※13.0624状況変わり追記アリ 是-ze- 実写映画化決定?

<2013.06.24追記
是の映画化については、出版社さんからのコメントで「残念ながら現在はお勧めできる状態にはなっていない」とのこと、予定とは異なる進み具合になっているようです。


※↑のこのタイトル以上の情報はございません(^_^;)雑談日記となりますのでご注意下さい
c0197761_1322035.jpg


昨夜は久々にBL界に激震が…いや良い意味での大きな話題が走りましたね。

完結しても尚、ますます人気沸騰中!
ファンブックはもちろん、画集や特典ペーパーを纏めた本が次々と出版されているシリーズ

「是-ze-」が映画化ですってよ!
<うわうわ~~~

いや、このシリーズ、もののけファンタジーと言うか、独特な世界観の中でのお話しですし、だいたい登場人物の半分は人じゃなくて「紙」だし。
<爆

漫画の中で見ていれば「紙」でも違和感ないけど、実際「肉体」で見る「紙」ってどういう感じになるのかな~と興味津々。

実際、このシリーズの人気の要因の一部には、あまりに完成度が高かった「是ドラマCD」の存在があることは間違いないですもん。

なんたってキャストがあまりにも良すぎた…

和記(一条和矢さん)のなんとも掴めない「のらりくらり」
彰伊(森川智之さん)の「意気地と包容」
阿沙利(千葉進歩さん)の「儚さと強さ」etc.etc…

あ、コレ登場人物全員書いてたら大変なことになるくらい、すべてが充て書きみたいな填り役!
声優ファンは語りたいことばかりですよ。
※氷見の平川さんなんて、体位を変えた瞬間を息だけで表現する荒技に出てますよ

最初の一報をツイッターで見た時は、CDに匹敵する演技が出来る俳優さん持ってくるのは不可能なんじゃ?とも思って心配の方が強かったんですが。
一晩明けて、考えたらこれこそ映画向きの物語りじゃないか!と思い返しました。

頭の中の世界がまるごと全巻分入るわけじゃないのは他の漫画原作だって同じこと。

是の世界のほんの一部でも、そう、あのシュッと傷を移す瞬間だけでも、この目で見ることが出来るものなら見てみたい。

今回はCDだともうもう貴重なコヤピ×小野Dカプ!守夜×隆成編。
とんでもないハードボイルドなカップルがメインとのことですから、脇でもちろん八代不動産の玄間×氷見も出てくるんでしょうね~。

まぁ、映画ってことではさすがに玄間×氷見をメインにしたら映倫さんいらっしゃいだし、近衛×琴葉にしたら条例大変だし苦しい所で…

でも、やるとしたら何とかギリギリ表現によっては(少年時代はあっても)彰伊編が大丈夫なんじゃ?メインの当主の話にすべきだったんじゃ?とは思うんですが…

この守夜×隆成の攻め攻めカプの男らしさをガッツリ見せて貰えるんならそれも素晴らしい。

守夜はピアニストでもあるし(爆)そんなシーンもあったらいなぁと。<爆

キャストはネームバリューは要らない、むしろ演技を深く考えてやって下さる方。

舞台俳優さんなんかで、綺麗で上手くて若い男の子は、た~くさんいるよ!

どう考えても、原作ファンがメインで行くんだから、一般人をコッチに、って考えよりも確実なリピ通いを狙って頂きたい!

ええ、通いますよ。
内容良ければいくらでも通います!

や、逆にもう舞台とかでもいいじゃないの?!(ちょっと
舞台の方がエッチシーンをリアルに(映像みたいに)やんなくても演出でどうにでもなるし、ファンタジーは装置でいろいろ出来るし…
そだ、舞台なら玄間編も和記編も出来ると思うな!

「美しいこと」で主演してくれた与那嶺圭太クンとか、こういう世界を理解して深い演技してくれそうだけどなっ!←ただのファンですね

クオリティーの高いものを見たいのならば、ファンは声高く「見に行くぞ~!」と叫んで置かなくちゃね。

志水先生も仰ったそうですが「映画として面白いもの」になりますように。
そして何より次に繋がるものになりますように。

制作スタッフの皆様、頑張って欲しいです~。









ちなみに、私のR18な二次駄文に興味をお持ちの方はコチラへどうぞ。
玄間×氷見「名残の桜、ふたたびの」
他作品は「商品カタログ」をご覧下さい
[PR]
by apacheoffice | 2012-05-25 19:07 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice