み。
何度も何度も私達にそれをくれる「YEBISUセレブリティーズ」というシリーズに感謝しなくてはと思います。

終わってしまっても、またこうしてまた再会出来るなんて!
そして、当時と変わらない愛しさと痛みをくれるなんて。

まったく、先生方の生み出した男達はなんて罪な奴らなんでしょうね!
<惚れた私達が負け

今回のフェスタも本当に楽しかったのは、こうしてファン同志、語り合って萌えられたからとも言えますよね~。
ずっと続く、ファン友の輪も私にとっては「先生方の下さった宝物」です。
<一生、足を向けては寝られない~♪

熱いファンが居る限り、またどこかで彼らに会わせて頂けると私は信じています。
一緒に乾杯しましょう。(^^)/

Commented by moon at 2013-06-09 17:04 x
ダダ漏れている熱き想いに ブフフッと吹き出しながら(もちろん、決して嘲笑ではなく)
実は本編を読めていないのに 読んだ気になれるほどおなか一杯です
明日絶対手に入れなければ…
まだまだこの二人のエピはありますよね!?コミック化続かないかなぁ…
Commented by apacheoffice at 2013-06-09 22:39
moonさん、こんばんわ~♪
ちょっとぶっ込み過ぎたっすね。<この世代特有の暑苦しさイイですよね

どうぞ本編をじっくり読まれてからまたお越し下さいませ~。
不破先生もツイで「編集部にリクして下されば次があるかも」と仰っていらっしゃいましたが、これはもう葉書をアンケ葉書を出すしかない。
それが全てを動かす一番直接的に効果的に素晴らしい天下の宝刀です。

絶対に続きが、久家益も他のカップルも読みたい~。

私もこれから溜め込んだ4枚分のアンケ葉書を書きます。(^^)/
Commented by まるよ at 2013-06-10 00:30 x
表でははじめましてです。

見つめあってる扉絵から(連載2回目は背中合わせでしたよね)ラストまで幸せ溢れる最終回でした。
特にラスト2ページはもう、もう…。
やっと俺様モードになった久家とそれが強がりだって分かっちゃってる益永さん。
「有志」
「愛してる」
の言葉と二人の満ち足りて幸せそうな表情。

でもやっぱり久家じゃないけど「こんなんじゃ足りない」です~。
ああ、続きが読みたい。この4ヶ月、お給料日より7日を楽しみにしていたのに。
アンケート出してリクエストしてみます。
Commented by apacheoffice at 2013-06-10 21:54
まるよさん、ようこそお出まし下さいました。
こちらにもどうぞお気軽に、愛を叫びにいらしてくださいね。(^^)

扉、そうそう、背中合わせもステキでした!
そしてラストは抱き合ってくれたんですね。
あぁ、まるよさんに教えて頂けて感動です。

「有志 愛してる…」の進歩さんの声は、あまたBLCDの中でもダントツの甘さだと私は思っています。
この一言を聞くためにCD頭から何回聴いたかわかりませんよね~!
また、皆さんと一緒に最初から聞きたいわ~♪

うちの事務所では泊まり掛けのお得意様慰安旅行も開催しております。
その晩はもちろんDVD・CD大会ですから、是非、またの機会に参加検討してくださいませ。(^^)/

Commented by ミズイロ at 2013-06-13 01:22 x
あぱっしゅさんの感想を拝見して、またまた涙が・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

ほんとに幸せな4ヶ月でしたね!
そして、いっしょに盛り上がれて大変光栄でした。
って過去形にするのは寂しいので、これからもコミック化とか、
もしかして次のコミカライズとか、ノベルズとか(?!)、いろいろ楽しみにしたいと思います。
ご本家で動きがなくても、私にはあぱっしゅさんの二次創作というプレゼントがありますし♪  
(父の日のお話もステキでした)

>久家を心から、たまらなく愛おしく可愛いと思う、ほんの少しだけお兄ちゃんな和実の微笑み。

ですよね!
素晴らしかったです❤
Commented by apacheoffice at 2013-06-14 02:08
ミズイロさん、ありがとうございます!

なんだかこのコミカライズをきっかけにして、うちの事務所にお越し下さる若い女性もたくさんいらっしゃって、エビリティーの本気の強さ、色褪せない作品の魅力に新たに感動する日々です~♪

すべては岩本先生のお陰。

私のような偽もんまがいモンではやはりダメですよ!
もともと、岩本先生の連作の合間、新作を待つ時間をエビとともに過ごしていたいと言う思いから、そしてこうしてミズイロさんのような才媛と(ファン友として)お知り合いになりたいから、こんな恥を晒している私。

私のは適当で結構ですので、岩本先生の新作を待って一年を大事に過ごしたいです。


これからもどうぞどうぞ宜しくお願いいたします。(*^_^*)
<< リブレ出版HP「岩本薫15周年... Godfather >>