BLCD「不遜で野蛮」(森川智之×鈴木千尋)
こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_18503361.jpg


早くも到着しました、岩本先生からの今年のクリスマスプレゼント。
見て見てっキレイな素敵な赤いおリボンまで掛かってますよ!

これで一年の苦労のすべてが報われる…<決して大げさでなくそうなんだ

発売当日なので、多少は控えめに(えっ?)
歓びだけ、叫んでます。←いつも叫んでるだけの人

ではこちらから
     ↓



エリート警視上条@ちーちゃん、低音です!
あくまでちーちゃんの低音です!
もちろん最後まで(イクまで)低音です!
<相当喜ばしい年末です

野蛮な一匹狼デカの織田@モリモリだってもちろん低音!

低音同士の熱い喘ぎって…爆弾ですか?

「張り込みエッチ」の激しい内容をここに語るのは、また後日。
ここはネタバレなしで、幸せにただひたすら自分にご褒美貰いまくります。
師走の世間の喧騒に関わらず、ハードリピに耽るんです。
<ファンの悦楽果てしない

ただ一つだけ言わせて頂きますと。
原作の一番の特徴として受攻の相互視点が挙げられるわけですが、これが声で聴くと、その素晴らしさが何倍にも増して効果があるってことだけは確かです!

素晴らしいモノローグ対決!
ああ~ん、ここでモリモリ苦悩来る~、っとお次はチーちゃん悶々としてる~、って。
<まぁ奥さん落ち着け

いや、それが落ち着いてる場合じゃないのよ小冊子が!小冊子が!
<と2回言う

これが王子と姫でもマクシミリアンとルカちゃんでも、ついに見ることが出来なかった、あの岩本ファン悲願の○○○○エッチ!
伏せるなら書かないほうが…

織田上条を書いているときの先生には、何かが憑いているんだと思う。
シュチュエーション設定の基準が振り切れてる。

王道のドラマの中に迷い込むように、不意にクルこういう振り切れが、岩本ファンの真の悦楽だと思うの。

私のチーちゃんの一番は、ロッセリーニ守護者特典CDの劇甘おしおきルカちゃんですが、この低音の魅力になんだか頭の上に表示されてる順位が変化しそう…って、コレどんな人気投票?!


そして、そんな主演二人に素敵な華を添える、可憐な変態王ナリケン@犯人
<いやバレじゃないから!最初からわかって張り込んでるんだから!

モリモリの無精髭ワイルド(色気滴る円陣絵に無条件降伏)ワルな台詞もああ、書きたい、でもまだ書いたらダメ…

悶絶しつつ、今日はここまで。<いやん爆
上記の小冊子とは、発売元通販の特典小冊子「不埒で野蛮」のことです。
出版社フェア小冊子ではございませんのでご注意下さい

[PR]
by apacheoffice | 2009-12-15 19:00 | BLCD感想(ハ行)
<< 拍手&一言御礼 BLCD「テレビくんの気持ち」 >>