ドラマCD「征服者の恋」制作情報来ましたね

こちらはボーイズラブCD関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。
c0197761_1044546.gif

マリンさんHPに出ましたね~!
<2010年12月22日発売
※追記、レビュー挙げましたコチラです

毎年、岩本先生からのクリスマスプレゼントのようにCDの発売がある嬉しさ。

あぁ今年も無事に年越せる!

もうそんな時期か。

ああ、早いなぁ…

年を取んのも年暮れんのも!

あ、珍しくあらすじとか載せてみましょか。<ええっココファンブロじゃ?

<どうしようもなく、貴方に溺れて堕ちていくこの恋――。

父の死後、柏樹建設を継いで社長になった尚史のもとに突然舞い込んだ『建設業界の帝王』と名高い建築家・塚原新也からの仕事の依頼。
傲慢な態度で挑発された尚史は、反発しながらも仕事を受けるが、ある日偶然にも塚原にかつての恋人ともめている現場を目撃されてしまう。
軽蔑され、仕事を下ろされることも覚悟していたのに、恋人と別れたことを知った塚原が尚史にしたキスは情熱的で――>


ルビーなんで、ロッセリーニのスピンオフとなっておりますが。
そんなに作品の絡みは…ゲフォグォホッ…<笑

むしろ岩本先生の独壇場ともいえる、ニッポン男のお仕事全開、真摯な大人の都会の恋物語ですよ。

特筆すべきは、珍しく経験アリ、な受けが出る。
<これがまた爆新鮮でたまらん岩本ファン

あのね、大人の男がね、激しい風雨の中でね…あああっ言えないっ!
<好きかそんなに

注目のキャストはこちら

柏樹尚史:日野聡/塚原新也:高橋広樹/カルロス・デュラン:羽多野渉

来たよ来たよ~、攻めの高橋さ~んっ!<相当好きだ
初岩本ファミリーいらっしゃい!
<そりゃディズニーファミリー並みの大歓迎
大人で強引で優しくて、これまたグルグルしていただきましょうっ。
や、何やらしても巧いのわかってる。大安心で待っててだいじょぶ。

そして日野ちゃま、こちらももしかして関連はユニットの仮面の殿様以来の登板?
アレですか、岩本先生関連じゃ受けがデフォなんですか~?!<最高嬉
あの硬質な綺麗声が現場命の意地っ張り美人に最適だ。

そこに捩じ込んでくんのが、たまらん久々の当てヒヒ~ン(笑)な羽多野。
<最近脇役で光すぎてますよ

ロッセリーニシリーズの外人ですから、どんだけ外人かってことで。<ええっ

心も身体もまさしくパーフェクト・ガイ!
言っときますけど、この3人の中で一番カッコ良くて若くてイイ男がカルロスです。
<もしや君は1000%?←30年前ギャグさえ言わなきゃいい記事なんだがなココ、しかも名前しか被ってないよ…

とにかく、どんな男も全力でMAX良い男にしなくちゃ気が済まない、そんな貴女(岩本先生)が大好きだ~っ!

わちゃの新しい引出し(たぶん下から3番目ぐらいの)「包容力@外人」を見せてもらおーじゃありませんか。
<久々に召集しちゃうぞH×3(羽多野・包容力・報告会)

で、何が言いたいかってーと、11月14日までにマリンさんとこ行かないと、トークCD付きませんってことです。<私はもう行ったがな
ナニゲにトーク巧者な高橋さんの揺らしにグラングランな羽多野日野を妄想して早くも笑いが。
<もしかしなくても司会は決定?決定なのか?あ、今からリクっても収録済み

そうそ、このシリーズ全部2枚組で丁寧なのが嬉しいの。
絵はもちろんベストフレンドパートナー蓮川先生だ。

マリン帯裏、期待してまっす!

はぁ、こうなりゃいっそここ、ギャグだけR18じゃなくてR40にしとこ…<爆
[PR]
by apacheoffice | 2010-09-25 12:26 | ちょっとおしゃべり | Comments(4)
Commented by rie at 2010-09-29 10:57 x
原作、いいですよね~。
蓮川先生だしっ。

でも、実は日野さんをあまり知らなくて声が頭の中には出ません。
高橋さんは大好きな声優さんなので、もちろん買いに行ってきます。
Commented by apacheoffice at 2010-09-29 20:41
rieさん

蓮川先生、それだけでなんでも買っちゃうぞ。<笑

日野さん、あの有名忍者アニメにもご出演なので、たぶん聞いたことはあるはずですよん。
じっくり聞くのが楽しみですね。

高橋さん、低音で来てると岩本先生のブログにありました。
もう今から楽しみでヨダレが…

それからプリベビも同日に雑誌付録で小西×吉野で来ますよ、買い忘れ注意~!また聞いたらお話しましょ。
Commented by rie at 2010-10-02 17:55 x
プリベビの雑誌付録ですか?(嬉)

すみません、どの雑誌で発売日がいつなのか、詳しく教えてくださいませ。
Commented by apacheoffice at 2010-10-02 18:34
rieさん

小説ディアプラの冬の号です。12月の20日過ぎみたいなので、また近くなったらお知らせ上げますね。
<< キリの良いところで Two Moons >>