「ロッセリーニ家の息子 継承者 」読みました!下

こちらはボーイズラブ本のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

感想に下って…こんなとこまで合わさんでもな。<爆

バレ・アホ・イタタと三拍子揃ってますが、よろしかったらこちらから。


     ↓



ここから先はさすがに…と思いますので一言だけ。<っても長いが笑

家族(特に親)には、何でも言やぁイイってもんじゃないんですね!

そうみんなな~んとなくやっていけばいいんですよ!
(この辺り女性の描き方も本当に幅が良く、出過ぎず肝心な所できちんと良いコト言ってて良し!)

そんな大教訓とともに、すべてのカップルに幸せな結末…と、またもや熱いLOVEシーンが期待通り、いやもう超えた!

下巻のチャンピオンはマクシミリアン×ルカの「ごらんなさいH」で満場一致でしょ。<うわうわ~

そしていつものように、良い話には素晴らしい(続きを期待させる)隙がある。そう遠くはないうちにまた、大きなお祝いがあるじゃありませんか!
<大集合2震えて待つ

で最後の最後、関連「恋」シリーズ「独裁者の恋」から嬉しい出張のサイモン・ロイド様ご一行、さらには親戚ご一同ってことで「征服者の恋」のカルロス羽多野君が!←相当嬉しいらしい

カルロス・デュラン、実は私の一番推しです。
スペイン英雄マタドールの血を引く若き天才シェフ、爽やかで優しくて、ひょっとしなくても一族で一番の男前!
<恋シリーズ蓮川先生のイラスト気合いが違うよマジ!

そしてカルロスはマザコ…じゃない立派な親孝行息子だった!<こんな所もやっぱり男前

コレCD出たら大変なことになるわっ、好きな人全員出てますよ!
モリモリ・小野D・ゆうきゃん・ノジケン・ゆっちー・ちーちゃん・コニタン・羽多野。
<総ギャラどんだけ

やもうこうなったら共犯者と合わせて豪華BOX仕様で出したらどうでしょ?(出来れば既リリース3巻も一緒に収納出来るやつにして)
さすがの品質、ロッセリーニ・クオリティーに期待しちゃう。
しかもBGM!これ音楽が堪らなく良いってのを、たった今思い出した!<ああ聞きたいな~


と、話を本に戻して。

こっからが本題、いややっと本編が終わった所ですが。<笑

本の最後に入ってる短編2つ。
コレ先生が編集さんのリクエストに応えてお書きになったということですが、これがまたファン心を掴む秀逸な内容、思わず最後に最強の萌に襲われましたのでひとこと。

・「古き佳き日々」
ルカちゃん5歳、大学生のマクシミリアンが屋敷に帰って来た所からお話が始まってる~!
ああ、ダメだ…読んでて溶ける…ルカちゃんの可愛さMAX最強。

抱き上げられて首に鼻を押しつけてクフクフ、自分と同じ大きさのテディベアをズルズル引っ張ってヨチヨチ歩き、マグを手に(これどう考えても両持ち手マグ)ハニーミルクをコクコク!(どう考えても白いおひげだろ!)

もうこのSSだけで、今日から一年萌えていられるよ!
<最後にこんな爆弾落とされちゃたまらんわもう

お風呂上がってお粉パタパタってオイっ!
<シッカロールとか天花粉とか言っちゃダメ
しかもそのパウダーはたいたのはマクシミリアンですよ!

病床にはあっても美佳ママの生きている頃の屋敷のお話。
そこにちゃんとある「家庭」の団欒、それを見守るマクシミリアンの視線が優しすぎる。
「古き佳き」の佳しは美佳と瑠佳、の佳でもあるのね。<号泣


・「真夜中のピクニック」
本編に続くその夜の小さなお話は、何と受け攻め3人づつに別れての楽屋話?バレ話。

受けの子猫ちゃん組はなんと今流行のパジャマパーティー!女子会トークみたいな可愛いぶっちゃけ振りでイキナリ現実感UP、本編に流れる圧倒的アッパーなムードから一転、ただの恋する男の子、良い感じのリアルがあってイイ。

ここでもルカの天然キャラが際立ってて凄いよ!礼人のほっぺ突いて大人をからかったり、子供の武器(ねぇ教えて?)を駆使して「それ聞け隣の馴れ初めH」まで、覗いてるこっちが恥かしくなったのは見事な先生の勝利。

対する攻め様組は…相当呑んでますよコレ。<実際参加したくないぞマジ
しかも嫌な絡み酒ですかコレ。<案外しつこいレオ様カワイイ

さらにはブチ切れ立ち上がり、鼻っ柱をグリグリくっつけてのけん制って、たまらん兄弟喧嘩!
もしかして、どんなにマイ受けが感じやすいか自慢?!とドキドキしたのに、そうじゃなくて、自分達のテクと癖に関しての…ゲフォゴフォ!ごちそうさま。


腕を組み部屋へと戻る3カップルの幸せな後ろ姿。

それはハッピーエンドという名の最高の贈り物。


何度も読み返して、大事にしよう。
[PR]
by apacheoffice | 2011-06-08 00:10 | ちょっとおしゃべり | Comments(8)
Commented by lovelove-voice at 2011-06-08 23:37
これってこれって!!
音声化されずに終わるなんてコトないですよね?
これを聴かずして墓になど入れるかってんだ(笑)

確かにこの錚々たるメンバーのギャラを考えると
なかなかに厳しい大人の事情もあるかもだけど
完全予約販売にしても需要は大きいと思う~~~
メーカーさんの英断を切に希望します♪
Commented by apacheoffice at 2011-06-09 00:41
ぼたんさん!

完全予約販売…あぁなんて甘美な響き!<うっとり

大人のためのこんな素敵なBOXが企画されたらなんて素晴らしいんでしょう。いやきっと実現するように、今から水の少なくなった○山湖に身を投じて願掛けに行ってきます!<爆

今回、ゆうきゃんエドゥの凄い堕としセリフが何個もありましたぜ姐さん!期待して待ちましょうっ!

Commented by 季菜子 at 2011-06-09 16:14 x
あぱっしゅサマ、こんにちは♪

お待ちしておりました~!!
思い切り頷きつつ大喜びしつつ、拝読致しましたよ~♪♪♪

心地良く幸福に浸る、夢のような二冊ですね。
この美麗で豪華絢爛な世界に、ただただ酔い痴れれば良いなんて…
その上、読み手の年齢の重ね方で、味わいが少しずつ違うような、
何と言うか、大人の愉悦というものがあるように思います。

ベッド脇の抽斗の奥にこっそり隠しておく、美麗なボンボンのような…とか(笑)。

実は、まだ上巻を読み終えて、下巻の冒頭を読み始めたところです。
でも、届いてすぐにイラストのチェックをしつつ、物語の展開は把握済み。
今は、きっちり拝読しつつ、お気に入りのシーンに行きつ戻りつして、
じっくりじっくり味わわせて戴いています。
彼らの幸福を確信しつつ、でも実際のところを早く知りたくてならなくて、
でも、読み終わってしまうのが惜しくて、何度も何度もぐるぐる…

あぱっしゅサマのご感想を拝読して、もうアタシは書かなくて良いわ~♪
ってシアワセも味わわせて戴いて、だからますます読み終えないのです~(笑)
Commented by apacheoffice at 2011-06-10 11:39
季奈子さま~♪

私こそ、頷きまくりですよ!
「大人の愉悦というもの」まさにソレ、私が感じていたことはソレです。

気持ちを一発でスッキリ言って下さる、季菜子さんは凄い~。

大人の鑑賞、密かに楽しむ甘いお菓子のようなものだと、読んでいて思うんですよね。

ベッド脇の抽斗の奥にはツルツルしたもんとかゴムゴムしたもんばかり入っている話ばかり書いている私ですが(爆)季奈子さまのコメントを拝見して、心が煌めく小さな小箱になった気分です!<美しい表現素敵素敵~

そして自分語り恐縮ですが、偶然ながら私もン十年前に、ローマではありましたがカウントダウンを経験していまして。
レストランからの帰りに、本当に目の前の石畳に通りに面した家の二階から机が落ちてきてビックリしました!
爆竹の音とともに、いろんなものが他にもバンバン…

楽しいイタリア旅行、また行きたいです、もちろんここのお客様と!その際は是非ともご優待ツアーにご参加くださいね。


Commented at 2011-07-07 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by apacheoffice at 2011-07-08 16:40
2011-07-07 23:14 の非公開さま
ロッセリーニ、着々とお読みになっていらっしゃいますね。
続きもたっぷり、ゆっくり楽しんでくださいね。
(イイ男ばっかりって、本当にイイモンですね)

そして中国語!これからは中国語の時代ですよ!
お勉強も頑張ってください。(^^)/
Commented by まるまる at 2011-12-19 00:44 x
こんばんは。
ようやく読み終わりました。
もう寝ても覚めても、会社にいても続きが気になり
寝不足?なにそれ何語?な1週間を過ごしましたww
あぱっしゅさまの所にコメするには長文なりすぎたので
萌え蕩けた駄文ですが別に感想書きました。(;・∀・)ゞ
ブログのURL置いてきます。
Commented by apacheoffice at 2011-12-19 15:35
まるまるさん

素敵なお部屋へご案内下さってありがとうございました。
アメブロって記事をお友達公開できるんですねぇ。
<やってんのに知らなかった

今度、劇関連で妄想垂れ流す時に使ってみることにします!←ヤメロ

いや、ロッセリーニ、読破まことにおめでとうございます!
また沢山、お話させて頂けると思うと嬉しいです。
恋シリーズとともに、続きが楽しみですね。
来年もきっと岩本先生が、たくさんの彼らに逢わせてくださると思うと人生薔薇色です。

ご一緒に、楽しみましょましょ。(^^)/
<< 「是-ZE-」ドラマCD FI... 「ロッセリーニ家の息子 継承者... >>