同人誌 「je te veux ~君が欲しい~」読みました

こちらはボーイズラブ関連のお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。

あの、なんか長野には綺麗な青春あるんですか?

ま、厳しい教育県だし、一般ドラマにもいろいろあるし。<笑
すご~く解りますよ!綺麗だ…とてつもなく綺麗だ…
ってことで、かわい有美子先生の大変なことになってる清泉学院シリーズ。(半寮制の男子校歴代生徒会ラブ!)

一作目の空色スピカ
<いまのところココが現役生徒会終わったばっか

c0197761_0495694.jpg


受は元気で天然なバレー部楠ノ瀬(生徒会会長)、それを支えるちょっと陰あるクールな攻め、ピアノマン高科(副会長)のお話。

二作目流星シロップ&特典小冊子・高原ミントジュレップ
<時間は戻って、この一代前

c0197761_051397.jpg


複雑な家庭環境をバックに展開する切ない独占愛?!剣道部の衛守くん(副)×ヤンデレ白馬の王子様峰くん(正)の幼馴染カプ

そして、夏コミで出た同人誌 「je te veux ~君が欲しい~」

c0197761_0532335.jpg



こちらは流星…の間、空色カプを生徒会後任候補にと決める直前のお話。最初に衛守と峰の溺れるような激しいHが入ってて凄いわコレ。
本編では初Hのみだったので、いきなりイ○○○オ、とか、乳○スリとかアンタ等マジで初めて同士か!と突っ込みを入れたくなるくらい純で激しい情交たまらん。
と、現在ここまで出てるわけですが、これからも遡った歴代カプが続いて出るみたいで楽しみ!

もう超の付く話題作、いまさら私が語らずとも余所様をちょっと見ればもう皆さんが萌えを書いてらっしゃるので、ここでは全部脱線妄想、ただの読みモノってことで。<や、いっつもそうだろ!

な~んも関係ない雑談オンリー、よろしかったらこちらから
     ↓







人間、お金の次に大事なものがあるとすれば、それは間違いなく人脈です。

当世お受験ママ達が、こぞって有名中高一貫の地方の超有名進学校(寮制)に上げたがるのも、実はソコ。
たとえ保護者会に飛行機で行くことになっても(笑)ここで6年間縦割りのチームで生活&行事、すべてのことをこなして築き上げられる息子達の絆はパネェわけですよ。

体育祭のときなんか、寮単位の闘いで、倒れてる一年坊主を脇に抱えてダッシュする高三の逞しさが眩しい!との噂もチラホラ漏れ聞こえ…。<リア話爆

そして、そこで繋がったエリート君達は散らばっても強い信頼で繋がってる。
政治家は無論、官僚、経済界・法曹界、医者、警察、そして変わりダネで必ず一人は出る音楽芸術関係、ありとあらゆる分野に散って、お互いを助け合うわけです。
<つまり将来何で困っても大丈夫

ま、ここで描かれてる清泉学院高校はほぼ全員が付属の大学に上がるってことで、そんなにガツガツした進学校ではないみたいだけど。それでもはやり、この先はそれぞれにエリートさんになっていくんだなぁと、奥様、妄想そっちに行っちゃうよ!

峰と衛守の二人は、峰の独占欲が果てしないってこともあるし、二人で法学部に推薦決まったんだから、これは司法修習生になってからのお話出ないかな。<爆

ひょっとしたら衛守は検事の道に進みたいのでは?とかなんとか峰クンが悩んじゃったりなんかして、(もちろん誤解だ!)で、しばらくイソ弁(修行のため先輩事務所に居候)してから二人で小さな事務所を立ち上げればいいよ。家は旧家で親戚関係だし、ホントなら地元に帰ってやったほうが安定するのは間違いないけど、田舎じゃ二人とも結婚せずにやっていくのはかなり辛いから、都会の方がいいもんね。

となると、対するピアニスト高須君と体育会系バンビちゃん楠ノ瀬クンはどうなるのかな…… <って、妄想いくらなんでも長すぎるわソレ!


とここまで考えてから。
同人誌「je te veux ~君が欲しい~」を読んだわけですが。
高科×楠ノ瀬に関して、漠然と思っていたことがハッキリしました。
<アタシがハッキリしたってどうってこたないがな!

同人誌では、次期副会長候補、高科君がピアノを練習しているところを峰&衛守が見に行くわけです。

とその時、難しそうな曲の練習が途切れて、不意に流れ出す甘いメロディーがコレ。

エリック・サティの「je te veux ~君が欲しい~」

CMにも良く使われる有名な曲だけど、曲名と一致してない人も案外多いかな?
(サティ作曲って言うとジム・ノペディと混同されちゃう)
曲名だけで想像すると、もう一大バラードソングに思えるけど、これは甘いと言っても明るいし軽いしワルツだし。モンマルトルのCafeで流れるような、可愛い曲。

かわいさんの書く、曲の描写が凄く素晴らしいよ!
時折、メロディーラインが何か思いを孕むように膨らんでは…、とか、譜面見て書いてんの?と思うみたいな感性。
<ひょっとしてお弾きになるのか?

アタシも思わず楽譜引っ張り出して、弾いてみたけど、まさにそう。
後半からのたたみかけが楽しくて、遊んでるみたいな音の飛びも可愛いんだよね。

欲を言えばこれが、もっと甘~くて、しっとりしたエッチなメロディーだったら申し分ないんだけどさ。
<それは仕方ない爆

と、ここから話はまたソレる…

ピアノの曲名を作品のキーワードにする場合、曲調と話しの内容があってないと辛いので、難しいなといつも思うんだけど。

上手だったと思うのはBLと言うよりゲイを主人公にした一般作品?の名作「ニューヨーク・ニューヨーク」の中で使われてた
「FLY ME TO THE MOON」(私を月まで連れてって)

歌詞だけ見ると恋人におねだりする甘んまい可愛い曲なんだけど、実はコード進行は切なくて、ボサノバで演奏されることが多いジャジーな曲。
これが、辛い運命を抱えて二人で生きる決心をする彼等にぴったりだった。

私も好きで良く「おやつ曲」(辛い大曲練習の気分転換)に弾くけど、ジュ・テ・ヴよりこっちの方がいいな。
ビッグバンドで弾くよりピアノ一本の方が超クール!高須クンにもオススメしたいぞ!<爆

空色スピカで、高科が学園の後夜祭でビッグバンドでジャズピアノを弾いてるシーンもたくさん出てくるし。
このままクラシックから転向してバークレーでジャズ勉強して、演奏したり作曲したり、アレンジャーになったらいいじゃないか!
楠ノ瀬クンは、遠恋に悩みつつ、頑張るガッツの商社マン!なんてどう?

で、歴代のカップルがなんとなく助け合ってるなら、さらにステキだ!

登場人物達のそれぞれの10年後を妄想すると100倍オイシイこのシリーズ。
作者あとがきによると、次作は来春とのこと。
個人的には先々代のお祭り男のカプなら嬉しいなっ、と。
[PR]
by apacheoffice | 2009-09-24 01:23 | ちょっとおしゃべり

作文だったり感想だったり。大人の女性のみどうぞ♪


by apacheoffice
プロフィールを見る
画像一覧