「HARD TIME ~ DEADLOCK外伝」読みました。
こちらはボーイズラブ小説本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_2017194.jpg


英田サキ先生(イラスト高階祐先生)
こちらは幸せなことにCD、本ともにシリーズ完結したDEAD LOCKシリーズの続編。
スピンオフとは呼べないくらい、全カプ&全キャラがしっかり出てる!

あの…誤解を恐れずに言いますよ。

こりゃもうね…
大きな大きな「小冊子」だ!

<金出せば読める幸せ半端ない


ではこちらから
     ↓








まず、ディック、今回珍しく出過ぎでしょ!<大爆

いや、それが嬉しいでしょ!<続編だもの

幸せな二人は、完結してからもずっと小冊子や何かで続いてる。
その小出しがガッツリ読めるんだから、これがファン転がらなくてどーすんの。

今回の主役はワンコ刑事の×売れっ子ミステリー作家

アメリカの作家自身に巻き起こるミステリー。
良い意味で翻訳モノ、ペーパーバック読んでるみたいな気分で一気に読むのがイイよね!

(アメリカンドリーム、ロスの豪邸描写が全シリーズにはない美味しさだよね)

そこに絡む愛すべきディックとユウト、ロブにネト。

そして、何より今回、パコが準主役級~~!!

ところどころで語られるパコの思考、垣間見られる心情がね、前シリーズにはなかった幸せだ。


一つだけ、残念だったのは(解って買ってるんだけど)
豪華装丁本なのに、挿絵が一個もなかったこと。
<まさにそこまでペーパーバック?!

沢山のシリーズ初登場人物がいるのに、絵がないからイメージが一発で掴めない。<泣

ほら、良くある翻訳ミステリみたいに、最初のページに顔だけのラフでいいからあったら良かったのに。
<ますますペーパーバック様式でイイのに

関係図までなくていいから、お顔がちらっと欲しかった~。<ジタバタ

まぁ、この飢餓感は来月のコミカライズ本ですっかり晴らすってことですね
<そこで2冊連動全サなんですね

上手いわ。

いやファンにご褒美のような、こんな思いがけないプレゼント。

前シリーズではあんまりしゃべってない(笑)ディックが、こんなところで脳内ガッツリしゃべってくれるなんて。(安元声だよありがとう~)

これもしっかりCDになっているシリーズならではのお楽しみ。

またの機会がありますように。
[PR]
by apacheoffice | 2012-09-19 21:39 | ちょっとおしゃべり
<< 「ドアをロックするのは君」読み... 「極道はスーツで愛を貫く」読み... >>