「ロッセリーニ家の息子 共犯者」読みました
今年の一月にこのブログを作ってから、岩本先生のご本が出るのは初めてですね。
<それくらいお久しぶり!
今月からは復刊含めて、たくさんご本が出ますが。
ここでは基本、感想はCDのみの予定ですので、あらすじ等はどうか他所様でご覧になることをお勧めします。
<それでもファンかアタシ!

リストもレビューも揃ってない…そう、ここでは…叫ぶだけ
<大好き~~~!

先日、とりあえず蓮川絵について、幸せを絶叫したので、今日はようやく中身についての…<え、また叫ぶのかいっ!


それでもよろしければこちらから
     



c0197761_23354242.jpg




まずは雑誌Rubyに掲載されたSSが3本。あとは3つのCDのブックレットに書き下ろしたSSが3本。中の2本は特典ドラマCDになっていて、もうすでに聴いているからダイレクトに脳内自動再生されちゃうわけですね!
<嬉しい限り

ルカちゃんCVは鈴木千尋さん、マクシミリアンは遊佐浩二さんですが、この特典CDの出来がとってもHで可愛くて良かったので、ちゃんと本になってくれて凄く嬉しかった。

あぱっしゅ大好物マクシミリアン×ルカの、マクシミリアンのお誕生日のお話と、恋人になって初めてのクリスマスのお話。

って書くよりも。

テレフォン○○○のお話と、○エプロンのお話、と書いたほうが解りやすいですね
<お仕置きとっても嬉しいですね

最後にある共犯者、3カップルそれぞれの書き下ろしのお話もそうですけど…

岩本先生が今回LOVEなお話を頑張った!<すごいえらい
カップルがくっついた先のお話は、やっぱりどんだけ好きだかって話しになるわけですから、それはもうお書きになるのは大変でしょうけれど。
本当に(性)愛をたくさん書いてくださったことが嬉しかったんです。

しかもそれぞれ違うシチュでのバラエティーに富んだやり方ですよ。<やり方言うな

あ、お風呂はもちろんマクシミリアン×ルカが入ってます!<日本全国万歳三唱

どのカップルが好きかってことになると、書くのはマクシミリアンが好きで、読むのは他2カップルが好きな私。<おいおい、や、全員好きなんだな

で、誰に聞かれたわけじゃありませんが…
受け攻め六人中、私がホントに一番好きなのは…礼人クンです。

辛いトラウマを内包して生きるしなやかさはもちろん、芯の強さといい、美しさといい、今回解った料理上手な所といい、(一度そうなるとグダグダに甘えん坊になっちゃうところも)もうすべてが愛おしいわ。

しかも、他カップルはなにかしら繋がりがあったにも関わらず、エドゥのとこだけが全く情報なし、見えない赤い糸以外、何も繋がってはいなかったんですよ。<笑

本当に、運命だけを信じて何~んの根拠も無いのに10年も待っていたのはこのカップルだけですから!
で、今回、礼人とエドゥは遠距離&社内恋愛を満喫しつつ、久々の再会に一番激しく…あの…そのぅ…<大嬉

代わってレオと瑛のカップルは最初は意地の張り合い噛まし合い!花嫁モノではあるけれど、これまたそれぞれ本当の自分を解放する物語になってるところが好きだ~~!
その二人が、出来上がってみると一番強い絆で結ばれてるのが素晴らしい!対等、いやライバル以上にお互いを高める関係で、これからもいて欲しいわ。

で、今回この二人に可愛い子○が生まれ…ちゃうちゃう~!<大嬉Ⅱ


次作はどうやら、来春にルカが帰省して、ドンを含めて全員がパラディッソ・ロッセリーニに集結するお話になる感じですね。


で、ここで突然ですが…

ロッセリーニ家、ココが気になるあぱっしゅ3つの質問

・杉崎のおじい様×石田さんのスピンオフは果たして出るのかどうか?
<若い頃の、絶対どのカプより一番凄い話あるぞココ!

・シチリア産のワインメーカーってことは、アルベルトのところと商売敵になっちゃいないのか?<話違うぞソレ!

・お家断絶の危機を回避する秘策として、ドン・カルロに再婚の意思があるのかどうか?<お達者クラブPart2

さて、お楽しみはこれから!今から来年が待ちきれない。

ああファンって、本当に強欲な生き物だってことで。笑
[PR]
by apacheoffice | 2009-07-11 23:50 | ちょっとおしゃべり
<< 半年記念プレゼント企画 Un piccolo augurio >>