同人誌「恋は遠い日の花火ではなく」
c0197761_1850597.jpg



今、自分の頭の中で一番流行っているBLCDの台詞はというと…
安元がまさに慇懃無礼の一歩手前?!(でも決してそっちに転ばない絶妙なコントロールの)壮大な落ち着き加減で言う

オテル・ド・エンピエールの牧田です

の一言だったりします。
<透過性だよ!しかも何故コレなんだかまったくわかんないよ!

あんまり同人誌まで追いかけられないんですけど、これだけは安元脳内再生トレーニング用として思わずポチってしまいました。

だって

透過性の牧田Ver.が読めるんだも~んっ!

こっちでCD化じゃないのが死ぬほど残念!このオヤジ(ってかまさに男盛り)の心情の吐露具合はなんなのよ!

例のホテルお泊り(大の男が並んで寝んねしただけ)の朝の所がもうね。
最後にキスをおねだりされて、牧田の「男」が堪らず振り切れる?!舌のぶっ込み加減が別モンみたいに新鮮でしたよ。

受側から言えば、まさに、あ…来る…の瞬間。
コレが見たくてBL読んでるんだ!<大喜

そして、今まで、(たとえ無意識にも)自分を翻弄してきた北嶋への懲らしめの意味も含めて、口内を散々に蹂躙する、ってところがっ!ところがっ!もう、可愛くって堪らなくって、捕まえたらイジメちゃう男心がたまんないからソレ!たぶん、そうじゃないかと思ってたよ!
<ま、後から言っても誰も信じちゃくれな…笑

その他、関連作品「上海金魚」のカップルのお話も含め5冊分の総集編。


再販されてから「上海金魚」も読みましたが、可愛い透過性のキュンキュンする恋とは一転、こっちはしっとり艶やか。
ゆらゆら揺れる金魚というか、壊れやすくてキラキラしてる硝子細工と言うか。
たぶんイメージ先行?で書かれたと思われる、こんな話しほど、後々まで不思議な余韻を残す、良い例ですな。

こちらは谷山さんと保村さんだからこれまた楽しい再生機能が稼動して嬉しいよ。

この2カップルに絡む(金魚の祐季ちゃんの同級生)二丁目のバーのママとその彼を含め3カップルが偶然?!にも一同に会する超豪華温泉旅館の話も可愛い。

北嶋と祐季の廊下での内緒話にガールズ炸裂だ!<いいぞいいぞもっとヤレ~!

で、彼氏の自慢して、ちょっとHの話しして、さりげなくお互いの恋を助けてる…

アレ?どんだけこれってガ、いやボーイス・ブラボ~~~!<爆

次にCD出るとしたら、「上海金魚」だけだとちょいと地味?だから。
続編「なごり雪」の内容を加え、うまく繋げて一枚、それに露天風呂Hっ!牧田の言葉攻めが最終兵器の「恋する金魚」でガッツリエロいの一枚、これを二枚組にして出したら売れるだろうなぁ。

甘くて気怠いチャイナなメロつけて、癒しのイメージビデオみたいになってたら…
近所に配る分まで買うよ!絶対!

いや希望出すわマジ。<笑
[PR]
by apacheoffice | 2009-05-30 19:04 | ちょっとおしゃべり
<< BLCD「ミスター・ロマンチス... BLCD「アーサーズ・ガーディ... >>