小説Dear+7月号プリティ・ベィビィズ読みました
こちらはボーイズラブ雑誌のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

1日のロッセリーニ家新刊から、怒濤の岩本月間が始まってますね。
ファンには嬉しい作品ラッシュ!
まだB-boyもありますが、とりあえず今日はコレ

c0197761_1132059.jpg


プリティ・ベイビィズ ♯2第三回
扉絵はもちろん、神父姿の梗一様、アンニュイな表情!伏せ気味の瞳が素敵だ~!
<今どきアンニュイって…相当昔に小林○美が使って以来だな

や、これだけでもう嬉しく有り難く、素直に舞い上がっていいと思います。<爆

いつもながらの秀逸な煽り、今月はコレだった
        ↓

冷たい貴方(アナタ)にイカレてる

以下ファン目線なただの雑談、バレありですのでたたみます。
ではこちらから
     ↓










今月はラブはないけど。<笑
しかし、事件はぐぐっと動いて、重要な回になってますね。

掲載順的には飴色と生徒会長と続いた後にド~ンと来て、おおおっ、となるわ。

結局は主税を頼る梗一と、さすが本職刑事モードの主悦が頑張っててカワイイ!大活躍!

前回が私服の「若い男の子」な主税だったから、呑み会でネクタイ緩めた姿とか、スーツの上からコート羽織ってる姿とかやっぱり格好いいし、ちゃんと頼りになる大人の男って感じがまたイイわ!

相変わらず麻々原センセの手書きの「ガヤ台詞」が凄~く楽しかったりキュンとしたり。
ストーリーと同じ比重で楽しめちゃう。

特に今月のバキュン台詞「オレもなでて」に撃沈しました!
<言ったのは主税じゃな…

いよいよ解決の日が近づいてる予感。
じっくり通して読める日がまた楽しみです!


以下、雑誌余談

今回、真山ジュン先生の新連載保険室ものと、左京先生の猫科男子が良かったな。
(今はもっとクリクリするところ!っての、笑った)

そして、今月は「ディアプラス・ヘヴン7」全サの応募最終チャンス。

さらに3号連続付録CDは夏目イサク「シュガーコード-それから-」(森川×梶 小西)

シュガーの大土井誠@モリモリの飄々として優しくて、でも掴めないもどかしさを一気に思い出した!あるようで無い、こんな役。ヤクザのくせに悩んで遠慮してグルグルしちゃって…

もうっ、狙ってんなら卑怯だ!しかも犬好きだ!<実際爆

短いながらもちゃんとラブはあり、ちゃんと盛大にイキキッテる。
梶くんイキ声より、事後の吐息3発の方が断然エロかった!<笑

しかも最初の方なんて相手役かと思うくらい小西さんがずっと喋ってるし、内緒話囁いてるしチュ、とかしてるし。

脇でしか聴けない妙~な軽さでコニファン美味しいぞ!アディオ~ス!
[PR]
by apacheoffice | 2011-06-16 02:17 | ちょっとおしゃべり
<< 小説b-Boy6・7月合併号読... 「是-ZE-」ドラマCD FI... >>