「タンゴの男the final」読みました

こちらはボーイズラブコミックスの話題となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの個人雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_1364170.jpg



タンゴっていいよね~~~!

男と男、(起源からそう)それは呼吸であり言葉であり音楽でありセックスでもある。<つまり生きる全て

この心絞られる切なさはBLでこそ描かれるべきものだと思っていたけれど(映画舞台じゃ散々いろいろあるけど漫画じゃなかったもんね)

岡田屋さんの太い絵でそれが読めたのは幸せだった。

途中雑誌廃刊で途切れてしまったという運命の悲劇さえタンゴに相応しいと思える程。

それくらい人生は思い通りにならないものなんだ…

なら、せめてこの刹那、タンゴを踊る。
<いや読む爆

つまり、前に収録されてなかった初回短編と最後の書き下ろしの為だけに、そして自分の中の切なさを反芻、愛を完結させる為に買うんだね!
<レッツ今こそタンゴの悦楽!

ってことでよろしかったらこちらから
     ↓







もう、語らずとも良いと思うんですが。

メロメロに最初収録された(私にとっては幻の)短編が読めたことが本当に嬉しい!
ラテン好きには堪らない設定に数々あるタンゴ映画や音楽に触れてきた私達の年代ならなおのこと。

世代のコトを言うとさらにかな~り個人的なことになるけど、実は私達奥様世代の(爆)親世代、今の70代前後の高度成長期の日本人にはアルゼンチンタンゴの一大ブームがあったんだよね。
(もちろん、同時期にビートルズ来日とかもあった混沌とした洋楽時代があったんだ!)


白い犬首傾げマークのついた観音開きの有り難い年代モノのステレオがバリバリ新品現役。
(相当金注ぎ込んだろうな父)

ターンテーブルから聞こえてくるチリチリ言うレコードノイズのなんとも素晴らしい哀愁、バンドネオン、ビックバンドで奏でるタンゴのゴージャスさ。

ま、つまり言葉を話すか話さないかの赤ちゃんの頃に、昼寝にそんなもんを聞いて育った世代なので。
<どんだけ遙か彼方の時空

タンゴが好きなんです!<ソレ刷り込み

空気を相手に男が一人で踊るのも良いけど、やっぱりリアルでガッツリ男と男で踊るのが一番だよ!<ああっ

今は堂々とは見られないものを、こうして岡田屋さんの絵で読めたことを歓びたい。

そして、ここから始まる(一番に語られるべき)二人の愛とダンスの苦悩の日々が、ほぼすべて読者の妄想にスッパリ委ねられたことも今となっては素晴らしいと思える。
<語り尽くされた既存作と同列にならない点でも

上手く言えないけどそうとしか言えないよ、

書き下ろしを読んで、そこで初めて読者それぞれが妄想した30年の日々を完結出来たってこともまたスゴイな。

普段「薄くて少し分厚い本」を買いにいけない私だけれど。
こうして、商業で書いてくださるのは本当に嬉しい。
千も楽しみだし、歴史もいいけど、ラテンもまたどこかで書いちゃくれないですか。


ダンスコンクールとかタブリエきゅ、っと締め上げた腰と腰とか、優勝したら俺達…とか革命がキャーとか闘志がどうだとか、流血だとか銃声だとか兄貴いぃ~だとか…個人的には今年、ピアノでピアソラのブエノス冬を弾くので是非ともラテンモノ読みたいっ~!←妄想果てしないので終

待ってますっ!





※以下脱線余談
関係ないけどあと同時に買った「○嫁5巻」も面白かった~、もうこれは美術画集を買う気分で買うよね!
賑やかな祝宴、愛とお金の大事さと(爆)
若夫婦の日々の暮らしを淡々と静かに描いたまるでフォトグラフのような一遍もまた佳しで。

年末からこっち、1月も良作どしどし、かわい先生の新作とかコミックスも岡田屋先生ヨネダ先生の新作も出て忙しい~♪


【以下拍手コメ御礼】

01/17 22:57 いつも楽しくよんでいます、と書いて下さった非公開様
限界まで拍手下さってありがとうございます、いつもお越し下さってるとのこと、こちらこそ、こちらこそですよ!今年もどうぞご一緒に宜しくお願い申し上げます。

同日23時に拍手下さった方、ありがとうございます。またどうぞお遊びにお寄り下さいませ。
[PR]
by apacheoffice | 2013-01-18 14:12 | ちょっとおしゃべり | Comments(5)
Commented by あけみ at 2013-01-18 15:07 x
あぱっしゅさん、明けましておめでとうございます。
めちゃくちゃ今さらですみません。

今年も一緒に萌え滾りましょう!

さて、これって新装版なんですね?
描き下ろしが収録されるのかぁ。
いや、これは悩むなぁ。
すごくすごく気になります。
『タンゴの男』面白かったから。
しばらく悩みます。
Commented by apacheoffice at 2013-01-18 15:40
あけみさん、うわうわ、速攻のご訪問すごく嬉しいです!

今年も滾って、感想読ませてください!<ただのファン

これ豪華な装丁の新装版、前の黄色い本の再録が三分の二以上になりますが、ラストの書き下ろし、何故かあのニ○ーヨークニ○ーヨークを思い起こさせるような大団円で私は泣けました。幸せで!

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。(^^)/
Commented at 2013-01-20 20:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Apacheoffice at 2013-01-20 22:02
2013.0120.2009の非公開様~♩
わ~それじゃ私たち、入れ違いで読み合っていたのですね!有り難くて嬉しくて踊り出しそうですヽ(^。^)丿
ピアソラは実は連弾で弾くんです。
ご近所に気の合うママ友がいてピアノの腕も同じくらいの幸運!大人同士の色っぽい曲が出来るのが嬉しいの。
ブエノスアイレスの四季はどれも素晴らしいんですが、手始めに冬から始めてみることにしました。
今のところブラームスのハンガリー舞曲で6月のレッスン発表会からピアソラにチャレンジします!

それから非公開様のジャンル別ランキング、いつも凄いのご自身はご存知ですか?(^・^)たまにはご覧になってみて下さいませ!<私も嬉しい~♩
今年も宜しくお願い致しますします。
Commented by Apacheoffice at 2013-01-20 22:06
あ!!×致しますします、て。(^◇^;)スマホから長文キケン
○致します。
<< 事務所倉庫へのご案内(追記アリ) Dear+2月号「ヘビー&ビュ... >>