「囀る鳥は羽ばたかない」読みました

こちらはボーイズラブコミックスのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_1523261.jpg


【あらすじ】ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長だ。金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。
傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる!


4年半振りのヨネダコウ先生、みんなが待ってた新作!

しかも、何ですかこの表紙!帯も裏も素晴らし過ぎる!
<レジェンドオブ表紙絵構図

ブログも密林も大絶賛の嵐、こういう辛い優しい優しい辛い作品がBLの一つの神髄だという証拠。

特に私が出て語ることもないくらいですが、よかったらこちらから
     ↓






書かれているようで、そう言えば今までなかった。

どM淫乱受けのヤクザの幹部!

なんとも悲惨で複雑で、人のヒリヒリする渇いた哀しみと、チリチリする辛い絶望とギュルギュルする切なさが次々に波のように寄せては通り過ぎる。←ナニ言ってんだアタシ

これもある意味、良い意味の「大オリンピック作品」
<好き嫌いで語れない読むことに意味がある良作の意

高校時代の切ない、(物語りの始まる幹となる)「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」を最後の掌編に持ってくる所もイイ。

私個人の趣味だけで言わせて貰うとですね。
本編前の影山とチンピラ久我「Don't stay gold」を、もう少し突っ込んで読みたかった。
フェチがうまく浮き上がるように書いてあるからこれでいいんだけど、私が影山に惚れたからかな。<もっとくれ

百目鬼の妹との話もなんかイイ具合に矢代さんイイヒトでギュンギュンしちゃうんですけど!
<ヤクザもんらしい話の付け方堪らん

名作というものは、読者の中ですぐに生きて動いてしまうもの。
つまり、作者が何を書いても、ああそうそう!そんなこと言うよね~!ってことになる。
裏切られればまたグッとくるし。<爆

ペーパーも良かった!まさかの大人買い!あんな風にしそうだよ!しそう!

続きが待ち遠しいなんて、贅沢極まりない時間だ。
切ないナイフを当てられてるみたいな話なのに、楽しみ。
[PR]
by apacheoffice | 2013-02-08 15:30 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧