「ニューヨーク・ニューヨーク」(中井和哉×石川英郎)

こちらは(同性愛を題材とした)ドラマCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

c0197761_21193784.jpg

c0197761_2120510.jpg


何度も何度も、私自身、原作をこんなに読み込んだ漫画も珍しい、これはBLではなくてアメリカのゲイの世界を描いた一般作。

ドラマCDの世界に興味を持った時、一番最初に気になって聴いてみたかったのが実はこの作品だった。

で、これほど諸先輩方のレビューを拝見して回った作品も初めてで…<爆

4冊たっぷりの内容をなんとか2枚に詰め込んだって話だったし、これは聞かずに置いたほうがいいのかな~縁があったらでいいかな~と思ってたのですが。

ここに来て自分、まさかの中井嵌り
<おいお~い

「ジーザス…運命だと思った…」ってことで
ああ、ケイン~~~っ!!!あなた、この声だったのね!!
<だめだ、たった一言で号泣の原作ファンだ

どんな仕上がりになっていたとしても、これは聴かなくちゃならない。
壮大に勝手な運命を感じて、覚悟して入手いたしました。
<大げさでなくそう思いました

特に後半、ただの自分の思い出語りになってますよ。
大丈夫な方、こちらから
     ↓



まず始めに、付いて来た2冊のミニ台本(この通りって訳じゃないけど、初めて見るし興味深かった!)を、じ~くり眺めて、原作4冊を片手に検証1時間。<爆

これでもう充分わかった!
何が入って何が切られてるか、誰が出て来て、誰が出てないのかが。

この作業が出来たのも、(お顔も存じ上げないけれど)素晴らしい諸先輩方が、カットに心を痛めつつ、しっかりとレビューを挙げてくださったからに他ならない。
あちこち巡って、一生懸命拍手ポチして回りました、本当にありがとうございました!

マジ大河ドラマですからねコレ。
ある意味、メルとケインのカップルの「男の一生」
現代アメリカの闇のすべてが事件となって、この二人に降りかかるのを、長期シリーズ洋ドラマを見るような気持ちでドキドキハラハラ、(滂沱の涙とともに)体験するわけですから。

それがダイジェストになってると思えばいい。

年末に某N○Kで放映する、一年の大河を3日で見るようなもんだと思えばいいんだ!
<また妙なたとえだよこの女

心の底から逢いたかった、ケイン!
本当に、若くて顔が良くて背が高くて誠実で。

でも完璧じゃない。<タ○ガー・○ッズか

メルが、ケインの過ちを涙を流して許し。
そしてメルの過去の全てを、ケインがただただ抱きしめる。

そんな二人の声を聞く、そのためのCDなんだわ。<正直大号泣

ブックレットで作者の羅川先生がお書きになっていた一言。
中井声を「アニメじゃなくて洋ドラマの声で、皮肉を言うのが上手そうだったから決めた」と書いていらしたのがすごく嬉しかった!

皮肉=アメリカン・ジョークというか、英語らしい言い回しだと解釈できるわけですよ

若い中井さんが、若い声をやってるってのがまたイイ。
作らなくてもきっと若かったんだろうな、このくらいまでは。<大爆

しかも、最初と最後が回想する形だから(まさかの)八十歳代のシーンがあるんですよ!これも貴重品なる所以。

あの声で(しかも若い時と老人の2パターンの)「ジーザス…」が聴けるなら、もうそれだけで良いと思って買ったのに、本当にいろんなシーンが聞けて、私は充分に満足しました。

そして、アメリカの闇(猟奇事件から売春、薬、虐待、自傷、性差別まで)を全部引き受けたみたいな運命。
すでに生い立ちから、大きな不幸を背負ったメルの声は、可愛い絵から想像できないくらい、ちゃんとした男性の声だった!
<これも羅川さんのご希望だったみたい

石川さん、最近じゃ受をやるのはキツいとフリト発言の噂もあるけれど、受じゃない、こういう心理ドラマなら、是非またやって欲しいと思う。
静かに運命を受け入れ乗り越えてゆく、一人の男を自然に演じていてすご~く好感が持てたよ!
(今まで某庭の球以外はあんまり知らなかったけれど、もっと聴いてみたい)

確かにこれ出来る事なら2枚×3作ぐらいの尺で、もう少しエピソードを入れて、(本場アメリカのピー○パイのママみたいなママとかいるのよ!)回りの人々を全部登場させて、最後施設から女の子を引き取って二人で育てる件までやってくれたんなら、もうもう全然言うことない、シリーズCDとしても名作になったに違いないキャストとクオリティー(BGMも含め)だったのに…
そう思うと、ホントに惜しいわ。言わないけど。←や、言ってる

曲の著作権がまだ残ってるからダメだった?「FLY ME TO THE MOON」で、二人が踊るシーンが入ってたら、マジ萌え死ぬところだった。
あとカー○ックスを母親に見られるシーンがカットされてるのも胸が痛い。
それがあるからこそ、ママがスープを飲ませるシーンで泣けるのにねぇ。←ホラ言いすぎてる

でもでも、この話が音になってくれてただけでもイイ。
本当にイイです!もう何も望みません!←ホントだなっ

だって、ケインがあの声で喋って、ドキドキして、泣いて、笑って、愛しているんだから。

ああでも、結婚式の後の初夜?!お互いの身体のすべての傷に口づける、あの印象的なシーンに、キス音が入ってないのが勿体無さ過ぎる!小さなチュ、が入るだけでものすごいリアルがあったのに…あとは控えめな喘ぎと衣擦れだけで充分に二人の熱い思いを綺麗に表現していて泣けたんだから。←あ、やっぱ言って…爆

で、あとはもう、ひらすらに、洋ドラマっぽい、いかにもな英語直訳系の台詞で、転がるわけです。
<ああ恥ずかしってこんなにも嬉しいんだ

そこに(尺に限りがあっても)ちゃんと流れを表現する演技の力が加わって、良い作品になってるんだな。

すべてはうんと昔の、まだアメリカにちゃんとした「家庭」が、「常識」や「良心」があった時代のお話。
(ママが自慢のパイを焼いて、子供の帰りを待っていた頃の)
私の子供の頃に、テレビつければやっていた、アメリカのホームドラマを見るような気持ちで懐かしいな。

喜び苦しみ、恋も涙も、全部アメリカが教えてくれた。
そんな時代があったんだ!<VIVAアメリカかぶれ

原作の中に、羅川さんのアメリカ旅行の話が書いてあって、それがあまりに楽しかったのもこの作品を印象付けたんだよね。
余談ですが、私も大学の卒業旅行で実はまったく同じような旅行をしてて…

そう私はただ、当時一年遅れでしかTVで見られなかったドラマ(某高級住宅地の高校生の話)を、現地でリアルタイム放送で見たいばっかりに西海岸に飛んだんだった!
<萌えパワーは海をも越えたな

いい若い娘2人が、真昼間からロスのホテルに缶詰でケーブルテレビを見まくってたら、お掃除の(チカーノっぽい)オバちゃんにこっぴどく叱られたっけ…
<アンタ達、日本から何しに来てんのかいっ!とっとと観光しといで!

タクシーの運転手に頼んで、ゲイ地区を流して車の窓から見物させて貰ったり…
<お口をぽっかり開けてるお人形さんの男性ver.が、堂々とショーウィンドウに並んでる~!


今みたいに情報がないから危ない目にも随分遭ったし、無事に帰れたのが不思議なくらいの旅だったような…


んで、思い出に浸りつつ聴き終わり、このCDのブックレットのおしまいのページを見たら…

出演者の一言感想が載っていて、そこに小さな中井さんのお写真があって。

って何コレ!一体何年前の写真だよ!そうそう、こういう人、80年代後半の大学の軟弱テニスサークルとかによく居た居た居た~~!
じゃなかったら、マルベル堂に連れていかれて、とりあえず訳解らずブロマイド撮った売れない芸人みたいじゃないの。<大失礼

だって、まさかの「スケベ分け」<ないわないわ~~!

ああ、別に中井さんがワルイ訳じゃない。だって、この頃、男子はみんなこんなで(勝負服は紺ブレで)、アタシ達はみ~んな前髪ありえないぐらい立ち上がってたんだから!

一巻の石川さんが結構普通なフォトだったから余計に可笑しい、このモノクロのプレス用中井…

最後の最後にお宝が!こんな反則見たことないわ。<爆
[PR]
by apacheoffice | 2009-12-10 21:46 | BLCD感想(ナ行)

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧