「不器用な純情」&「好きの鼓動」新装版来ましたね

岩本先生の「熱情シリーズ」と銘打たれた作品が連続で新装版刊行されるのものの第一弾。
2冊とも書き下ろしが付いて、久々の彼等との再会に嬉しい限りでございます!
まるで先生からの素敵な暑中見舞いを頂いたみたいだわ。

リブレさんから3ヶ月連続、新装版が出るのね。フェアもあるみたいで楽しみ楽しみ~~!

で早速、おしゃべりしたいんですが、まだ未読の方もいらっしゃると思いますので

ネタバレ大丈夫な方のみ、こちらからどうぞ  
      



まずは一冊目の「不器用な純情」

c0197761_22342213.jpg



芸能プロダクションを立ち上げた大学の先輩と後輩のお話。

攻めの織田さんは…年下、寡黙、純情、エリートで仕事デキル、自分のコト疎い、案外ヤキモチ焼き、背デカイ。

いいぞいいぞ!私も一緒に三越行って、お買い物してバレンタインデートしたい!で、そのあと振られたい!
話に出てくる「見合い相手の上司の娘」が一番羨ましいって、もう。<爆

織田さん、決してワンコじゃなくて、きちんと先を見て北巳を導く、岩本作品の攻めの中でもピカイチの出来杉君なところがポイントですよ。

で、このデカイ出来杉君が(ヴァレンタインでどこも一杯な)ホテルの空室を必死に探すトコロに、今世紀最大の萌えポイント来ますよ!<アタシ、そこかい、そこなのかい!

で、何度も「高秋です!」って名前呼びを強制するとこも好きだったのに、新装版では削れてる?!<笑
でも、もう不器用を絵に描いたような織田さんの、たまらん大人な抑制Hにまた泣いちゃう。<ぎこちないところがイイ!巧妙テクなんかいらんよいらんよ!

対する受けの北巳は、年上のくせに案外グルグル悩む、可愛い人。
15年も甥っ子(後で出てくる悠介)を育ててた、その時期の話が読みたいぞ!<エロないけどソコ読みたい

書き下ろしは、ぜ~んぜん発展してる風もない不器用な二人が、ようやく同居しようか…となるあたりのお話。
8年かかって、この純情!<ウソです、作中はそんなに経ってないよ

たまりません。


同時刊行の続編「好きの鼓動」

c0197761_22345196.jpg


北巳の甥で、所属するタレントでもある悠介と同級生の大和のお話。

フリガナ振ると「好きのビート」ですよ!<何故かテレる
白状しなくてももうバレるんで先言いますけど。
実は岩本攻めキャラで、ナンバーワン言えといわれたら、私断然この「悠介」なんです!

あ~~ん、待ってた!
だって、岩本先生の攻めの中で、唯一、俳優で歌手!ハリウッドにも進出してて、将来的には映画製作も…って、どんだけスーパースター!<笑

コンサートのチケットはたった5分でソールドアウト、デビューの香港映画で海外から火がついて、立て続けに世界中の監督からオファーの嵐、4年間のアメリカへの演劇留学でアーチストとしての基盤をしっかりと作って帰ってきた悠介。<しかも円陣絵とてつもない男前

それがとーんでもない大ワンコで、同級生の大和にぞっこんワンワン。<たまら~ん1

大和は男らしい受けで、葛藤も丁寧にじれったいくらいに描かれてるところが初期作品らしい。
しかも、大人になった大和は中学の国語の先生ですよ!
途中からコレ教師モンになっちゃってますよ!<たまら~ん2

しかも、大和に捧げられた新曲のサブタイトルが

「好きの鼓動 -おまえの中で灼かれたい-」<たまら~ん3・4・5合同で!

何度読んでも、こっ恥ずかし過ぎてリビングの床に萌え転がります。
お陰で家のフローリングはピッカピカです!<好きだ~!

BLと言うより家族の葛藤を丁寧に描いていた「風とライオン、君と僕」(ルビー文庫「年上の恋人」)あたりの作風がそのままで、後から追従した遅ファンである私も、今でもこの辺りの良さを失わずに書いてくださってるところが嬉しいの。

はぁ、このイタさ。自分がどんだけファンかまた思い知ったわもう。

ハッキリ言って悠介にまた会いたくて、ずっとファンでいたようなもの

書き下ろしで一緒に(しっかりと地に足を付けて)暮らす二人を見て、心から嬉しくて泣けました。

やっぱイイ男だわ、悠介!私の今でも一番コンサートを見てみたいアーチストは悠介だよ!
<とてつもなく恥ずかしいが言ってみた

こんなスター、8年たった今でもまだ日本から現実に出ていないのが本当に残念だわ。<爆


で、最高に盛り上がったところで。
来月は三作目の「不遜で野蛮」
不器用な織田の、野蛮な弟が攻めで刑事。<いやんもう

声がキーワード?で展開するお話ですから、これドラマCDになるんだね。
個人的には悠介の声が誰なのか聞きたいところですけれど、こっちももちろん楽しみってことで。
(だって野蛮な野獣攻め…ああん、つっちー土田吠えが来ないかなっ!)


この「なついあつ」を乗り切れば、秋にはいよいよ新作もやってくる~!<騎士と野獣
バテてる暇もないわ。<いや、もうウルサイから休めって、ハイ
[PR]
by apacheoffice | 2009-07-31 21:51 | ちょっとおしゃべり | Comments(4)
Commented by rie at 2010-02-06 11:23 x
これは、旧版を3作とも大人買いしたあとにすぐに新装版が出たのですよ(泣)
で、新装版書き下ろしにつられて買いましたよ、私!!

兄弟の中で攻めとして好きなのは 不遜で野蛮なあの人・冬輝。
でも、高秋の朴訥とした感じもいいし。
先輩の北巳さんが可愛い。28(だっだかな?)にもなって、ちょっと怖い…なんてセリフ、普通言わないよね。

フェアがあったことを今頃知って、無料配布であったらしい小冊子をオークションでやっと競って手にいれた私。
でも、悠介と大和のハワイ編、それだけの価値があったと思います。
Commented by apacheoffice at 2010-02-08 09:35
rieさん

芸能人はワイハですよ!<大満足
いろいろ大変な思いをされて入手なさったのですね。
私も実は嵌ったのが旧リブ騒動の直後でして…当時、絶版CDを…もの凄い金額で…<大爆

いまだに手に入っていないものも沢山あって苦しいの。
攻略ブックとか赤い手帳とか、エビ・サイン会時のピンクのペーパーとか、存在を知ってるだけに辛い。<爆

一番困っているのは、益永兄に関することがどこかに書かれているものがあるらしい、ってことなんです。
誰か知ってたら教えて欲しい!彼の話が書きたいから教えてとは言えない!←言ってるよ

ファンって可愛い生き物だなぁと、自分でも思いますわ。

Commented by rie at 2010-02-09 00:42 x
益永兄の事が書かれているのがあるのですか?
それは確かに読んでみたい。

私が今探しているのは、全サのCDで、エビリティ学園とは違う女装(装とは言わないか?)物があるみたいなのですが、どこかで見たので詳細不明…が欲しいです。

赤い手帳は先月ヤ○オクで、高値で落札されて行ってしまいました(T_T)
攻略ブックは私も欲しいです。
あと、CD特典の新聞広告と名刺、結婚証明書。
CDだけ手に入れてしまった今となっては、単品でオクに出ることを切望中です。

ファンって可愛いんですよね、そして切ない…。
Commented by apacheoffice at 2010-02-09 01:43
rieさん

あの、あるかどうかさえもわからなくて…なかったらスミマセン。<爆
(ネットの海でチラリと見た誰かのカキコがソースってアタシ)

全サCDは多分2枚?私は何とか間に合って持っています。
手帳の中のSSや配布ペーパーなどは後に6巻に収録されましたし、ほぼ読めていると思いますが、名刺などはさすがにもう手に入りませんね。

あと前に不破先生のHPで待ち受けを配布していた頃、和実の裸の背中(久家が思わず携帯で撮って藤波に自慢する例の写真)の絵がありまして、一度貰ったのですが、携帯を替える時に保存をミスって紛失。
これがもう一生の不覚ですよ…

いつか時間のあるときにでも、(ファンブロを名乗っているくせにな~んも書いてないわ)手持のものだけでもグッズ&全サ関連を纏めて簡易レポでも上げられたらいいな~と思っています。

でも、手に入らない幸せも、少しはあったほうがいい。
相手の全部が手に入ったら、恋はつまらないですから。<笑
<< 「独裁者の恋」CD化発表!来ましたね Six Months Anni... >>