リンクスロマンス「甘い水2」読みました

こちらはボーイズラブ小説のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_1756931.jpg


待ってた!この表紙!

泣ける「アサルトスーツで押し倒し!」

や、もっと泣けるのはカラー&裏表紙の「アサルトスーツでそっと抱き」<遠藤の頭を後からそっと守ってるよ~

誠に、誠にありがとうございます。<北上れん先生素晴らしい

今、ようやくわかった「甘い水」の意味。

そうだったのか…そうなのか…

ってことで、かわい先生の「どやH」が満喫できてしかも泣かされる。
待ってた甲斐あった満足の一冊ですよ。

前作「甘い水」の私の感想はコチラです。



ではこちらから
     ↓







前作の時に、私が「これでLOVEになったらどーなっちゃうの?」と思ったら…

マジで、高校生みたいな恋してますけど!

実家にお泊まりして花火見て、オバサンのご飯食べちゃって、境内の暗がりで抱き合っちゃって、夏の休みの公園でかき氷食べ合ってあ~ん!とかとか!

あ、↑一部脳内脚色してます、さすがにあ~んは無かったか。<爆
いや、もうしそうな勢いだったってことなんですよ。

寮エッチも大量満喫、奥様あまりに嬉しくて、早々に夏用「タオルケット」出して洗っちゃったぞ!<そうそう爆

しかし、甘い水は甘いだけじゃないお話し。
それは皆さんご存じのこと。

そんな甘い恋してるのに、等の遠藤はもう大丈夫か?!な感じで全欲望に素直に爆走。
<ソコがイイんだね

死ぬのは怖くない。<それが遠藤

でもお腹は空く。<それが遠藤

極限状態で「生きる」意味、いや「どう生きるのか」を突きつけられるワケですよ。

不意に(他とは)「一緒じゃない!」と叫ぶ遠藤に、今回私の涙腺は崩壊しました。

他の誰でもない、お前にして欲しいこと。

それが「甘い水」のテーマだったんだね。

たとえは悪いけど、つまり人生ラストの始末をして欲しい人。

あなたは誰にして欲しいのか?と暗に問いかけてるような…
うっかり考えさえれてしまうワケです。

さっすがかわい先生!

こんなに甘い話を書いてんのに、こんなに苦しい気持ちにもさせる。

事件もまたもや緊迫しまくり、命の瀬戸際に飛び込んで行く男達だからこそ、描ける世界があるんだね。

そして、もうゼイゼイ、危機を乗り越えた後には、かわい先生が「いつも糖度が低いと言われているから」と渾身の「どや温泉エッチ」を書き足して下さってますが…

あのあの、もう~モチロンありがとうございますなんですが…

甘いってのはもっとドッロドロ甘っ甘の事言うんですよ。<えええっ

お湯の中を遠藤が嫌がったって聞いてやっちゃダメでしょソコ。

でっかいドーベルマン神宮寺が振り切れて、無理矢理はぁはぁがっつがつするトコでしょ!

「今夜は、あんたを制圧する…」

とか、言うとこじゃないのっ!←ソレ私だけですね(勝手にねつ造イケマセンね)すいませんすいません

そんな台詞で笑い取っちゃかわい先生じゃない。


いい話、考えさせられる話。
こういう話で萌えたいの。


謎の美人、篠口さんに関してはまだまだ謎は謎のまま。
きっと次こそ来るのねっ。
[PR]
by apacheoffice | 2012-06-08 18:38 | ちょっとおしゃべり | Comments(0)
<< EDGE COMIX「先輩」読... 祝創刊!ihr HertZ (... >>