BLCD「神官は王を狂わせる」(中井×千葉)
こちらはボーイズラブCDのお話となります。
関心ない方、お子様は閲覧なさらぬようお願い申し上げます。


c0197761_15232690.jpg


<あらすじ>王と神官という立場を乗り越えて結ばれた二人。
男らしく猛々しい王・羅剛は愛する冴紗を手に入れ、婚姻の儀を待っていた。神官と王妃、両方の役割を担うことになる冴紗を、羅剛は片時も離したくないほど愛している。しかし、聖なる虹色の髪と瞳を持ち人々を導く存在の冴紗を奪おうと近隣諸国が戦をしかけ…。



たぶん本編聞いたことなくても誰もが知ってる?!
部分名称としての「お腰の剣」や、公開見せびらかしHで有名な神官シリーズ。

これは、この世界に何作かあるオリンピックCD(個人の趣味は置いといてとりあえず聴く、参加することに意義がある作品)だと思っておりましたが。

あれ…なんかアタシ、リピってる?<大爆

とんでもないモンが好きってのを差し引いても、無条件に楽しめちゃったそのワケは…
<ただの感想に煽り入れてもな

私が一番気に入ったシリーズ2作目、可愛いしゃしゃしゃま大活躍の「神官は王を狂わせる」を中心に、禁断のBLファンタジーの世界をちょいと覗いてみましょう。


ではこちらから
     ↓



一作目で大不評だった大奥仕立ての女官ナレ「~~だったのでございます…」も、ある意味貴重品だし、そんなに気にはならなかったんだけど。
<岸○今日子だったら更に良かったんだけど
この二作目聴いたら、やっぱ断然こっちが良いわ!
アタシのどストライク「攻め視点・溺愛もの」にずっぽりハマっちゃったよ!

ひょっとしてこのシリーズ、あの中井和哉さんに、よしよしして貰うために聞くCDだったんですか?!


よしよし…愛いやつよのぅ…喰ろうてしまいたいぞ…
現代語訳:イイ子だ…可愛いね…たべちゃいたいよ…

って、脳内変換しなくったってコレ全編に渡って、間違いなく
中世旦那カタログだよ!
別に職業持ってて(神官)二日間の通し夜勤の職場(大神殿)に向かう奥様を、ベンツ(飛竜)に乗ってお送りしちゃう優しいダーリン。
もちろん車中(竜の上)で、熱い行ってきますのキスはお約束。
<空飛んでんのに危ないよ!

ダーリンは自分の会社(国)乗っ取り買収(戦争)の危機に奔走しなくちゃいけない時にも関わらず、まずは奥様の会社に押しかけて別れのHするくらい奥様に夢中。

しかもこの二人、揃いも揃ってチュウが大好き<私も聞くのが大好き!

羅剛王(中井さん)と冴紗(千葉さん)、3作通して、何回ヤってるかわかんないくらいHしてますけど。<笑
この2作目の「夜這いチュウ」からのHが最高に色っぽくて泣ける。
「ちう」じゃなくて、ちゃんとしっとり、ちゅうっ、ちぅううっ、ってしてて。
ゆっくり離れる感じがたまら~ん。

どれも濃いにも関わらずF.Oが多い中、しっかりここはイキきってくれてるのも得点高いし。


奥様は仕事がデキル(民衆に慕われてる神官)ってだけじゃなくて、綺麗で可愛くて、しかも初心なくせにハッキリ無謀!

3作通してナヨナヨしまくってるしゃしゃしゃまが、この2作目の最後だけは得意の弓を駆使して男らしく旦那の危機を救いに来るところがグッとくる。

絶体絶命って所にピュン!って矢が刺さって、誰だ?!って。
ひと~つ、人の世の、桃○郎侍じゃないんだね!<ソレ前世紀

しかもそんな危機に駆けつけておいて開口一番、奥様ったらダーリンに可愛く文句言う。

「羅剛様っ、ご無事でお帰りになると仰ったではございませんかっ!」
現代語訳:ん~もうダーリン、お帰りおそい~~っ!

それにしても国境の前線に兵士が集結してるからって、王の従者が訓練兵3人ってそれじゃあまりに警備が手薄…とか、時代物だからって「○○ゆえ、○○ゆえ」の近重複が気になるな~とか、せっかく飛竜が嘶きつつバッサバサ翼で飛んでんのに、どうして人の意思を持たせないの?(ファンタジーなのにもったいない)とか。

全ての文句をぶっ飛ばしても、中井さんの「よしよし」は素敵だった!
出てくるたんびに拍手でスタンディング・オベーションするぐらいスキ!

なんか絶対、一回聞くたびに、なんかご利益あるよコレ。

千葉さんに至っては、もう静かに手を合わせて感謝するしかない。<他の誰も出来ないよこんな役!

羅剛王が永均(梁田さん)相手にする、男の惚気話もまたこっ恥ずかくてイイヨ~。
お姫様を想い人(従者)と一緒に逃がすトコなんて「王様と私」っぽくて嬉しいし。

さぁ、延々と(3作通して)可愛い奥様になって優しいダーリンに甘えるがよいぞ!ってことですね。<笑

参加して本当に良かったです。はい。
[PR]
by apacheoffice | 2009-06-04 15:50 | BLCD感想(サ行)
<< Secret Heaven (3) BLCD「ミスター・ロマンチス... >>