BBC 「マウリと竜」読みました。

こちらはボーイズラブコミックスのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_23385754.jpg


元ハルヒラ先生の描く不思議ちゃんの世界が今度は神様に!
いや、もう理由がないからこそ私、立派なファンですよ。
<自分でも判らないけど掴まれてる

土地を巡る神様たちと人との恋物語。

BL健気ファンタジーなら元ハルヒラ!

ってことで。

ではこちらから


     ↓






元先生の作品の魅力を一度きっちり箇条書きにしてみましょう。<わかりやすく

・受けが人生にちょい後ろ向きで自己イメージが悪いのが特徴だよねぇ~♪

・そして、それがぼんやりした攻めにメチャクチャ愛されちゃうんだよね~♪

・攻めの台詞が「待てんよ」「目が離せんね」など特徴的で包容力がある~♪
<どこにでもありそうでなさそうな方言?

・トラとか竜とか人じゃない人と、人のお話がイイヨ~~♪

・究極のご都合BL展開なのがあまりに潔くて泣けてくる~~♪


全部が全部、先生でなきゃ書けないと思う。
<あのデフォルメなキャラも、アウトラインに色付けただけの悪役も!


だから…好きなんだ!<今ようやく気づいた模様

で、今回のツボはね。

恋をすると、相手の種と同じ姿になってしまう「ザ・神様~ず」←スミマセン、ネーミング今考えました

世界昔話な舞台が、またこのお話に合ってるよ。

「子供…作るんだよ」が、究極の愛の言葉。

種族が違うからこそのこの言葉のチョイスにうっかり泣かされた~~(>_<)

温泉も衣を着たまま二人で入るんだけど。
湯浴み着、というか、温泉に入る時に着衣なのがまた本当の昔話でまたいいと思う。

表題作には、ちゃんと赤ちゃん竜まで生まれます!
形が竜だから、卵で産んだのかな。
<元気に育って欲しいよ~

個人的には「常春の狩人」が一番スキ。

春を告げにやってくる「ことり」(マジで鳥)の神様感情表現がたまらないし、攻めの(ハーフ)ジーンも優しくて一番にカッコイイ。

物語りも「森はいきている」みたいに神様たちが季節を司ってる感じが懐かしい。
恥ずかしいと、ブワッ、と回りにお花が咲いてしまうんだね。<かぁいいぞ
ラストの展開も、まるでジ○リ映画を観ているみたいにダイナミック!ト○ロ~!

ちゃんと考え、自分で解決。<成長がハッキリと判る

エッチはほぼないし朝になるし。<それが芸風、それで良し


で、ここまで読んでも、でもやっぱりまだ、ちゃんとした好きな理由がわからない。

それを探して。

また読み返そう。
[PR]
by apacheoffice | 2013-05-21 00:25 | ちょっとおしゃべり | Comments(2)
Commented by 季菜子 at 2013-05-21 06:05 x
おジャマ致します~♪

これ、私も一番手近に置いて、ちょっと時間があるとパッと開いては、
その箇所から眺めては読み耽る…を続けています。
何か、後から後から、じわじわくるんです~~~

どの子もどの神様も、可愛くて健気でちょっと切なくて…
そして、ヘンなの♪
私、最初の神様のデフォルメというか、キャラ崩壊というか、あのカット
でチュドーンときちゃいましたよー!
あの可愛いことり、闘いの後、ジーンに抱き上げられた時の正面顔が
まるでのりたまのケースだし!
健気大蛇な白峰の眷属(?)の、緑のちっちゃいのなんて、茹で過ぎ
空豆~☆

とどめは、子ども竜の「ちー」って鳴き声でした。
あぁ~ これが萌えなのね~~~♪

と、語り出すと、何故か斜め方向の話ばかりになっちゃうんですけど、
何より物語そのものから、ちゃんと大地の春の目覚めの香りを
感じられるから、こう、こちらの根っこが掴まれちゃったんでしょうね。
Commented by apacheoffice at 2013-05-21 12:48
季菜子さま~!
そうなんです、私もまったく同じです!
近くに置いて、コーヒー飲みながら、ふと手にとっては読み返す不思議。<これが元マジックなのか

なんとも言えない空気感、良い具合にしつこくない印象の薄さ。←褒め
読者に媚びていないから、何度読んでもふんわり良い気持ちになっちゃうんですよね~。
(濃すぎないって素晴らしい)

そうそう、子竜の「ちー」にも爆弾やられました!
ってことは神様にも「ちー」な時代があって、パパと人間のママがいたのかな~と思うと堪りません。

この不思議な魅力に、私もしばらく浸っていたいです。
またお逢いしてじっくり元研究語らせて頂きたいです~♪
<< Godfather 7月新刊情報キタ~~~! >>