ルチル原画展と三つの扉
こちらはボーイズラブ関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

夏の終わりの暑い青山通り。
【APACHE】の青山本社ビルを素通りして(←ハイハイここ、読み流すとこですよ)

話題のルチル原画展に行って参りました~!
※2011/9/11まで

今回、私の青山ぶらり旅(滝口さんご冥福をお祈りいたしております)にご一緒下さったのは、私の憧れる素敵なブロガーnamazzさん。

奥様二人の優雅なランチ&BL探求へ、貴女もどうぞご一緒に。

では、長いのでコチラからどうぞ。

       




八月も終わりというのにこの暑さ!
これじゃ奥様、渋谷宮益坂でさえ登山の域、心臓破りですよもう!
<日頃どんだけ運動不足身体よわっ

ってことで、どうにか辿り着いた待ち合わせ場所は青山劇場。
吹き抜ける風か涼し~~!と、すぐにいつもオシャレなnamazzさん登場、夏らしい黒いシースルーのバックが今日のポイントですねっ。

そこでお喋りしつつ、会場のあるビルへと向かうわけです。
<きゃははうふふそれでねあのね

あ、看板あった。
c0197761_10181193.jpg


その先に見えるエレベーターに吸い寄せられるように乗る奥様二人。<当然おしゃべりは続く

あの、これ二階止まりませんけど?
<まさに、アホが見るぶ○のケ~ツ~♪

しかもこのミスを犯しているのは私達だけじゃない!回りのどう考えても同志な奥様の二人連れや、お一人様が数組、アレアレ~全員で引き返すの図。<爆笑いいぞ、奥様、デパート以外の場所解りにくい

ここから大好きな蓮川先生の生絵(原画)に辿り着くまで、何と3つもの関門をくぐり抜ける必要があった!

人間、そう簡単に好きなもんが手に入ったらイケマセン。
障害があるからこそ燃える、いや萌える!
そうよ、その防火扉みたいな殺風景なドアを開けるのよ!


第一の扉
c0197761_10261956.jpg

すぐに第二の扉
c0197761_10263234.jpg

階段を回って
c0197761_10265769.jpg

第三の扉
c0197761_1028278.jpg


でようやく
c0197761_10292497.jpg


なげー。<見たらエレベーター止まらないってHPのアクセスにちい~さく書いてある
最近、自動ドアしか入ったことないんでちょっと新鮮だよもう!

週末とかで並んでいるならな~んも問題ないのでしょうが、これから平日にお出掛けの方、どうぞお気を付けて3つの扉を自力で開けてくださ…爆

入るとすぐに画廊っぽくグッズが販売されていて、500円でチケット購入。
注:このチケで、さっきのホール看板横のオープンカフェでコーヒーか紅茶が飲めるからヒョイとそこらに入れないでちゃんとポッケに入れてください

中は小さな喫茶店ぐらいの大きさ。(たぶん前はそうだったのかも)ホールを見下ろせるオープンな画廊になってて、落ち着いた照明の中、すぐに慈瑛と臣さんが目に飛び込んで来る~~~!<ドッキン

静かな雰囲気に胸を押さえて落ち着け自分。
しかし振り返ると日高ショーコ先生のコーナーから蓉一と桜井がこっち見てる~!<ドッキンドッキン

真ん中のブースには佐々成美先生の爆弾みたいな可愛いひつじちゃんとかた~くさん!他にもズラリとルチルの名作が並んで圧巻でした。

お目当ての蓮川先生はほぼ原画だったので、あの繊細な塗りの感じもど迫力、まさに迫り来る慈瑛臣やら照瑛ミッフィーを堪能出来てよかったよ~。
日高先生の作品はカラー絵はほぼ出力(原画を取り込んで印刷したもの)だったのが残念だったけど、生の扉絵のペン書き原画はいくつかあって、それこそ筆タッチ、余白のメモの鉛筆書き、修正白まで堪能出来たので満足。

そして、会場の一番奥でそっと、いや私の心をグリグリと鷲摑みにしたのが…

日本画を思わせるこの上ない繊細な色使いと美しい線、穂波ゆきね先生の作品群でございました。

うちの巫女が…のシリーズでしか拝見してなかったのですが、同じ神奈木先生の「桜雨は仇花の如く」のシリーズのカラーに鳥肌立ってゾクっと冷汗が!

美しすぎる。

やっぱ人間感動するといろんなものが立ったり吹き出したり…自重爆

素晴らしい絵が他にもた~くさん、如月先生の絵の疾走感、佐々先生のほんわかキュインな優しさだとか、それぞれの先生の魅力が伝わるのはやはり原画展の素晴らしさです。

小さな会場でもテーブルがおいてあって、ノートにメッセージやら落書きやら出来るようになってて。
色鉛筆まで用意されてるのが漫画原画展らしくてこれもGJ。<こういう展示を多くやってる画廊さんなのね
スタッフさんも気持ちよい対応で、とても良かった~。
<ただ、三つの扉にゃ気をつけろ

あれこれとグッズを物色し、今日は気に入った主人公達をお持ち帰り。
c0197761_1152522.jpg


と、画廊を出てからがまた奥様楽しい昼下がりの始まりよっ!

まず、奥様お昼は優雅なイクラとウニのパスタと夏野菜のピザでランチ。
同じ青山オーバルビルの地下にある鎌倉パスタで。
c0197761_11373075.jpg


で、こっからが今回のメイン。<ええっ、こっちかこっちだったのか!

世界のスター・パティシエ、ピエール・エルメの高級スィーツカフェでケーキを優雅に食しつつ、BLの奥深さについて語る!
<大爆どっちも素晴らしいからソレ

ピエール・エルメ・パリ青山のジュエリーボックスみたいなキラキラした店内を通り、青山通りを見下ろす素敵なカウンターへ案内されるよ!

ギャルソンはもちろん黒スーツのイケメン、いや可愛い感じ!声は中音、さすが接客業柔らかくて良い声が、カウンターだから耳のすぐ後から囁くようにケーキを説明…って、これどこのダミーヘッドマイクですかっ!
<これだけで奥様昇天寸前

c0197761_11281015.jpg


そして、薫り高い紅茶とともに頂く、世界一の限定スイーツ。
お値段も最高級このセットだけで3000円弱の…
プレートに溢れる幸せ!マカロン~!ケーキー!ジェラート~!
<青山通りに叫ぶ女


いや、落ち着いて考えたら私…

このへんで仕事してる男達ばかり、読んだり聞いたり書いたりしてるよ!

いや、不思議です。<爆
そう、出会いって素敵。
ご一緒して下さったnamazzさん、ありがとうございました。
[PR]
by apacheoffice | 2011-08-31 11:37 | ちょっとおしゃべり
<< 中原一也「番犬は悪徳弁護士に狂... 10月新刊「蜜情」情報出ました... >>