BLCD「疵-スキャンダル」 小杉×増谷
こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_17423952.jpg


噂に聞いてはいた、名作CD。
もっとも人の心に強烈な印象を残すのは「未完」の形態だと、心理学術上も証明されているわけですが。

一枚目だけで止まってるのもだとすれば「許可証を~」然り「茅島氏~」然り。

と、それを置いたとしても、強いインパクトのある作品になってると思う。
諸先輩方のお導きに、またもや大感謝することになりました。
<あぁ、この世界にいる幸せよ

原作未読、いろいろと内容的にちと聴くのに「辛い」作品ですが。
大丈夫な方、ではこちらから
     ↓



 

大好きなかわい先生の作品、文庫化されているし、いつかじっくり手元に置いてから…
と思っていたんですが、どうにも我慢できずにCDを先に聞いちゃった。

しかし、先に聞いて良かったとも思う。

これからの二人がわからないからこそ、この暗い海を漂うような二人の舟の行き先を思い、この物語のプロローグ、重い空気を心に沈められたから。


舞台は霞ヶ関、モロに社会派ドラマ。
高級官僚の同期ライバルの二人。
閨閥やら政治家やら後ろ盾を手中に、出世街道のし上がって行くところに不意に開いた落とし穴へ落ちてゆく…

政略結婚・不妊・(出世の為に老醜極まりない男へと)強要され陵辱され…ともうこりゃWO○OWの年末スペシャルドラマで三夜連続で見るべき物語ですよ。

こういう映画、昭和の昔にはたくさんあったし、こっちの世界でももっとあってもいい。

人間の裏の顔、汚れた世界、そこにこそ、どうしようもない「人間の生と性(さが)」があるんだから。

夢見る作品も大好きだけど、こういうドロドロとした物語も素晴らしい。

そして、何よりこのCD。

我らかボス(笑)小杉さんの演技が、す、す、す、素晴らしいんですがっ!
<失礼極まりないほど嬉しい驚き

今までのどの役より私、この司馬という男がピタリと小杉さんに嵌ってると思う。

若くて能力高くて、憎たらしい程に高級官僚(少なくともこのDCのあたりまでは)自分にまったく何の疑問も持たず、ただ出世街道を驀進する男を本当に魅力的に、サラリと演じてる。

増谷さんの演じる桐原の「細くて冷たい、触れたら指が切れてしまいそうな」氷の心も堪らない。

(一癖ある脇で、一条さんの滴る色気、宝亀さんもたまらんぞ)

そして、温泉。

そこは、温泉。

トンネルを抜けなくても雪国。←違います

あぁ、この重暗いしっとりと艶を含んだ空気感と哀愁漂う性愛の情。

これはもう昭和に戻って映画化するしかない…

するってーと監督は「日本の首領」とか新・極妻なんかの中島貞夫監督で。
<妄想キャス開始~

どこか謎めいた受の桐原は、今なら演技がもっと上手くなったとしての伊○谷友介。
桐原と運命に翻弄されていく攻の司馬には、ちょっと濃いめで北○一輝。

そして桐原にご無体な…例の官僚OBにはココは譲れない佐藤慶で!
あ、やっぱ宝亀さんの演技のイメージなら金子○夫か…

毎度、生きてる人じゃ思いつかないわ。<笑
[PR]
by apacheoffice | 2010-12-01 17:41 | BLCD感想(カ行)
<< ルビー文庫「誘惑者の恋」読みました! BLCD「恋ひめやも」 日野×立花 >>