ガッシュ文庫「リフレイン~君の心を眠らせないで~」読みました

こちらはボーイズラブ本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_22262677.jpg



鳩村衣杏先生、作家活動10周年に、素敵な企画が動いていますね。
小説帯、みてみて~!キタ~~!<全プレ
しかも「部長の男」も連動ですってよ奥様っ。

そしてそして、何より私の1番好きな「君の心を眠らせないで」がこうして文庫化、小椋ムク先生の柔らかいイラストを得てもう一度手に出来る幸せが…うっ、うっ、嬉しいよ~~!span>


バレないようにちょっとだけ、こちらから。

           ↓






単なる記憶喪失モノなら、こんなに何度も泣くことにはならない。

そこは、鳩村先生だからね。<うん

あぁ、もうもう何度も読んでるのに、やっぱり号泣しちゃうじゃないか!

途中から、まったく逆の方向で繰り返される恋のプロセス堪らないよ。

そして、司の日記が出て来る時点で、もう顔麺ナイアガラ。
<切なさMAX、年取ると余計に涙脆爆

辛いけど、優しく、揺れる心と寄り添う身体を、何度もこうして読むことになる。

最初に諒一の視点でドキドキして。
途中、司の視点でまた逆側からの、切なく強い思いを知るんだな。

何でこんなに泣けるかって言うと。

そこに、男の子の「恋」がちゃんと書いてあるからなんだ!<ううっ

多少の狡さもワガママも、弱い部分もちゃんと持ってる男の子。<の正直な気持ち

が書いてあるからこんなに泣ける。

そこにムク絵の良い仕事。
司の「インテリでちょっと掴めない感じ」とか、諒一の「優しさ故の臆病な感じ」とか。

すべての空気を優しく描いてくれたことがさらなる感動を上乗せしてくれたと思う。
こういう繊細なストーリーに、ピッタリ、素晴らしい~!


巻末には当時の雑誌掲載の短編と書き下ろしSSが一つづつ。
クリスマスのお話と初夜w1周年記念wのお話でケーキを挟んで(時間軸は行き違うけど)自然に続けて読めるのもイイよ。

諒一が、何気にだんだん、いや、すご~く、熟れてきてるのも凄い描写
<ああっ


しかし、文庫で良いタイトルが付いたな~。

リフレインは最初の出版の時に候補になっていたものらしいけど。
今となっては直接コレだけにならなくて良かったと思う。

リフレインだけでも、君の心を~だけでもなく、両方が大事。

私達の心もまた繰り返し求める。
「人の心」を描く良い本を。

ってことで。

話題は鳩村先生の他作品になりますが…
「ドアをロックするのは君」のSS「any given day ドアをノックするのは誰? 番外編」がいま電子書籍で無料で読めるようになってますね。頼久への泣けるプレゼントのお話ですが、これタダでいいんですか?てなくらい、ちゃんとLOVEラブえっちなお話でした~。さっすが甲田×頼久ゴチになりますっ。

お目出度い10周年の記念の年、これからも沢山の鳩村先生のご本が読めますように。
[PR]
by apacheoffice | 2012-10-02 00:21 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧