「憂鬱な朝4」「新宿ラッキーホール」読みました。
こちらはボーイズラブコミックスのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_22131859.jpg


待ちに待った桂木様4、そして雲田せんせいのBLの新刊を真夏のご褒美に買って来た~♪
どっちも話題作、特に桂木様は最寄りのメ○トで品切れ、ちょっとハシゴして探しちゃったよ!

ではこちらから
     ↓



まずは「憂鬱な朝」4巻ですが。

名物の表紙花はどうやら「立葵(タチアオイ)」みたいですね~。
だとすると花言葉は…

平安・ 単純な愛・ 熱烈な恋・ 威厳・ 高貴・ 大きな志

つまり、心は平安を求めているのに、愛は単純なほど愚かしく、恋は身を焦がすほど熱烈で、誇り高い魂は威厳に満ちて高貴な、大きい志を抱いているわけで。←長いしよくわかんないよ

でもでもうんうんうんうんうん!<全部勝手納得

4巻は愛の大河が大きく流れを変え、怒濤の大海へと注ぐ直前のようなトコロです。

ふと忘れそうになるけれど…

これ、若い、若造の二人が(敢えて言えば)大人達へ、世間へ、時代へ刃向かい苦しみ、成長していく物語。

この巻では、成長した暁人様がしなやか過ぎて強くて泣ける。
そして慌てふためく桂木様は可愛く、決意した桂木様はただただ高潔で美しいよ。

苦労して風呂を沸かす暁人が、すすだらけになっていることにこそ萌。
<いや全ページ萌っちゃ萌え

そして、しっとりと優しく乳○をチュっと吸う暁人様の「男」に萌えたんだ!

余談とも言える「石崎の恋」が見え隠れしてるのもイイ。

桂木と比べられることを激怒するくらい「優しい小ふさ」ちゃんに惚れてるんだね。

小ふさちゃんってどんな人なんだろ。<興味津々

少し年上?弱いクセに強がりの、小粋な姐さんなのか。
<初めての女に夢中になるよくあるパターン

田舎から出て来て苦労して…の、二人きりの時には幼い若い子か。
<愚かなまでの純粋さに絆されるパターン

どちらにしても(芸妓としてお座敷出てるからには水揚げは済んでるけど)身請けするほどの特定の旦那はまだ付いてないんだよね?

や、簡単には行かないみたいだし、もしかしたら政財界の実力者か誰かいるのか。

奥様そっちに妄想広がっちゃったよ。

とにかくある意味、読者はひとときの絶頂を味あわせて貰ったわけで。


これから二人がどんな荒波に揉まれ、どんな岸辺に辿り付いたとしても、すべてを受け入れ、しっかりと見届けなくては!

今回はその心構えを試されているような気さえしました。<腹くくった、今くくったよ!


お次は「新宿ラッキーホール」

雲田先生のBLて、ギュルギュルする~。<文句無し表紙勝利

タイトルと表裏表紙絵だけ見ると、2丁目のゲイバーかなんかのお話しかと思いきや。

何とその手のいかがわしいDVD制作会社のお話しで。<イイヨ~

ポルノスターって響きが、妙に昭和っぽくてイイ!
<○活か、ロマンなのか

893だわ、小指ないわ、お手伝い3ぴだわ、純な恋だわ、かたや適当ーに擦れてるわ。

心にな~んかメロディーが流れる。
<それが素敵な雲田ワールド

組長の息子の話に禿げたよ!さらっとしたラストが軽くて余計に切なさMAX。


あぁ、これ真夜中の大人のドラマ、10分くらいの帯でやらないか。<爆
[PR]
by apacheoffice | 2012-07-30 23:59 | ちょっとおしゃべり
<< 「花丸漫画vol.5」夜明けの... リブレ100%萌えエロ保証フェ... >>