ANiMiX「YEBISUセレブリティーズ1st」先行上映会

こちらはボーイズラブ関連イベントのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。


こんな私のアホレポを待ってらっしゃる方、大変お待たせいたしました!
<いるのかそんな人

はるばる関東縦断して行って参りました。

「ANiMiX「YEBISUセレブリティーズ1st」先行上映会!

いくらスパコミ終了後とはいえ大型連休中日、しかも詳細出たのがほぼ一か月前ってことで。
他の予定をキャンセルできず涙を呑んで参加を諦めた方も多かったのでは?

そんな苦しい胸を抱えていらっしゃるエビファンの心優しい素敵な貴女へ、怒涛のあぱっしゅ大長文レポをお届けいたしましょう。

や、もう叫ばずにはいられません!

だって…目の前の大画面で、あの光集める(もはや金色に近い)美しいクセ髪の男が、ピンでド~ンと現れて。


「うっせぇなぁ…小言はアタマに響くんだよ…」



ホ、ホ、ホッ、ホエェ~~~ッ!
久家が、久家が、久家が…

喋ったあぁ~~~~~っ!



や、もう息出来ないから、ダメだわ死ぬわアタシ

ここまで読んで、グヘェ、と思われた方、大変申し訳ありません。
このテンションで最後までイッちゃってますんで。<いつもだろソレ
(作品のお話だけじゃなくて、上映会進行に関する余計なことまで長々語ってますが)

いつもに増して「ファン目線なただの雑談」が大丈夫な方のみこちらからどうぞ。
     ↓



と、いきなり軽く脅迫スミマセン。<笑

だって久家の、あの久家のお口が動いてしゃべった衝撃を、どうしてもお届けしたかったんです。

久々の横浜、駅前の年季の入った(爆)ホテルのビルの1階から3階までを改装したアニメイトの店舗に素敵なイベント(AVシアター)ホールが出来ていてビックリした~。

開始前、小一時間ほど非常階段で並んで待ってる間に、続々と200人近いエビファンのお嬢様方が集結。

直前にスタッフさんより、今日の流れの簡単な説明を受けて案内され、いよいよ会場へ。

広い会場中の白い壁にはブルーのパネルがいくつも並び、綺麗なお花が飾られ(すぐに着席したので、どなたからのお花かはチェックできず)一つ一つのパネルに、エビリティーの面々の大きな顔アップのイラストが!
エビカラーのレッドでタイトルが書かれた横断幕がデーンと貼ってある~~!

うわぁ~~、と全員のため息が漏れ、この時点で一気に気分は【YEBISU GRAPHICS】の本社屋内へ。
ひょっとしてここ恵比寿ですか白金ですか青山ですか~っ!<横浜です

着席してぐるりと見まわすと前には「ひな壇」とテーブル。
(ここでサイン会なのね)その上には白いスクリーンの大画面。

こんな素敵なところで上映会、最高っ!見る前から泣ける!


と、ここでちょっとしたプロジェクターのアクシデントが…
(ちょ、リブの社長も来てんだからしっかりしてよスタッ、フーーー!)

それも直り、全員ホッとしていよいよ上映開始。


そうなったらもう大変ですよ。
さっきまでの緊張してた空気が風になって飛んでいく~~!<ファンってコワい

決してアニメではないANiMiX。
じゃあ、一体、絵の何が動くかって言うとですね…

「登場人物のおくち・お目目(瞳)・背景・光等の効果」

印象は人によって違うと思いますが、私の個人的な感覚では、想像した通り、本当にアニメと漫画のちょうど真ん中。

フルカラーの漫画が、頭の中で読んでいるように目の前でズームになったり流れたりどんどん変化して。
しかも口元が動くだけで、光が変わるだけで、表情まで違うように感じる凄いモンですよコレ!


という感じ。

動きの少ないアニメのシーンで、こんなのあるわ~とも思うくらい。

決してベタ、っとそこに絵があるだけとは全然違う、生きてる彼らに会えたような感動が(ファンの欲目を置いても)確かにあったと感じました。

なんせ、フルカラーの色が綺麗、透明感すら感じる肌の色、スーツ、ネクタイ、若葉の煌めき、陽の光…
文句なしに凄い、不破先生の、制作スタッフさん達のご苦労を思うと泣ける。

夢にまで見た【APACHE】の本社ディスプレイ!
久家がデザインしたそれが、どんな色だったのか、目の前に展開する感動に、思わず涙が…
<ええ決して大げさでなく

このANiMiXの第一弾にこの作品が選ばれて良かったと、ファンでいて良かったとしみじみ幸せを感じました。

そして何より、始まってすぐ最初にドカンと来たのが

ボス(小杉さん)若~~~イ!の好印象。

はるか役、新メンバーの堀江一眞クンのフレッシュな声に合わせてか、凄い、ちょっと若すぎるぐらいに若いボス!<大嬉

そのバランスの良さ、違和感の無さ。

堀江くんの声はお初だったんですが、クセの無い優しい声だし、何より一生懸命さがこの役にピッタリ!
鈴のはるかはもちろん大好きでしたが、堀江はるかも、素晴らしいと言って良いと思います。<正直好みだ

そして、ポーっとしつつうっとり見とれてる間に、どんどん話は進んで、ついに問題の(笑)キスシーン。

初めてのキス、しばらく見つめ合った後、ボスが思わず、ふうっと、柔らかなはるかの唇に引き寄せられられるようにして触れる突発的なキスですが。

絵はあんまり動いてないのに、いや、だから余計に、キス音がものすごくリアルでドキドキするったらないよ!
マジで今まで脳内で自力で再生してきた音が(またはCDで聞いてきた音が)ステレオ・サラウンドで直接耳に入ってくるなんて。<うわうわ~

よく、「漫画原作のドラマCD」を本見ながら聴くっての、やると脳内で絵が動くみたいに楽しいんですが(笑)そのカラー・スペシャル版ってことですね。

何よりも「色の力」は凄い。
不破先生の色遣い、カラー扉とか、キャラブックでしかお眼にかかれなかった素敵な色たちが、眼の前の大画面に溢れてて、本当に素晴らしかったです。

おくち開けて感動している間に、ついに例の「スーツを脱げ」のシーンへ。<ああっ

ここで、見ている200人がたぶん全員、自分に課した、あることは…

「絶対に、動いてはいけない…」<大大爆

もう、ゴクリ、と生唾なんてとんでもな…
<流石にいねーなソレいねーな

こんな公開羞○プ○イ、長い人生で初めて。
<んっ、また初めてを奪われちゃったな

そんな、全然激しいシーンじゃないんですが、全員でもう固まる固まる…
いや、そんな初体験も、嬉しくて楽しくて、ヨカッタです。
<はっきり気持ち良かったって書け自分

今まで「ボス×はるか」には、どうしても恋愛の色っぽさと言うよりも、どこまでも純粋な男の子の成長物語として、楽しんで見ていたようなところがありましたが。

小杉・堀江両氏の声質、息の合い方、新鮮さの中にもしっとりとした感情が見えて、今回すっごく色っぽくて驚きました。
<なんせボスが若くて強くて…ああっ!

不破先生独特の可愛いギャグコマもそのまんま生かされてて、まさかのあのつながり眉毛のボスも大画面に!
<ある意味メガトン級の破壊力、可愛かった

と、約30分の上映で一話が終わり。
<続きは届いてからのお楽しみ

場内が明るくなって、ついに両先生の登場!

うわ~、とまたため息、というかジワ(客席が感動で身じろぎ)起こる~。

柔らかい色の綺麗なブラウス、すらっと背が高くて、でも可愛らしい雰囲気の不破先生と、ロングヘアに黒縁の眼鏡が知的で優しい岩本先生がニコニコと出ていらして、会場のテンションもMAXに!

ここで、先生方からお言葉というかご挨拶というか、制作秘話なんかをお聞かせ頂けたら嬉しかったのですが…時間の関係からか?会場全体と先生方との時間はなくて、割とすぐに着席されてサイン会開始。
(初めて参加した友人はどちらがどちらの先生かわからずに最初少し戸惑ってたくらい)
ここスタッフ、チョイ惜しいかな~。短い時間でも何かやりとりがあれば会場もさらに一体感が出たのにね~。<あコレ、バンドのライブじゃないのね
あ、割と早く順番来てしまったので、途中で何かあったかも?どなたかフォローお願いします



でも、なによりかにより、ここからが嬉しい時間

なんと壇上の先生と、まさか一人一人、結構長い時間をかけてお話出来ちゃうなんて。
<信じられな~い

しかもボスとはるかのイラストと両先生のサインがプリントされた紙に、フルネームと一言を入れて頂けて、最後は握手。


参加した全員がリラックス&ニコニコ!
プレゼントもゆっくり差出すこともできたし、この点に関しては、もうもう今までにないくらい、大大万満足なサイン会だった。

愛ゆえの暴言も吐きましたが、終わってみればもうメロメロってことですから。<好きってそゆこと

発売まで楽しみが倍増、間違いなく行って良かったよ!

シリーズが終わった後でも、また別の、しかも最新のメディアで懐かしい彼らに逢える。

こんな幸せあると思ってなかった。
心から嬉しい!エビファンは幸せ者!

まわりの方のアンケート用紙をちらりと眼の端で見たら、皆さんガンガン書きまくってて…さすがコアファンの巣窟、熱さが違う。
<嬉

早く全部聴きたい!第一話までだと益永さんのセリフがほとんどないんだもん。<うえん
これで和実がしゃべったら、また卒倒するわアタシ。

や、もっと言うならこれで狩野先生が聴きたい、モリモリが喋ってんの聴きたい!
<ファンの欲は果てしなく、海よりも深いのね~


最後にANiMiX全体のこと考えて敢えて言わせて頂ければ…

確かに今後も人気シリーズだけを取り上げて、コミックスの絵を使ってやってゆくだけではちょっと、とは思う。

これからは、確実に買うファンを徹底リサーチ(爆)し、その作品の本編でやりきれていない部分、ファンの痒いところに手が届く、夢を叶えるストーリーなど、短くていいから付加価値を付けて出して欲しい。
新しい作画部分を入れ、ANiMiXだけでしか見られない続きのエピソード、CDになっていない部分のフォローなどをすれば…絶対に、みんな買うぞ!



と、早くも次への期待に、胸を焦がしつつ。
ご一緒に参加して下さった皆さん、ここまで長文お読みいただいた皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by apacheoffice | 2010-05-06 16:41 | ちょっとおしゃべり | Comments(15)
Commented by green-island33 at 2010-05-06 18:02
熱いレポ、お疲れさんですw
ささ、冷めないうちにゴディバのコーヒーを♪

リブレの社長のツイッターレポ、見てたよ。
あの人混みの中にやっぱりいらしたのね、お姉さま!(笑)

久家のお口が動いたんですね?
>益永さん舐めたり咥えたりしたあのお口が!>コラ。

うおお!見たかった!
でも↑のレポで行った気分になりました。
ありがとうございますwww

ところで・・・ガッツリ裸体で絡むシーンとかはあるんですかね?(爆)
谷地のノーパンシーンとかも激しく希望♪
Commented by apacheoffice at 2010-05-06 19:27
mokaちゃん
そうです、そのおくちで…コラコラコラ。
しかもがっつり、肌色はあり…そこはとっても綺麗な感じで。

あの、私、数少ない、そういうOVAを見た経験から(爆)そういうシーンで動いてしまうと、むしろあの…な感じで、いっそ脳内のほうが…と思ってしまうタイプだったんです。

それが、今回、とっても綺麗な絵で、すーっと流れて行く感じで。
自然にスッと胸にクルかんじで。<ビバ!ファン目線

私もmkaちゃんとま~ったく同じこと考えてますが。
<もっと私にノーパン男を!爆

ただ、今のところ、コミックスで出たもので作っているので、小説で出てくる久家益とか谷地加賀美が出るとなると新しくコミカライズから、一からの作業になる感じで…

でもでも、全国のファンが望むカップルですから、いつの日かきっと!と願ってしまいますね~。
Commented by t-m-pooh at 2010-05-06 23:10
ほわ~。
あぱっしゅさんの熱い想いが、ディスプレイからグイグイ出てきた感じです^^
はぁ、コレは絶対見なくちゃですね。
色がついて、声が出てるってだけでも瞬きとか忘れちゃうかもw

鈴のはるか大好きだったんで、堀江くんと聞いてちょっと・・・だったんです。
堀江くんは好きなんですよ。
ただ、はるかは鈴で自動脳内変換されてたから・・・。
でも、あぱっしゅさんのお墨付きなら楽しみ♪

あれあれ、私買っちゃうの?!

Commented by apacheoffice at 2010-05-07 08:16
さわちゃん ありがとう。

あくまで個人的意見ですが、鈴はるかは、すご~く原作の意図に忠実な「がむしゃらに突っ走る」(まさにオープニングのあの感じ)役作りだったと思うんです。<そこがまた魅力だった

今回、堀江はるかは、すごくしなやかな、いまどきの若い男の子の感じがとてもイイ。それに釣られて(笑)頑張る元気な小杉ボスの若さも眩しいよ!

ANiMiXって、コミックスを知らないCDから入った方、声優さんファンの方に、すごくピッタリなメディアだと思います。
コミックスからリアルな声と音、ページをめくらないで、脳内で音鳴らさないでどんどんやってくれちゃうんだもん。<だんだん世の中楽な方向へ爆


Commented by rie at 2010-05-07 13:22 x
本当に良かったですよね!!

リブレの社長、ツイッターしていたんですね。
や、さすがにあの最中に私は呟きも読むのも出来なかったですけど。

とにかく、初めての”動く漫画”かなり良かったですよね。
これは久家×益永さんでぜひ見たい!!

みんなで署名運動!

そして 2edもリリースを希望。
Commented by apacheoffice at 2010-05-07 14:39
rieさん

そうそう、言ってしまえば「口しか動いてない」のに。
そこに声が付くことで、ふわりと表情が出てくるように見える。
やっぱり「声は血と一緒」そういう意味でも、声優さんの凄さを改めて感じました~。

久家益のコミック化はエビファンの悲願でもありましたからね。

あと「綿貫×狩野」これは見たい!見なくちゃ死ねな…<笑

これに、二人の大学時代の初めての夜の話とかが新しく付いて(ダメならロスのER訪問編でも可)だったら、親戚に配る分まで買いま…爆
Commented by くるみ at 2010-05-08 12:49 x
初めまして!くるみといいます。以前よりこちらには何度も来ていましたが、書き込みは初めてです・・・(しかもエビは遅ハマリ・・・)ちゃんとできるかな~。
アニミックス試写会レポ、お疲れ様です!私は四国在住なんで横浜まではとてもいけなかったのでレポートがあるのは助かりました!(行った気分になれるし)大変詳しく書かれていて、楽しんで読みました。ありがとうございます。
個人的には慧×アキラ、谷地×加賀美(ノベルズ組ですが一番好きなカプなんで)でないかなぁ~って思います。どうでしょうか?
Commented by apacheoffice at 2010-05-08 14:29
くるみさん
いらっしゃいませ~(^0^)/四国ですか~まさに今(ブームが)キテるじゃありませんか!
私の尊敬する書き手さんは四国の方です。きっと四国には書くのが上手い人がたくさんいらっしゃるんだわ~。
いつもありがとうございます!

あの、いま出先でして、これから携帯繋がらない穴蔵(スタジオ)に潜り今夜遅くなります。明日またゆっくり!
Commented by uduki at 2010-05-09 00:13 x
詳細レポ、ありがとうございました!
Animixってどんなものか想像付かなかったんですけど、あぱっしゅさんの見事な描写で動く絵が見え、声が聞こえるようでしたよ!
エフェクトの付いたPCGみたいかな?とちょっと思ってたのですが、それよりももうちょっときめ細かな感じなんですね。
それから音声がドラマCDのクオリティっていうのも嬉しい。
ゲームだと個人収録の音声を編集するから、どうしても掛け合い芝居には制約が出てくるし。
しかし。
やはり既に作画された絵を使うのが基本だとしたら、アルベルト×ユキに出番は訪れそうにないってことで。
それだけはやはり、残念で仕方ないです!
マイミクさんにもいらした方がいて、先生方に直接頼み込んだとレポに書かれていましたけど。
ともあれ。
参加した気持ちになれる素晴らしいレポ、本当にありがとうございました!
Commented by apacheoffice at 2010-05-09 11:32
udukiさま

あ、四国の人…<大爆

先日は私の奇跡のゾロメのキリリクゲットに「是」のリクエストしてスミマセンでした。
(和記って、まだ実態これからですもんね、書けって言われてもですよね~)

アルベルトでも全然結構ですんで、のんびりお待ちしています。

と、レポはあの、いつものいい加減な調子で書いてますんで、話半分以下(以下ってどうだろソレ)でお読み頂けるとありがた…<爆

楽しかったのは事実ですから、それがお伝え出来ていれば嬉しいです。

私もANiMiXでのアルベルト(一条さん)のお当番があることを祈って、これから滝に打たれて願掛けに行って来ます!

※あと、私に今度、「エフェクトの付いたPCG」の意味を教えてくださ…←可愛そうな機械オンチ

Commented by apacheoffice at 2010-05-09 11:34
くるみさん、改めましておはようございます!

慧×アキラがお好きとは、深いですね~。
ケイはエビの中では間違いなく一番の美貌のはずですから、美しいカラーでもっと見たいってのありますよね~。
ポスター撮りの際のポージングなんか、色っぽい表情の絵がた~くさんありましたし、このカプこそANiMiXになったら素敵~と私も思います。

そして、何気にこの二人って、一番精神的に大人な、信頼し合ってるカップルだったり…<笑

谷地×加賀美に関しては、もうね…それを言わせる?<爆

見たい~~~!谷地の無精髭とノーパンが!
(ノーパンの場合、それは見たいと言えば違うものに…)

本当に勇気を出して書き込みしてくださって本当にありがとうございました。
お話出来て、と~っても嬉しかったです。

これからも、どうぞちょくちょく、出ていらしてくださいませ。


Commented by uduki at 2010-05-09 17:04 x
略してしまってすみません(汗)
PCGというのは、パソコンゲームのことです。
私はBLのパソコンゲームやプレステ2ゲームをそこそこプレイしているのですが、ゲームによっては、立ち絵が口パクや目パチをしてたりします。それから、イベントスチルが下から上にスクロールしたり、差分で表情が変わったり…そういうのを「エフェクトの付いたPCG」と表現したつもりです。
分かりにくくてスミマセンでした。

是へのリクエストは、楽しませていただいていますよ。
リクエストを口実に、今日は結局コミックスを読み返したりドラマCDを聞き返したりしてしまいました(爆)

ところで、他の方へのレスに登場する「四国の人」って、…私?(赤面)
Commented by apacheoffice at 2010-05-09 22:45
udukiさん

貴女以外に誰がいるのでしょう。<だから四国の人!
ファンのどんなワガママにも応える、その懐の深さが凄いです。

で、ゲーム音痴な私に丁寧なご説明、ありがとうございました。
画面は何度か見たことがありますので、(あの眼鏡を付けたり外したりの…笑)想像が付きます!
ANiMiXは、そういった画面ともまた少し違うような気もしますが、ゲームに詳しい方の(比較してみた)お話も是非聞いてみたいな~と思います。






Commented at 2010-05-15 15:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by apacheoffice at 2010-05-15 23:10
2010-05-15 15:41 の非公開さま。

お忙しいのに、またもやお越しくださってとっても嬉しい~。
そしてファン同士、ご一緒に叫ぶ幸せをありがとうございます!

バヌアツ編、最高でしたと言って下さるなんて。
その一言を頂ける私はほんとに果報者。
<どんなにヘボな作文でも、元作品のクオリティー、魅力のお陰でこんなにも嬉しいお言葉を頂けるなんて幸せだ~

最近プロの方のある対談を読みましたが「読者の方はほとんど何も言っては下さらない」の一行に、しみじみ泣けて来ましたよ。
<私はこんなに頂けてる!ビバ素人だからこそ!

心から御礼申し上げます。

更新がそんなに無いんですから、たま~に覗いて頂けるだけで充分です。
ボチボチ、また谷地加賀美も単発で入れる予定ですので、お暇な時にでも、ふらりとまた遊びにいらしてくださいませ。
<< 小説b-boy 6月号 YEB... BLCD「嘘と誤解は恋のせい」... >>