ルナノベルズ「愛玩人形」読みました
こちらはボーイズラブ本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

c0197761_2343041.jpg


【あらすじ】
人形のように愛されること──それも愛なのでしょうか
人形師としてひっそりと暮らす琴耶。だが、偶然出逢った世界有数の金持ちで日本オタクのジェラールに一方的に惚れられてしまう。一切興味が持てず適当にあしらっていた琴耶だったが、突然ジェラールに連れさられて──。


はい、某春のらぶらぶ既刊フェアで…
2010年のですが、正直絵師買い。
<いやまず剛先生外れなしですよ!

小山田先生の和服エッチが見たいばかりにですね…その…ああっ!


ではこちらから ←今日はあっさり
     ↓






人はコレを「トンチキ」と呼ぶのでしょうか?

いえいえ、これは耽美…いやどっちも…う~んもうどうでもいい!

女の子なら誰だってお人形さんで遊んだことあるもんね。

や、話しかけとか全然大丈夫だもんね。

あ、うちにもハナちゃんみたいなお友達いたしね。
<正しい一人っ子

そうです、「○○(自分名)ちゃん!なぁに!あそびましょ!」

あるよあるよ。ない人もいるか


タイトルから某南極○号とか、監禁○辱とか想像した人、心が汚れてます。<アレ?私?

さっすが剛しいら先生!<「座布団」大好きです
感動秘話的ヒストリー、古を「い・に・し・え」と読むんですよ!
<昔の曲のタイトルにありましたが誰も知りませんよ

旧家の昔ながらの因習、迷信に囚われて人形のように生きている琴耶をいきなり外の世界に連れ出すのは情熱的なフランス人の元伯爵家の跡取り息子、実業家のジェラール。

招待されて、クルーザーで初めての…

って、ダウンコートかいっ!
釣りだからね!


和服えっち絵はまだ見せて貰えない焦らしプレイ…
<焦るな自分、カラー口絵に戻って呼吸しろ

しかし、ここで美味しいお咥え絵を堪能し(小山田先生、色っぽすぎます)

期待を込めて、次へ…

カッコイイ外人攻にうっとりし、格子柄の和服を着こなす受に萌えていよいよ和室えっちシーン…

って、やっぱり受の下着はふん○し、ああ、スッと指入れて強く引っ張ればすぐ取れ…

て、ココ挿絵無しかいっ!


ここでしょ指定すんのはココじゃないの?!
<超個人的悶突っ込み

あぁ、勿体ない。

しかし、ソコを覗けばストーリーは素晴らしく私好みですよ!

そう、受が人として成長する。

人形から、籠の鳥から脱して、ついに攻めの家へ、そして彼の故郷のフランスへ!
少しずつ世界を広げて、人形師として研鑽を積んで、ビスクドールのマイストロのところに修行に行ったりまで出来るようになって…

背中に市松人形背負ってパリの石畳をbicyclette(自転車)で疾走する「美しき人形師」なんて、実際居たら萌えるよマジ!

噛み合わない会話が可笑しいのに、心はどんどん(もちろん身体も)繋がって行く。

こういうのを「縁の有り様」と呼ぶのでしょうか。

剛先生の安心の筆で、美しいシンデレラ物語りを読ませて頂くのは本当に幸せです。

そして彼の愛する分身「花ちゃん」に、ついに彼氏が!

<ジェル君ってジェラールよりもちょっとやーらしー匂い爆

ここで、和服で熱いキス!
しかもその奥には仲良く並ぶ花&ジェル君いる!

まさかの挿絵指定、小山田先生ありがとうございます。
正直ここで爆笑しました。<嬉しくて!

人形は愛される為に生まれ。
人は愛し合う為に生まれる。

す、すばらし~~!

エッチ描写で満足するのと同じぐらい、人としての物語りに泣きたいんだわ。

満足、どのエピソードも浮世離れぱねーです!

最後に私の希望ですが。

あのジェル君と花ちゃんは、パリの伯母様の所に貰われて行けばいいんじゃないかな!
琴耶の作品を欲しがっていたし、パリで二組の恋人達が幸せとか素敵じゃないかな!
<いやただパリの伯母様って響きに妙に憧れる世代なんだな!

エエ話は人に妄想させる為にある。
[PR]
by apacheoffice | 2012-05-29 00:52 | ちょっとおしゃべり
<< 白泉社「花丸漫画」vol.4読... ※13.0624状況変わり追記... >>