雑誌Chara2月号デッドロック連載第一回読みました!
こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
ファン目線なただの雑談ですので、バレに失礼どうぞお許し下さい。

今年一番のサプライズ、幾つもあるクリスマスプレゼントの中でも一番に驚いたのはコレ。

c0197761_16454818.jpg


はぁ、ホントですか?読めるんですか?高階先生スケジュール大丈夫なんですかっ!

嬉しくて、親戚でもないのに竹輪とか送りたくなっちゃう勢いだよもう!
あ、竹輪より薔薇苗とかの方がいいでしょうか?<爆

ってことでいつにも益してワクワク、クリスマスを待ってたわけです。

で、ページ捲って、シェルガー刑務所の全容が(ヘリの空撮でプロペラ音付きで脳内再生)ドーンとカラーで現れた時には。

あぁ、いま本当の(洋)ドラマが始まったんだ、と泣けちゃった!
<ウェッ、ウエッ、うわ~~ん嬉泣だ~~


ってことで、こちらから
     ↓






でも、これだけで泣いてちゃダメだよね。

だって、可愛いマシュー坊やの顔見たら、うぅ、うわ~~~~ん!胸が張り裂けそう…


他にも登場人物が一人出てくるごとにもう、泣いたり笑ったり。
まさに「お帰りなさい」な気持ちが込み上げる~。
<これで私の大好きなトーニャ嬢が出てきたらどーなるんだろ

挿絵だと顔のアップは少なくなるけど、漫画だとちゃんと一コマでバ~~ンと拝めるのがイイ。
そして声が聞こえる!ネイサン、なんて穏やかな表情なの!優しくてあの掴めない声が聞こえそう~!
<あ~コワイ、コワイけど先が早く見たい

辛くて、でも幸せで。
年末に身悶える妙な女。<が全国各地にいるなきっと

そして、ディックは出てこなきゃ出てこない程良い。<爆
今回も、思った通り、最後の最後で…

ん、もう。

映画えいが~~!

このまま、延々と読んでいられるんですか?
来年も幸せだよこれだけで。

連載開始記念ファイルの構図も嬉しい二人の檻内ツーショット。
この構図に抗えるファンがいるの?爆

あと、今月末に(他社からだけど)「プリティ・ベイビィズ2」のコミカライズが出る麻々原先生の連載「辛口食堂」もあるし、雑誌生活久々始まった。

そだそだ置き場所、大掃除でつくらなくっちゃ。←これが一番難しい
[PR]
by apacheoffice | 2011-12-26 16:58 | ちょっとおしゃべり
<< 新書館コミックス「プリティ・ベ... 彼と子猫が雨に濡れたら >>