CD「YEBISUセレブリティーズ Encore」来ましたね

発売日前なので、感想アップは後日ってことで、もう少しお待ち下さいね。
いや、谷地(土田さん)は期待をぶっ飛ばすほどがっついてくれてますし、アルベルト(一条さん)はすんごい音で吸ってくれてますし(笑)辛抱堪らず書きたいんですがね。<爆

今日は、まずちょっと、ファン号泣、叫ばせて頂きたくて。
<そりゃ世間様大迷惑

人のラブレター読んで大丈夫な方、いやむしろ一緒にアイタタ叫びたい方こちらへどうぞ
       ↓



あの、私、今日ぐらい泣いてもいいですよね…イイって言って!
だって、ここ、ファンブログだもの…
うぐぇっ、うえっ…ううっ、うわ~~~~ん!

くあぁっ!マジ泣けてきた~っ!何だ何だ動揺してるよアタシ!
や、今更ブっても泣いても、もう一度嫁に行くわけじゃないぞ!

なのに何なの、このほぼ四半世紀振りに感じる、ガツンと切ない胸の痛みは。<大爆

シリーズのほとんど全作品が(マンガも小説も)音声化されて、完全な形で終わりを迎えられる、そんな幸せな作品なんて滅多にない。

途中からのファンの私ですらこう思うのに、いろんな危機を乗り越えて、先生方と一緒に歩んでこられた、長年のファンの皆様のお気持ち思いは相当なものでございましょう。

去年、フェスタの終わり、連載終了の時点では、お嬢様方のワーワー動揺する様子を可愛いなぁ~と微笑ましく拝見していたくらいだったのに。

いざ、宅急便のオジサン来て、印鑑押して、ハイと荷物を受け取ったら。

アレ?なんか、妙なモンが込み上げて来ちゃったじゃないの。<うえん


たとえどんなに覚悟をしていても。
この世の「別れ」の全ては、突然やってくるのだと思い知る。

去年から一年以上も掛けて(歌舞伎座サヨナラ公演みたいに)ゆっくりゆっくりとお別れをさせてくれたのだから、先生方にもリブレさんにも心から感謝ですよ。

別れは惜しめば惜しむ程よい別れになると言うけれど。
本当に良い意味で、ファン全員が「やり尽くした感」「底着き感」をしっかりと感じるまで、何度も何度もカーテンコールに応えてくださったのね。

小説の6巻が出たときに「これは岩本先生からファンへの最後のプレゼントなんだ」と即座に思ったのを懐かしく思い出します。

そう、お別れは去年に終わっているんだから、これはもう嬉しい再会。

舞台(物語)の緞帳が降りたあとで、先生方がそおっと幕の真ん中の隙間を開けて、続いていく幸せな彼等の未来をチラリと見せてくださったのだと思う。

本当に素晴らしい、幸せな結末
エビリティー達の愛しい後姿だった



二次創作は最上級の困ったファンレターだから、こんな妙なもん晒してる私は、もう天罰が下るほど、迷惑極まりないファンであるに違いないのだけれど。
それでも、きちんと言葉にしておきたい。

私はきっとここに心を置いて行くのだと思います。
次にどんな恋が来ても、きっと惚れたまんまでいる。
この年になって、こんな幸せあると思ってなかった。

岩本先生、不破先生、こんなに切なくて幸せな「恋」を下さって、本当にありがとうございました。

あ、やっぱコレ、死んでも読み返せないくらいに、困ったラブレターだ。<笑
[PR]
by apacheoffice | 2009-06-23 17:46 | ちょっとおしゃべり | Comments(5)
Commented by リリコ at 2009-06-24 16:22 x
あぁっ!!どうか私も一緒に叫ばせて下さいっっ!!!

とうとう来てしまいましたね。。。
あぱっしゅさま、心ゆくまで泣いてください。いいですとも!!
いえ、熱い抱擁と共に私も一緒に泣かせて下さいっっ!!
。。(TOT)。。(TOT)。。(TOT)。。
(あっ、私とハグでは嫌ですね。すみません。あまりにも感情が昂りダダ漏れになってしまいました)

私も途中から(と、いうよりかなり後発)のファンなので、最初から一緒に歩み続けていらしたお姉様お嬢様方のお気持ちは如何ばかりかと思いますと、本当に胸を締め付けられる様な気が致します。
後発の私でさえ大泣き状態なのですから。。。

”結婚証明書”を見た時、不覚にも涙で前が霞んでしまいました。
このおまけの発表が有った頃は、半ば『ケッ!!』と思い、こんなもの呼ばわりしていたのですが。。。
本当にこれで終わりなんだな。。。と、改めて寂しさを噛み締めました。
(あのサインは久家くんと益永くんの中の人の物なのでしょうかね。なんだかあまりにも二人の性格を表した文字なのでびっくり)
Commented by リリコ at 2009-06-24 16:24 x
(あぁ、また長くなってしまいました。。。気持ちが溢れてしまうのだな、と笑ってお許し下さい)

実は、まだ聴いてないんです。
多分、当分の間、聴けないだろうなと思います。
聴いてしまうと終わってしまうけど、聴かなければまだ続いているもの。。。なんて思ってしまって。

あぱっしゅさんは数々の素晴らしいラブレターをお書きになれる文才をお持ちで羨ましいです。嫉妬しちゃいます♪
両先生と先生方から生まれたこの甘くて切ない世界が無ければ、あぱっしゅさんと巡り逢う事もできなかったと思いますし、その意味でもこの作品達には感謝!!です。

本当に素晴らしくて切なくて幸せな恋たちでしたよね。
私も心から、本当にありがとうございました。ず〜〜っと愛してました。これからもず〜〜っと愛しています。と言いたいです。。。(TOT)。。
Commented at 2009-06-24 21:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by apacheoffice at 2009-06-24 21:45
リリコさん
いえいえ、両手を広げてお待ちしておりました。<ああああ泣こう泣こう
私たちだけじゃなくて、全国のエビファンが泣いてるんだから全然恥ずかしくないぞ!

実は、私も思いました。
「これ、聞かないでいれば一生終わんないも同じ」って。
ファンて不思議な生き物ですよね。

うんとグルグルして、悩んで、傷ついてイイじゃありませんか。
いい作品は男と同じ。別れる為にはいろいろしなくちゃイケナイことがあるんだわ。<笑

お許し頂けるのであれば、もう少しだけ(いや気の済むまで)困ったラブレターを書いていたいと思います。<即身成仏容易でない
Commented by apacheoffice at 2009-06-24 21:50
2009-06-24 21:35 の非公開さま

これは非公開さまもお持ちのノベル6巻が音声化されているものですので、内容はすでにご存知のものです。
それが声の世界になるとどうなのかってところで、また私のレビュを笑ってお読みくださると嬉しいです~!また覗いてやってくださいませませ。
<< BLCD「YEBISUセレブリ... Secret Heaven (4) >>