「花丸漫画vol.7」読みました
こちらはボーイズラブ雑誌のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_2047261.jpg


新井ミチ先生の表紙絵は寒椿。
ちなみに一月の色と言うのは想い紅(おもいくれない)。
寒椿の深い紅色だそうで…

そんな季節の色は暖かで、散歩する青生と颯を見ているだけでも心がほっこり。

で、中身の方は新連載開始の羽生山先生がぶっとんでて、本間先生は急展開!濃くて熱くて…ああっ爆


ではごく一部のみ語ってますがこちらから
     ↓








c0197761_20562576.jpg


ああもう見てよ、このぶっ飛んだ巻頭カラー!

羽生山先生の新連載「SEX TRUCK ROCK'n'ROLL」

得てして小説とか映画とか、物書きを生業としていらっしゃる方々は、誰もが一生に一度は「ロードムービー」なるものを書いて見たいと思うものだそうで…

旅には人生の全てが凝縮されてる。
だからミュージカル映画の「プ○シラ」とか、忘れられない名作が沢山あるんだね!
そして、これも3人旅、ドラマが生まれるのは3人って決まってる。

クールなのに情に脆い、一匹狼なトラック野郎のヒデ兄と。
舎弟、じゃなくて自称ロック青年チャラ男代表トミーちゃん。
最後に謎の美女、じゃない、ヤーの影がちらつくミステリアスな朝倉(さくら)さん。

さぁ役者は揃ったよ!いろいろあって旅に出る、そのイロイロが初回ガッツリ面白かった。

つか、カラー裏、トラック野郎男と男のバックしまぁ~す、ですでに大爆笑!
光る導入に悶…ああっ、ソコんトコ読ませろや~っ!<スキです

そして、フワリとした朝倉のテーマソングはこちら。
本から音は聞こえて来ないけど、へび先生がカーステから鳴らし指定してるんで(爆)貼っときます。

一昨年亡くなったエラおばさんの名曲「My Happiness」




もちろんギャグの応酬も30秒に一回、浜○に汚車親○にまさかの新喜劇にバブルガム~!<ええっ
彼らのこれからのチン珍旅中に期待です~。←何か多いが気にしない

本間アキラ先生の「坊主かわいや袈裟までいとし」

ああもうついに喜びの舞、40Pって素晴らしいですねっ!
急展開で恋がこんなに一気に動いちゃう。<ああん待ってたよ~
つるっつるな大人の大円ちゃんにももう随分慣れた気がしていたけれど。
弥六クンの大きな手のひらにグッと掴まれてポンポンされると、やっぱりもうそれは世界一可愛いボールにしか見えない。悪い妄想をていっ、ていっ、とあっちいけする仕草もたまらん。
そしていつかその、あの、は、は…ハ○カとかになったらどうなんのーっ!
<毎回どーしてもソコに行き着く妄想大往生

弥六クンの中抜けだった生い立ちも今回よく解ったし、次回がマジ楽しみです。

あ、そうそう、ロックバンドの親父の部屋に、ガ○ズやらKI○Sやら商業ロックな80年代大爆笑だったけど、ロックとファンキーは別モンですよ弥六くんっ。
<そこたいしたトコじゃないのね笑

新井サチ先生「青い風の吹く街で」

心洗われる良いお話も、今回が一番の山場ですね~!
颯の大らかな男気に泣けて、人と人の温かさが胸に染みて…綺麗な涙がボロボロ来る~。
そして、こんなに爽やかな二人のくせに、浴衣のエロさたまらん驚かされるわもう!
余裕ないくせに、しっかり(主導権)握ってるとこかああっ…

岡田屋鉄蔵先生「千~双頭の蛇」
これも一つのロードムービー…
辛い旅の合間の、こんな一晩に心が満たされ、切なく乱されるよ。
で、オヤジな千様にニヤニヤしちゃうわ。
そして、ついに不老不死の仕組みに迫るのか?<次回を待




って、ことで、相変わらずチーフはぽてとスキーだし、課長は猫がスキーだし…語ればキリないので終わりますっ。
[PR]
by apacheoffice | 2013-02-07 22:43 | ちょっとおしゃべり
<< ihr HertZ (イァ ハ... 「ライアテア」読みました >>